one's an ★☆美ら里日記☆★ vol.2

テーマ [学びと育ちの環境作り ] の記事一覧

子供の『〇〇体験』どうしてる?





今年も、プレーパークで開催される
はちみつ絞り体験に参加してきました。


hatisi1.jpg

土日2日間にわたるイベント。
まずは、初日の土曜日。
tomの学校のお友達2人+その兄弟姉妹ちゃんたちと。


hatisi2.jpg

ミツバチたちの入った巣箱の中。
働きバチはすべてメスで、
その中に女王バチが1匹。
どこにいるのか、わかるかなぁ?(^^)


名称未設定 4

実際に1枚を取り出して、持ってみると
何と2kgもの重量があります。
子供たちは、
早速指を差し込んで、
甘~い滋味を堪能♡


hatisi3.jpg

表面を覆う蜜蝋を、
ナイフで削ぎ落とします。


hatisi5.jpg

この蜜蝋は、ミツバチが体から出す分泌物。
口紅のような化粧品、
座薬や子供の使うクレヨンなど、
いろんなものに使われている、天然素材です♪


hatisi4.jpg

蜜蝋を剥がした後の板は、
遠心分離機へ。
ぐるぐる回すと、その遠心力で
中のハチミツがどんどん出てきます。
集めたハチミツは、ガーゼでろ過してから
参加者みんなで分け合いました。






加熱処理もせず、
防腐剤と混ぜることもなく、
保存できるのも、本物の証拠だね。


名称未設定 1

イベント参加の後は、
公園内で楽しそうに遊ぶ子どもたち。
水場あり、砂場あり、遊具あり。
遊び道具も色々あって、
お友達とのひと時も、とりわけ楽しそうでした。






間も無く始まる夏休み。






息子を見ていて思うのですが、

★農業体験したい
★アウトドア体験したい
★お仕事体験したい
★工作体験したい

などなどのイベント的な体験会は、
単発で『体験』だけしても、
子供の心には然程残らないものなんだよねー。






こうしたスペシャルな体験を
子供の心には染み込ませてあげるには、
やっぱり頻度!
子供にとって、『よく知っている』という状態にまで、
落とし込んでやる必要を感じます。






そんな我が家で実践してるのは、
ありきたりですが
やっぱり絵本や図鑑。




61l6rKzCSZL__SY405_BO1,204,203,200_
ものづくり絵本シリーズ どうやってできるの?
とろーりあまい!はちみつ





視覚的なので子供にもわかりやすく、
追体験がしやすい♪
その場では得られなかった知識にも、
自然と目がむきます。





51RoiJEFGbL__SY435_BO1,204,203,200_
わたしはみつばち (サンチャイルド・ビッグサイエンス)



特に、このような科学絵本は、
印象的な写真で、
実体験の再現が可能な上、
いろんな角度から対象物にライトを当ててくれているので、
興味が派生していきやすいように感じます。






もうひとつ意識しているのは、
その体験を一度きりで終わりにせず、
何度も何度も繰り返すこと♪


名称未設定 5

実は今回のはちみつ絞り体験は、
翌・日曜日に、
再度、他のお友達と参加させて貰っています。
前日の体験があるからこそ
気がつくこともあるし、
その場の雰囲気に慣れたことで、
より積極的に関わっていけるということもあるのだと思います。





他にも、

★毎月、科学館の『星を見る会』に参加する。
★毎年の沖縄旅行では、美ら海水族館に日参する。
★定期的にサーキットでレース観戦。
★毎年1回、はちみつ絞りイベントに参加する。

などと行った具合に、
外注の体験イベントを、
我が家の恒例行事&季節行事にしてしまうのも『あり』かなぁ♡
子供って『知っていることを体験する』のが大好きですし、
同じことをしていても
毎回新しい発見や気付きがあって、
子供の成長を実感できるのも、嬉しい点です♡


名称未設定 3


公園遊びを堪能した後は、
大垣の夏の風物詩『水まんじゅう』に舌鼓♡






こちらもまた、
夏の美味しい恒例行事
なのでした♪






+ + + + + + + + + + + + + 

実体験をいかに深めるか、
子供にとって興味深く、印象的なものにするかは、
親としての腕の見せ所(笑)。
こんなトラコミュの管理人をしています。
ご興味ある方、
良かったら覗いてみてね♪


にほんブログ村テーマ 知識と実体験をリンクする♪へ
知識と実体験をリンクする♪





スポンサーサイト

2017/06/27   学びと育ちの環境作り     894TB 0   894Com 3  

1年男児の家庭学習&必須アイテム





1年生の息子。
毎日の宿題は、ひらがなプリント1枚+音読です。
大抵、学童で30分程度で終わらせてくるのですが、
息子は母と少しお勉強したいみたいなので、
ちょこちょこ出来る簡単なプリントは
とっても重宝しています。


image1_20170620233707776.jpg

晩御飯を食べてから寝るまでの、
15〜30分程度の余暇時間を当てています。
リビングを片付けて、
ママを隣に座らせて、
結構ノリノリな息子っち(笑)。





名称未設定 1

問題は、
こういった(↑) 市販のプリントの他に・・・


ieben1.jpg

フリーダウンロード可の
ぷりんときっず』 や 『ちびむすドリル小学生』 も利用。
本人のやりたい気持ちを優先させたくて、
『漢字の練習がしたい』 という本人からの要望や、
最近よく曜日や日付の話をしているな・・・と思えば
それに関連したものを探して用意します。


ieben3.jpg

ここから興味を広げるきっかけになれば・・・と
各種の辞典もスタンバイ♪





51ryHFc0tuL__SX337_BO1,204,203,200_
はじめてつかう漢字字典



入学と同時に用意したこちらは、フレーベル社のもの。
とっつきやすく、
漢字を初めて学ぶ1年生に、ぴったりです♪






チャレンジ 小学国語辞典 第六版
チャレンジ 小学国語辞典 第六版



国語辞典は、こちら。
フォントが丸ゴシック体で見易く、
見出しの中表紙の表記が使いやすいです。






新明解国語辞典 第七版
新明解国語辞典 第七版



子供用の辞典だけではカバーできない事がちょくちょくあるので、
大人用としてこちらも用意してあります。
1年生の語彙に付いての質問って結構難しくて、
想像以上に活躍します。






100tama.jpg
トモエ100玉そろばん



算数の問題で大活躍してくれるのが100玉そろばん♪
我が家は、すべて木を使ったものがよくて、
そろばんメーカーとして有名なトモエ社のものを選びました。
このツートンカラーが、
5の合成、10の合成の理解をぐぐいと後押ししてくれます。
めっちゃオススメ!!!





ieben2.jpg

息子からのラブコールにこたえて、
母も一生懸命問題を考えている、今日この頃。





文章をちゃんと読む習慣や
書かれていることを理解しようとする努力も、
少しずつ少しずつ
育って行ってくれたらいいな。





+ + + + + + + + + + + + + 

1年生の家庭学習。
結構少ないな・・・と思うけど、
宿題宿題ではなく、本人が自由に過ごす時間こそが大切な時期だと思うので、
息子としては、今の宿題量はホントに適量だと思います。
その上で、自発的な学びはもちろんOKだし、
ぼーっと過ごす時間も大事だと思うし、
友達と思い切り身体を動かして過ごす時間も、
息子にとっては、
かけがえのない『今』なわけで・・・。

これからも
好奇心の赴くまま、
たくさん楽しんでくれたらいいな♪


にほんブログ村テーマ 小学生お勉強のこと 宿題・家庭学習・通信へ
小学生お勉強のこと 宿題・家庭学習・通信

リビングのデスク・リビング学習


子どものためのお買い物



2017/06/24   学びと育ちの環境作り     893TB 0   893Com 6  

1年生息子の『アクティブ・ラーニング』





とある週末の午前10時。





朝食を食べた後、和室で遊んでいた息子に、
『片付けがひと段落したら図書館へ行こう』
と、声を掛けていたのですが・・・


taiyouno1.jpg

ふと何かを思いついたらしく、
ノートやボールペンを掴んで、
慌ただしく外へ走り出て行きました。


名称未設定 2

どうやら太陽観察を始めたみたい。
毎月通っている科学館の 『星を見る会』 で貰った月食グラスを目元に当て、
とっても熱心に観察しています。


taiyouno3.jpg

観察記録らしきものをメモ。
20分くらいに玄関先にいて、
その後、部屋の中に戻ってきたと思ったら、
記録をまとめたいとかで、ガサゴソと紙を用意。


taiyouno6_20170603235802a7f.jpg

記録を書いている途中に、
手元の日食グラスの透過性が、気になったみたい(笑)。
自分の道具箱からサングラスを探し出してきて、日食グラスと並べます。
ふたつの見え方は一緒かな?
『やってみなくちゃ~、わからない♪』





両方の道具を使って、
色んな光の透過性を調べていました。
太陽のような強い光だと、一応どちらもレンズ越しに確認できますが、
そのまわりの雲などは、日食グラスでは確認できず。
サングラスだと薄暗い視野の中ですが、見ることができます。


taiyouno5.jpg

ライト程度の光だと、
日食グラスは完全にシャットアウトしてしまい、真っ暗。
サングラスではちゃんと確認できました。
こういう比較を、
いろんな光源を使って、
ひたすら繰り返して夢中になっている息子っち。(^ー^;


名称未設定 1

色々観察した結果をまとめます。
肉眼での見え方(息子はこの状態を『ふつう』と表現)と、
月食グラス越しの太陽の見え方 (この状態を 『へん』と表現) という
比較手法を使ったみたい。





自分で思いついて
観察して、
実験して、
まとめて・・・
母に一生懸命発表してくれました。





そんなわけで今週末の家庭学習は、約2時間。
やるね、1年生!





今回は息子がお手製で作っていたけど、
『ちびむすドリル』 さんで無料配布されている
自由研究のまとめ用紙(白紙)を利用するのもいいかも♪
これからこういうの増えていくのかしら(笑)?
少なくとも、
夏休みの自由研究のネタには
困らなさそうな息子です。





+ + + + + + + + + + + + + + + + +

結局、突発的に始まった息子の家庭学習を見守っているうちに
お昼になってしまいました。(^ー^;
やむなく、図書館は午後イチに変更(笑)。

最近話題のアクティブ・ラーニング。
子供なりに、
その核となる力を、
自然と身につけているのかもしれないですね。

時間や規律を守ることも大切だけど、
ワークや問題集もいいけれど、
そちらにばかり比重を置きすぎて、
小さな好奇心の芽を、
おざなりにしないように気をつけよっと。(*^^*)


にほんブログ村テーマ 知識と実体験をリンクする♪へ
知識と実体験をリンクする♪

自分で考え行動する子供に育てる


小学生の家庭学習



2017/06/06   学びと育ちの環境作り     886TB 0   886Com 2  

リビング学習用ライト&正しい鉛筆の持ち方





小学1年生の家庭学習。


motikata1.jpg

今のところ我が家の家庭学習は、
tom任せの不定期状態で、
決められたワークや問題集をやっているわけではありません。
ただ、
今後の家庭学習に向けて、
環境だけは先走って整えてみました(笑)。


motikata2.jpg

集中して机上遊びしたり、
勉強したりできる場所。
我が家では、
ダイニングテーブルと、
その横に置いてあるtomの幼児用机。
そして、
リビング置きの卓袱台が、活躍中です。


motikata3.jpg

子供って、
あっちでもこっちでも、
気の向くままに作業するんですよね(笑)。
ノマドみたい。





そんな中、
これは買って良かった!と大満足なグッズがふたつ♪


moyikata4.jpg

ひとつめは、
就学準備品として学校で購入した
エルプラス社の 『はなまるくん』 。
これがとてもいい働きをしてくれていて、
鉛筆の持ち方が怪しかったtomが、
見事に矯正されています(笑)。
本人も違和感なく使えていて、なかなかの優秀グッズです♪





そして、
もうひとつが、こちら。



リビング学習ライト
充電式リビング学習LEDライト LE-H318W ホワイト



コードレスの卓上ライトです。
実は当初は、無印のLEDライトを買ったんだけど、
息子自身も、作業場所のて移動に合わせて、
その都度、ライトのコードを抜いて、
移動先でまたコンセントに刺してっていうのを
非常に面倒がりまして。σ(^_^;)
そうするうちに、
ライトを使わず、手元が暗い中で文字を書いてたりして、
本末転倒になっちゃったわけです。





その点、こちらのライトはコードレスなので、
本人が喜んで持ち歩いてくれるので、
親の方もストレスレス(笑)!
明るさも及第点です!!
色々調べてみたら、
リビング学習されてる先輩ママさんたちも、
オススメされてるお品なのですね〜。


motikata4.jpg

そんなこんなで、
現在我が家のノマドは、こんな感じで
筆記用具やノートに加え、
卓上ライトを携えて、放浪中です(笑)。





GW明けくらいから、
ぼちぼち家庭学習も考えて行こうかな?





+ + + + + + + + + + + + + + + 

ちなみに、
息子から譲り受けた無印のLED卓上ライトは、
私のパソコン用の明かりとして、
別の場所で活躍中♪
こうしてみると道具って、
実際に使う人が
それを使う場所で、
いかに便利に快適に、
気に入って使えるかが、すごく大事ですね。

そして、子供が日常を過ごす環境を整えることの大切さも、
しみじみと痛感したのでした。
やっぱり先達の意見はありがたいですね♡


にほんブログ村テーマ 入学準備品へ
入学準備品

子供のための家具・雑貨


2017/04/20   学びと育ちの環境作り     845TB 0   845Com 2  

図書館リサイクル市






毎年、楽しみにしている
図書館のリサイクル市。


risaiti3.jpg

今年は、tomも自分で選びたいというので、
家族全員で、参加してきました。
母も40冊程選ばせて頂いたのですが、
tom (+ パパ付き添い) も、同じくらい選んだそうで、
今年はこんなに~!!!!


名称未設定 1

欲しかった 『せいめいのれきし』 !
アナグマさんシリーズも〜!!


名称未設定 2

『ピーターのてがみ』 に 『シナの五にんきょうだい』。
カロリーヌシリーズも嬉しい。
tomの好きそうな科学絵本 (というか図鑑?) も
セットで頂いて来ました。





tomのセレクトも面白かったなぁ♡
パラパラめくっては、いる or いらないを即決(笑)。
欲しい本は、近くで待機してるパパに渡し、
片っ端から探索してたそうです。
絵本バッグが、何度も満タンになり、
その都度、パパが車に置きに行ってくれたんだよね。
ありがとう!






ここの 『リサイクル市』 のありがたいのは、
冊数制限がないところ。
今回も嬉しい出会い物が、
たくさんありました♡





それに伴って、
我が家の絵本&児童書も、完全にキャパオーバー!
すでに700冊近い・・・。
この際、
tomが手に取らなくなった3歳くらいまでの絵本を整理して、
処分することにしました。


risaiti1.jpg

それでも、
メインの絵本棚は、もう満杯!
児童書が溢れて、ワークスペースの足元に直置きの状態。


risaiti2.jpg

リビングの本棚も、この通り。
ここは、図書館で借りてきた本も一緒に置くので、
少し余裕を持たせたいと思っているのですが・・・


risaiti4.jpg

小学校に入って落ち着いたら、
息子と一緒に再度、絵本の見直しをしなくちゃね。






+ + + + + + + + + + + + + + + 

ちなみに
現在6歳0ヶ月のtomは、
絵本も児童書も、
基本的には『大人に読んで貰うもの』 と考えています。
字も読めるようになっているし、
たまには自分で読むこともあるけれど、
やはり自読みだと、
文字を追うことに精一杯になってしまうみたい(笑)。
そのため、読み聞かせリクエストは、
毎日かなり頻回です(笑)。

本を読むこと。
もはや、生活の一部ですね♪


にほんブログ村テーマ 絵本と童話へ
絵本と童話

子供の学習と育児教育としつけ


リビングのこどもスペース


2017/03/31   学びと育ちの環境作り     862TB 0   862Com 2  

我が家のピアノ




我が家では、
1年半に1度の頻度で、
ピアノの調律をお願いしています。


tyouritu2.jpg

先日、お久しぶりの調律師さんが、
名古屋からいらしてくださいました。


名称未設定 1

物柔らかな女性で、
あっちこっちから覗いたり、
手を出して触りたがったりするtomにも、
とても穏やかに接してくださるのが、ありがたい♡


tyouritu4.jpg

ピアノの中を見る機会なんて、
なかなか無いですもんね。
息子も、図鑑片手に興味津々なのです(笑)。


tyouritu1.jpg

ちなみに、tomが見ているのは、
『子供大百科 ペディキュア 大図解』。
情報量もかなりありますが、
基本的に絵で見せる図鑑のため、
図鑑好きなお子さんなら、
4歳過ぎくらいから、好んで見てくれると思います。


tyouritu3.jpg

tom カンタービレ!!





何の曲を弾いてる訳でも無いのですが、
『綺麗な音だねぇ♡』
と、ご満悦です(笑)。





+ + + + + + + + + + + + + 

我が家のピアノは、
私が小学校の低学年の頃に祖父に買ってもらったものなので、
すでに購入から30年以上が経っています。
でも、両親が定期的に調律してくれていたおかげで、
音の狂いもなく、今でも良い音を響かせてくれています。
息子はピアノを習っていないけれど、
それでも、ピアノが大好きみたい(笑)。

そんな我が家では、
最近、夫のkooがピアノのCDを掛け流しています。
曰く『最近バタバタしてたから、心を穏やかにしたい』のだそうで、
それが、息子や私にとっても、
意外に癒しになってたりして・・・(笑)。

息子も春には小学生。
本格的なクラシックに触れさせてあげるのに、
ぼちぼち良い時期なのかもしれませんね。


にほんブログ村テーマ 好奇心を育てよう♪へ
好奇心を育てよう♪

子どものいる暮らし。




2017/03/21   学びと育ちの環境作り     861TB 0   861Com 0  

6歳児と楽しむ『大人の科学』




先日のこと。
kooのお友達Kさんから、
tomに誕生祝いを頂きました。


enjin8.jpg

プレゼントを抱えて、大喜びのtom。
頂いたのは、こちらの2冊。




クルマのメカニズム
最新オールカラークルマのメカニズム


大人の科学
大人の科学マガジン Vツイン蒸気エンジン




相変わらず、マニアックですよ(笑)。
でも、tomの興味にドンピシャです。
さすがだわー。
ありがとうございます♪


enjin7.jpg

早速、パパと一緒に、
大人の科学の付録を、組み立てます。


enjin6.jpg

2ストのエンジン。
ガソリンの代わりに、蒸気で動くんですって!


enjin5.jpg

パパのアドバイスがあれば、
6歳児でも、組み立てれるのが素晴らしい。



enjin3.jpg

直感的に動くtom。
エンジンの仕組みは、
まだ大まかにしか理解できていませんが、
2ストは単純な作りなので、
子供にも、シンプルでわかりやすいようです。


enjin2.jpg

ホームセンターでアルコールを仕入れてきました。
アルコールランプでお水を温め、
その蒸気で、ピストンを動かす仕組みなのです。







さて。
どうかな?


enjin4.jpg

みんなで見守るも、
蒸気のシュシュっという音はすれども、
ピストンが動きません。




うーん。
どこかで蒸気が漏れてるのかな?





男ふたりして、
あっちから眺め、
こっちから眺めしながら、
試行錯誤。


名称未設定

管の捻りを直して、
接続を再調整して、再挑戦!!
今度は見事にエンジンを動かすことができましたー!





力強い動きにも、
その動きの速さにも、びっくり!
そして単純に、
エンジンってすごい!!!





男の子だもの。
ものの仕組みや構造に関する知識はもちろん、
単純なことなら、
自分でパパッと直せる力は、やっぱり持っていて欲しい(笑)。





女親の苦手分野なだけに、
男親としてのkooの手腕に期待しつつ、
いつも良い刺激を与えてくれるK氏の存在が、
すごくありがたいなと、思います。
これからも、
どうぞよろしくお願いします。(*^^*)




+ + + + + + + + + + +




あ!
もうひとつ。
とても嬉しい贈り物が♡


enjin1.jpg

お友達の『おひさまのたまご』のtamaちゃんから、
tom宛に、
こんな可愛いバースデーカードを頂いたのです。


名称未設定 1

一生懸命に書いてくれた文字には、
たくさんの優しさが籠っていて、
見ているだけでほのぼのしちゃいます。
tomも何度も読んでは、
とっても嬉しそう♡




tamaちゃん、
あまっち家のみなさん、
ありがとう!!!
就学のバタバタが落ち着いたら、
またゆっくり遊ぼうねー♪






+ + + + + + + + + + + + + + + + 

それにしても、2ストエンジン。
単純ながら、それ故に力強くて、カッコいい♪
息子も実際に手で触って、色々動かしていましたが、
そんな中で、V気筒の角度による動きの違いを指摘してきたりして、
kooもびっくり。
やっぱり実際に触ること、体験することって、
特に子供にとっては、とても大切なんですねー。

こんなトラコミュ、作っちゃいました(笑)。
ご興味あるかた、
よかったら覗いてみてね。


にほんブログ村テーマ 好奇心を育てよう♪へ
好奇心を育てよう♪

知識と実体験をリンクする♪


パパの育児




2017/03/13   学びと育ちの環境作り     856TB 0   856Com 0  

tomの絵本棚 【6歳0ヶ月】






毎月恒例のtomの絵本棚。
今月のラインナップは、こちら。


名称未設定 1

読む絵本は、
自宅にあるものはもちろん、
月に3~4回通っている図書館でも、お借りしています。


6saiehon1.jpg

tom本人が、蔵書検索機に気になるワードを入力して、
詳細情報を打ち出しては、
母や司書さんと一緒に、探すこともしばしば・・・。(*^^*)




どじにんじゃ
どじにんじゃ


忍者モノの絵本は、
最近の tomのお気に入り♪
『忍法〇〇の術!』 とカッコよく決めたにも関わらず、
『だが、しかし・・・』 と、どじっぷりを披露。
敵の城に囚われた姫を助け出すのだけど、
何をやらせても、一事が万事この調子。
絵本は読んでほしい気持ちが強く、自読みをほとんどしない息子には珍しく、
ゲラゲラ笑いながら、逆に読み聞かせをしてくれました(笑)。




365まいにちペンギン
365まいにちペンギン


以前、息子と東山動物園に行った時に、
園内にある図書コーナーで、偶然出会った1冊♪
算数要素も盛り込まれた、なかなかユニークな絵本です。
気に入ったtomが借りたいと言うので、
その場で、最寄りの図書館へ予約の電話をしました(笑)。
最後のオチも、面白いよね~♪




オオカミから犬へ
オオカミから犬へ


人間の良きパートナーである犬。
大切な家族である犬。
その犬の祖先はオオカミなわけですが、
どうやって人と犬(オオカミ)が、
今のような良い関係を築いていくことができたのか、が描かれています。
我が家には、相棒である 『ちゅら』 がいるので、
ひときわ、心にしみる絵本です。
良かったら手に取ってみてくださいネ。




このよでいちばんはやいのは
このよでいちばんはやいのは


身近なものから、もっと大きなものへ・・・。
次々と比較しながら、どんどん視野を広げ、ついには宇宙へ。
でも、そこで終わらないのが面白い♪
本当にすごいもの、素敵なモノは、自分の中にあるっていうことに気が付くと、
ワクワクした気持ちになりますよね。
特に、『一番♪』 が大好きなお年頃男児には、
とっかかりから最後まで、ぴったりの内容だと思います。




はじめてのオーケストラ
はじめてのオーケストラ


指揮者の佐渡裕氏が手掛けた、オーケストラの絵本。
1年生になった女の子が、
パパが指揮する 『第九』 のコンサートを、初めて鑑賞するお話。
みんなで真剣にひとつのものを作り出す空気感や興奮が、
ダイレクトに伝わってくる素敵な絵本でした。
tom が 『第九』 を知りたがったので、
YouTube で、第4楽章だけ聴かせてみました。
『いいね~♪』 『tomくんもコンサート行きたい!』 と、
興味を持ってくれたのも嬉しい限り。
小学生になったら、名フィルあたり、聴きに連れてってあげたいな♪
まずは、自宅の5.1サラウンドで
ウィーンフィルのニューイヤーコンサート (指揮:小澤征爾) のDVDを、
一緒に観てみようと思います。(*^^*)


6saiehon2.jpg

みなさんも、
どうぞよい週末をお過ごしくださいネ。





+ + + + + + + + + + + + + + + 

絵本選びって、個性が出て本当に面白い♪
我が家は、私が読んでほしい絵本の他に、
tom が好きそうだなと思う絵本を貸出しカートに入れておいて、
上の写真のように、
tomが選別して借りていくことが、ちょくちょくあります。
それ以外に、
自分でも検索して探すようになってきたので、
いつも貸出し冊数の20冊以内に収めるのに、四苦八苦(苦笑)。
最近は、『ママは2冊までね!』 などど制限されちゃうので、
『いやいや、3冊借りたいのよ。』 と、
母子間でのシビアな交渉戦が、繰り広げられています。(^^;



にほんブログ村テーマ 読み聞かせ おすすめ絵本へ
読み聞かせ おすすめ絵本

絵本(えほん)、創作、童話、絵童話、児童書、児童文学


子育てを楽しもう♪





2017/03/05   学びと育ちの環境作り     852TB 0   852Com 0  

日常の中に見る息子の好奇心




先日、
お昼ごはんに素麺を茹でようとしていたら、
キッチンの引き出しの片隅に、
すっかりその存在を忘れていた 『温度計』 を発見♪
(確か、チョコレートを溶かすのに、うん十年前に買ったやつ


ondokei1.jpg

『コレ何?これナニ?』
『tomくん、使ってみたい~♪』




ということで、
早速、お湯を沸かしているお鍋に in 。
『お水(お湯)は、100℃で水蒸気になるんだよ~♪』
なんて、息子に話しながら観察していると・・・


ondokei2.jpg

徐々に、グツグツ グツグツ。
湯気がたくさん出てきました。
でも、あれれ?
しっかり沸騰が始まっているというのに、
温度計は95℃を差したまま、それ以上は上がりません。


ondokei3.jpg

息子 『ママ、100℃にならないよ~?』

私 『ホントだね。何でだろうね。』
(この辺りでやっと気圧のことを思い出す母。オイオイ

息子 『やってみなくちゃわからない・・・だね♪』


ondokei4.jpg

茹であがった素麺を、水にさらします。


ondokei5.jpg

息子 『おお♪下がった~!』

母 『もっと温度が低くなったら、凍るかな?』

息子 『tomくん、今度やったるわ♡』


ondokei7.jpg

朝の登園中、
田んぼの霜をすべて割って歩く男。σ(^_^;)
残念ながら、うちにある温度計では、
この霜柱の温度までは、測れないけど・・・(笑)。






面白いな、
不思議だなって気持ちは、
心の中でたくさん温めておいてネ。






自分で疑問の答えを見つける権利を、
息子から奪いすぎないように、
私たち親も、
気をつけなくちゃ





+ + + + + + + + + + + + + + + 

毎朝、毎朝、
田んぼの霜の巡回に勤しむ息子っち。
今日は、畦道だけを歩いて、登園したんだとか。 (←オット談)
きっと小学校へ行ったって、
変わんないんだろうなぁ
これからも、たくさん探索を楽しんでくださいナ。


にほんブログ村テーマ 好奇心を育てよう♪へ
好奇心を育てよう♪

子供を賢くする方法


子育てを楽しもう♪



2017/02/17   学びと育ちの環境作り     843TB 0   843Com 0  

子供に任せるスケジュール管理





この週末は、
岐阜でも雪が降りました。


sukejyu3.jpg

幸い仕事には差支えることもなかったのだけど、
楽しみにしていた週末のお出かけは、
残念ながらキャンセルに。





そんな週末は、家族でまったり。
リビングにあるちゃぶ台で、
仕事したり読書したりして、一緒に過ごします。
tomは、何かを書いてたりすることが増えてきたかなぁ。
写真は少し前のものですが、
この時書いていたものは、実は自分の予定表 (2月分) ♪


名称未設定 1

年長になった頃から、
自分の予定を、気にするようになってきたtom。
当時は、予定の内容を付箋に書いて、
カレンダーに貼り付けていました。
でも、さすがに限界を感じて、
去年の秋くらいから、導入したのがこちら。





保育園から渡される月間行事表を見ながら、
園での予定を、書き写しているのです。
その後は、週末の家族の予定を書いて、
その月の目標なんかを書き足して、
オリジナルの予定表の完成♪
机の前の、ホワイトボードに貼っています。


sukejyu1.jpg

予定表のひな形は、
ちびむすカレンダーの中にある
学習生活表・スケジュール表』 をお借りしています。
色んなバージョンがあるけれど、
保育園児のtomには、今は1番シンプルなものがちょうど良さそう。
ごはんが、目標時間までに食べ切れたり、
園の準備や片付けが、サッと出来た時には、
ご褒美シールを貼ったり♪
これが、大いに励みになってるようで、
自分で自分の予定を意識する&管理するということについて、
少しずつ意識できるようになってきています♡


sukejyu4.jpg

小学校にあがったら、
こっちに変えようかな~♪
4月はまだ落ち着かないだろうから、
GW明けくらいから切り替えようと思います。
小学生バージョンは、
学習、音読・読書、運動、お手伝いなど、
可愛らしいアイコン付き。
きっとこういうのも、喜びそう





歳時期カレンダー2017
シーガル 歳時期カレンダー



ちなみに、
予定表とは別に、カレンダーも用意しています。
今年は、二十四節気・七十二候が記載された、歳時記カレンダーです。
月の満ち欠け、月齢、六曜、旧暦、日の入時間なども書かれていて、
『もうすぐ満月だよ。』
『立春って何?』
など、tomも気にして見ているみたい(笑)。





視覚優位の息子のようなタイプには、
さりげなく目に入るような環境作りが、
結構有効なのかも・・・ですね(笑)。
おかげで、家の中のあちこちに、貼りモノが増えました。


sukejyu5.jpg

今年最後の大寒波の中、
ついに、咲き始めたヒヤシンス。
部屋中、いい香りでいっぱいになっています。





癒されるわ~♪





+ + + + + + + + + + + + + + + 

それにしても、
子どもの机まわりって、どうしてあんなに散らかるのでしょう(苦笑)。
私は、常に物が散乱しっぱなしというのが苦手なので、
息子が小学生になって、本格的にリビングで宿題なんかするようになると、
実は、結構ストレスになるんじゃないか・・・と、密かにドキドキ。
とりあえず、『ダイニングテーブルで勉強』 というスタイルは、
母の精神衛生上、無理だということが、改めてよーくわかりました。orz

消しゴムのカスが散らかるのとか、
お料理を並べようとしたときに、学用品が出しっぱなしになってるとか、
ダイニングテーブルの上に、常時物が乗っているのとか・・・
そういうのが、基本的に許せないのですよねぇ
綺麗好きなお子さんなら、いいのだろうけど、
息子はそういうタイプではないですし、
子供なんて、散らかして当たり前ですし(苦笑)。

そんな母の性格ゆえに、
『小さくても机があって良かった』と、しみじみ実感中です。
リビングのちゃぶ台も、想像以上にいい働きをしてくれてます♪
ご家庭ごとで、色々だとは思いますが、
我が家はとりあえず、
こんなことを思っている、今日この頃です(笑)。


にほんブログ村テーマ 入学準備品へ
入学準備品

子供の学習と育児教育としつけ


リビングのこどもスペース





2017/02/13   学びと育ちの環境作り     838TB 0   838Com 6  

【続★朝活】 生活習慣を整える






我が家の5歳児。


asasa6.jpg

もとより保育園に通っていることもあって、
朝は、割と早起きです。





自分で着替えて、
身支度して、
ダイニングテーブルに付くのが、6時50分。


asasa3.jpg

朝食は、
7時15分にはご馳走様を目標に♪


asasa5.jpg


朝ごはんは、
残り物や常備菜をフル活用ですが、
フルーツも、積極的に摂りたいところ♪


asasa4.jpg

寒い季節は、
温かい飲み物や汁物も、喜びます。
朝は、タイマーを付けて部屋を暖めているけれど、
やっぱり体の中から温まると、ホッとしますもんね。





それにしても、
『1年生になる!』っていうパワーが、
息子から溢れまくっている、今日この頃。
マナーやルールを知り、
それを守ろうとする意志が、とても強くなっているのを感じます。
ご飯の時も、
自分から図鑑を引っ張ってきたりして、
『こうしたほうがいいんだよね。』と、
たいそう積極的(笑)。



あさごはんからはじめよう
あさごはんからはじめよう


あさこちゃんは、早起きが苦手。
朝ごはんも食べずに登校しちゃうので、学校でもヨレヨレ。
そんなあさこちゃんに、
食べ物たちが朝ごはんの大切さを伝授!





このあたりの本、
今、すごくハマりそう(笑)。
ルールやマナーは、
親が口で言うのと並行して、
こうした本の力を借りると、
驚くほど、スーと入っていくことがありますよね。




日曜日の朝ごはん
こどものりょうりえほん(1) 日曜日の朝ごはん



こちらもいいな♡
子供向けに作られたお料理絵本なのですが
見開きに1つのレシピが収められていて、見やすい♪
復刻版で5冊出ているシリーズものなのですが、
まずは、朝ごはんの絵本から♡




+ + + + + + + + +




先日、kooの顧問先のT様から、
tomの就学のお祝いと、
美味しそうなイチゴをたくさんいただきました。


asasa1.jpg

『春のかおりだ~♡』


asasa2.jpg

毎朝のお楽しみとして、
tomと一緒に、美味しく頂戴しています。
フルーツは、起き抜けにも食べやすく、
栄養もたっぷり♪
何より子供が大好きなので、本当に嬉しい。






いつも、お優しいお心遣いを、
ありがとうございます。





+ + + + + + + + + + + + + + + 

今春に就学をひかえるtom。
『早寝・早起き・朝ごはん』 は、小さな頃から大切にしてきた習慣ですが、
さらにその時間が、今までより少し前倒しになる予定です。
例えば、朝のタイムスケジュールは・・・

【現在】
6時30分  起床・身支度
6時50分~7時15分  朝食
7時15分~7時30分  登園準備(持ち物・検温など)
7時40分  母、出勤
7時50分  父と保育園へ向けて出発(徒歩)

【4月から】
6時00分  起床・身支度
6時30分~7時00分  朝食
7時00分~7時15分  登校準備
7時15分  母、出勤
7時20分  分団登校の集合場所へ  

・・・と、こんな感じに変わる予定です。
元々、早寝早起きの習慣は出来ているので、
徐々に前倒しするのではなく、
3月&4月の春休みを利用して、えいや!と一気に替えちゃおうと思います♪
母も、頑張ってもう少し早起きしなくちゃね。


にほんブログ村テーマ 自分で考え行動する子供に育てるへ
自分で考え行動する子供に育てる

母のつぶやき


シンプルに子供と暮らす




2017/02/11   学びと育ちの環境作り     837TB 0   837Com 4  

tomの絵本棚【5歳11ヶ月】




毎月恒例
tomの絵本棚。


名称未設定 1

tom本人が気に入って、
何度も読み聞かせのリクエストがあった絵本を紹介しています。
今月は、こんな感じになりました。



大科学実験
NHK大科学実験〈1〉『人力発電メリーゴーラウンド』ほか



今、大ハマリ中の 『大科学実験』。
久し振りに行った大きな図書館で、自ら検索機で探し出しました。
好きって、すごいね・・・。
テレビでもお馴染みの実験がいくつか載っています。
番組の内容に忠実な印象。
続編もあるので、そのうち借りてきてあげようかな♪




アース
アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵


年末に発売されたこちらは、
一世を風靡した 『MAPS』 の著者の最新作。
tomは、MAPSよりこっちのほうが好きそうだな~と思っていたら、
案の定、本屋で熱烈おねだり
一旦保留で帰宅し、翌日いつもの図書館へ行ったら、
何と何と!新刊で入ってるじゃないですか~♪
きゃ~
感激!
予約が入らないのをいいことに、
すでに3回連続で貸出し更新中です(笑)。





よふかしにんじゃ1
よふかしにんじゃ


tomと夫が大ファン♪
忍者モノを最近よく手に取るtomですが、なかでもこれはお気に入りです。
『あんたの仕事は寝ることや~』 っていう
お母さんのセリフが、ツボなんです(笑)。
こういう絵本って、
ママが読むよりパパが読むほうが、面白いかも。
ふたりしてゲラゲラ笑っています。




ノラネコぐんだんおすしやさん
ノラネコぐんだん おすしやさん


今更のように、ノラネコ軍団(笑)。
保育園で読んで貰う機会があったようで、そこで覚えてきたらしく、
今、我が家に2冊。
図書館でリクエスト中が2冊。
これまた、ママにではなくパパに読んでほしい絵本のようです(笑)。




511ehon1.jpg


テレビ番組はもう卒業しちゃったけど、
絵本の方は、かなり長~い間、好んで読んでる 『ひとまねこざる』 シリーズ。
特に今月はブームだったらしく、
棚にある分をごっそりと借りてきました。
もう返してしまったのもあるけれど、
とりあえず、今、本棚にある分をぱちり★





これはすいへいせん
これはすいへいせん


『これはすいへいせん』 の一文から始まって、
ページをめくるごとに、つぎの文がくっつき最後はとても長くなる、
『つみあげうた』 の言葉あそび絵本。
最近、言葉遊びの絵本がすごく面白いみたいで、
こちらもよく 『読んで~』 と持ってきます♪
ツペラツペラさんの絵もいいですよね~。




ぼうしのおうち
ぼうしのおうち


子供たちのいたずらに驚かされつつ
ああ、こういうふうだよね子供って・・・と、苦笑いしつつ、
tomと一緒に、ハラハラ&ドキドキしながら何度も読みました。
ベスコフさんの、ほのぼのした世界観が素敵♪




ぼくがあかちゃんだったとき
ぼくがあかちゃんだったとき


6歳になる男の子が、
生まれた時から、こうして大きくなるまでの数年間を、
両親が男の子に、愛情たっぷりに話して聞かせる物語。
小さな時のいたずらに自分を重ねたり、
その成長に一喜一憂する周りの大人たちの愛情を感じたりするのか、
tomからも度々リクエストが入ります。

もうすぐ、息子も6歳。
本当に大きくなったなぁ・・・と、しみじみいながら読んでいます。




来月も、
息子と一緒に、
楽しい絵本時間が過ごせますように♪





+ + + + + + + + + + + + + + + 

我が家の行きつけの図書館は、2箇所。
都心部の大きな図書館ほどの蔵書はないけれど、
基本的な本はちゃんとあるし、
時期ものや人気作家さんの作品でも、
借りたい本が借りられる手軽さは、本当がありがたい♪
予約をすることも年に何度かはありますが、
待ち番号は大抵1番目なので、ストレスフリー♪

特に、
メインとしている我が自治体の図書館は、
人口の割に、絵本も児童書もなかなかの品揃え!
新規購入のリクエストにも、限りなく応えてくれるし、
応えられない場合は、近隣市町村から取り寄せ貸出をしてくれます。
スタッフさんたちとも、すっかり顔馴染みだしネ♪

たまに刺激を求めて、
大きな図書館に足を運ぶこともあるけれど、
田舎の図書館も捨てたもんじゃないよね(笑)・・・と、
とても頼りにしています。
みなさんが足を運ばれる図書館は、どんな感じでしょうか?
行きつけの図書館自慢なども、ぜひお聞かせくださいネ。


にほんブログ村テーマ 読み聞かせ おすすめ絵本へ
読み聞かせ おすすめ絵本

絵本(えほん)、創作、童話、絵童話、児童書、児童文学


子育てを楽しもう♪




2017/02/09   学びと育ちの環境作り     824TB 0   824Com 4  

息子の 『さんすう熱』 が、急上昇!





先日の入学説明会で、学用品を購入した我が家。
その中に入っていた 『さんすうせっと』 が、
息子のツボにドンぴしゃり!
息子の 『さんすう熱』 が急上昇中です♪


sansu2.jpg

あんまり毎日、床の上に広げまくって遊んでいるので、
入学前に紛失したり破損しちゃうのも可哀想で、
取り敢えず、1番のお気に入りの計算カードだけでもと、
自作しました(笑)。
100均で買って来たこちらは、
『濡れても大丈夫』という心強いうたい文句付き。


sansu3.jpg

カード式なのが嬉しいんだろうな。(*^_^*)
手元に置いて、よく見ています。



プラステン
プラステン



繰り上がりや繰り下がりは、
理解がしやすいように、こちらも使いながら♡
なるべく手で触れ、目で見ながら、
自分の中に落とし込んで欲しいなー(笑)。


sansu4.jpg


ちなみに、
我が家は早期教育があまり好きでないので、
息子の学習面での習熟度は、かなりのんびりだと思われますが、
子どもの興味は、その環境から受ける影響がかなり大きいと思うので、
興味をもつ前から、
学びに役立ちそうなものは、
日常的に目に触れる場所にスタンバイさせるようにはしています。
こちらの絵本も、そのひとつ。




はじめてであうすうがくの絵本
はじめてであうすうがくの絵本セット



買ったのは、4歳前後だったと思うけど、
5歳過ぎてからは、すごーく気に入って、
何度も何度も、読み聞かせのリクエストが入ります。
安野さんの数学は、押し付けがましくなく判りやすい♪





清風堂書店数学の学び方・教え方
数学の学び方・教え方



大人用には、
こちらがオススメ!!
あいちゃん、教えてくれてありがとう!


名称未設定 1

クリスマスに活躍したアドベントカレンダーも、
探し出してきて、遊び始めました。
裏が、1から24までの数字になってるアレです。
今は、数字関係なら、
何でも興味の対象なのかな(笑)?


名称未設定 2

上から昇順番に並べたり、
5つごとに並べて、10のまとまりを作ったり・・・


名称未設定 3

自分なりの法則で並び替えては、
『きれいでしょう?』 と、ご満悦だったり(笑)。


sansu1.jpg

ちょっと車移動する時も
ノートを持ち込んで、数字を書いたり・・・
(レ点チェック付きなのが、可愛い♡)





楽しそうで何よりです。





+ + + + + + + + + + + + + + + 

夢中になってる息子を、
少し距離を置いて眺めながら、
夫とボソボソと、夫婦会議。

息子は何事も押し付けられることをとても嫌うので、
就学後の勉強に対しても、
いつかやる気になるだろう(希望的観測)!
やる気になるまでは、
家庭学習も必要最低限でいこう!
・・・と話し合っていたのですが、
どうやら息子っちにも、
少しは『学びたい』欲が出始めたのね。
『意外に、早かったなー。』
と、ボソリと呟いた夫の言葉に、
何度も頷いてしまいました。σ(^_^;)


にほんブログ村テーマ 好奇心を育てよう♪へ
好奇心を育てよう♪

お家でお勉強~ママが先生!


子供の学習と育児教育としつけ



2017/02/01   学びと育ちの環境作り     833TB 0   833Com 6  

親子で観たい★オススメTV番組






年明け頃から、見始めた番組。
ダーウィンが来た!生きもの新伝説


名称未設定 1
--------------------------------------------
世界中の生きものたちの最新情報を収集しながら、未知で驚きの新伝説を発掘。
ハイスピードカメラや生物の体に装着するカメラなど、最新の特殊機材を積極的に活用し、
これまでに誰も見たことのない生きものたちの世界を、
徹底的に迫力と美しさにこだわって映像化!
--------------------------------------------





図鑑に付いてるDVDを、彷彿させる内容でしょ?
たまたまお邪魔させていただいたブログで紹介されてたのですが、
こりゃ、息子も好きそうだな~と、興味がわきまして(笑)。
我が家でも毎週日曜日、夜7時半からの番組を
親子で一緒に楽しむようになりました。
ちょうどお風呂に入り、晩御飯を食べ終え、
歯磨きも済ませ、寝るまでのほっと一息の時間帯なので、
tomもこの番組を見るのを、とても楽しみにしています。




ちなみにこの週末のラインナップは、
「命がけの大産卵!ハタVSサメ軍団」。
ご興味のある方、ぜひ♪











もうひとつ。
大科学実験


大科学実験
logo.jpg
---------------------------------------------
誰もが当たり前だと思っている自然の法則や科学の知識。
でもそれは本当なのでしょうか?
答えは、やってみなくちゃわからない。
大科学実験で。
---------------------------------------------




100人がかりで音の速さをはかったり。
塩の結晶で実物大のウェディングドレスを作ってみたり。
ビニールシートを張り合わせて作った、50mの巨大クジラ形ソーラーバルーンを浮かべたり。
(こちらから動画も見られます。 ⇒ click!
家庭では、とてもまねできない大がかりな仕掛けで、
大真面目に科学を楽しむ、実験番組なのですが、
もー、これがtomのツボにハマりまくりまして(笑)。




『やってみなくちゃ~、わからない♪』

寝言でも言ってます





うんうん。
その言葉、
ぜひ自分の中に染み込ませておくれ~。
その気持ちがあれば、きっと何でもできるよ♪






+ + + + + + + + + + + + + + + 

年始早々、後部座席のドアをぶつけてしまった愛車が、
修理期間を経て、
無事に我が家へ戻ってきました。
スライドドアが、新品になってたよ~(笑)。
コーティングも、綺麗にやり直して貰えたよ~(笑)。
厄落とし出来たと思って、今後はホント気を付けようと思います

そうそう。
最近、tomに、
『僕ね、科学だーいすき!算数も得意だよ。』
と、唐突に言われました。
その根拠のなさ&子供らしい自信満々さが、何とも微笑ましかったです。


にほんブログ村テーマ 好奇心を育てよう♪へ
好奇心を育てよう♪

Eテレ(オススメ番組)


子育てを楽しもう♪


More ?     2017/01/27   学びと育ちの環境作り     829TB 0   829Com 8  

図鑑の使い方&遊び方





我が家のリビングにある、キッズ机。
息子が2歳の時に、机上遊び用に購入したものを、
秋頃に、就学を見据えてアレンジを加えました。


kurafuto2.jpg

あれから3ヶ月。
随分、息子の個性が出てきたなぁ。
(ぐちゃぐちゃともいう・・・


kurafuto5.jpg

年末年始、
プレゼントで頂いたり、購入したりで、
一気に6冊も増えた図鑑。
今回は、こちらの図鑑の活用について、書いてみたいと思います。




+ + + + + + + + + + + +




初めて息子に買い与えた図鑑は、
学研の『はっけんずかん』シリーズ
今は、もうあまり手に取らなくなったので、
2階の書籍コーナーに片付けてありますが、
2~3歳の頃に、大活躍でした♪


kurafuto6.jpg

その後は、
上(↑) のような 『テーマ別の図鑑』 に、興味が♪

① 息子が、興味のある内容であること。
② 出来る限り、内容が新しいものであること。

・・・以上の2点を考慮しつつ、チョイス。
同じシリーズで買いそろえるのではなく、
その時その時で、一番息子に合っていると思うものを選んでいたため、
何とも統一感のない状態に、なっています(笑)。


kurafuto11.jpg

今の図鑑は、DVD付きのものが多いですよね。
息子は、視覚的な刺激に興味を持ちやすい性質のようで、
図鑑や科学絵本など、かなり好んで手に取ります。





親子で出来る色々な実体験を、
出来る限り大切にしている我が家ですが、
まだ3、4歳の息子が興味を持つのは、やはり自分の身近なことでした。
それが5歳後半の今では、
宇宙や地球、構造物の仕組みなどへの関心が、高まってきています。
親子で一緒に楽しんだことは、やはり強く印象に残るようなので、
お出かけの前後、新しいことを学んだ時などは、
図鑑を広げる絶好のチャンスでもありますネ。


kurafuto10.jpg

先日は、自分の道具箱から
こんなものを引っ張り出していました。





そういえば、随分昔に、
tomが好きそうだな~と思って購入しておいたんだっけ
案の定、息子は大喜び(笑)。


kurafuto9.jpg

お相手は、
今一番お気に入りの、
小惑星探査機の 『はやぶさ』 の図鑑。
同じようなものを、何枚も何枚も描いては楽しんでいました♪





さらに、
ここ1週間ほどハマっているのが、こちら。




NEO クラフト
新りったいさかな館 (小学館の図鑑NEOのクラフトぶっく)



これは、昨夏の沖縄旅行の時に買ったんだっけ。
台風が直撃の予報だったので、
宿にお籠りする可能性を考えて、特別に用意していたのですが、
嬉しい誤算で台風が外れ、
ほぼ使うことなく持ち帰ったお品(笑)。
これまたtomが、自分の道具箱から発掘してきました。


kurafuto4.jpg

ハサミやノリを使わなくても、手軽に作れます。
さすが市販品は、完成度が高い♪
隙間時間を見つけては、
ひとり黙々と作っているなと思っていたら・・・


kurafuto1.jpg

いつの間にか
ギャラリーが作られていました(笑)。





図鑑からの発展遊び。
こういうのも、たまには良いですねー。


kurafuto7.jpg

飾り棚の一番下の段にも、図鑑があります。
こちらには、テーマ別図鑑以外の、
プレneoシリーズや、比較図鑑などを収納中。





とはいえ、
キッズ机横の図鑑に比べると、
どうしても手に取る機会は少なめになりがち。
ほんのちょっとのことなのですが、
子供にとって、
手に取りやすい環境を整えることって、ホントに大切なんですね。





我が家にある図鑑は、全部で45冊。
(現在、現役活躍中なのは、そのうちの20冊程です。)
いつの間にか結構な冊数になっていて、びっくり!
これからもどんどん増えていくだろうな。
息子の興味が、どんなふうに広がっていくのか・・・
とっても楽しみです。





+ + + + + + + + + + + + + + + 

図鑑や辞典に親しむには、
何と言っても、身近な道具として親子で使う機会を増やすこと。
紙面からの情報として取り入れる前に、実体験をたくさんすること。
子供が手に取りやすい場所に置きつつ、
日常生活で、ふと手にとってパラパラめくろうと思うような『余裕時間=暇』を持たせること。
そんなことが大切なのかな・・・と思います。

そしてやっぱり、
男の子の方が、図鑑に魅力を感じやすいような気も。σ(^_^;)
こればっかりは、本人の個性次第ですよね。
他の皆さんは、どんなふうに楽しんでらっしゃるのかなぁ♪


にほんブログ村テーマ リビングのこどもスペースへ
リビングのこどもスペース

好奇心を育てよう♪


2017/01/23   学びと育ちの環境作り     827TB 0   827Com 10