FC2ブログ

one's an ★☆美ら里日記☆★ vol.2

テーマ [どんぐり問題 ] の記事一覧

春休みのおタカラ帳





宿題のない春休み。
tomは、終業式の日の午後からお出かけで
11泊12日の白馬スキー旅行だったので、
勉強道具を持参することにしました。









持って行ったのは、どんぐり倶楽部の『おタカラ帳』。
今まで解いた中で、間違えた問題ばかりを集めたノートです。
tomは小1の冬からどんぐりを始めたので、
その頃から溜めていた問題を、
1日1問取り組んで貰うことに・・・。


hakuba1.jpg

スキー三昧の中で、
毎日、お風呂に入った後の夕方に、
オットに読んでもらって取り組んでいたそうです。
たまに、オットが買い出しなどで外出したりして、
そんな時は、部屋で一人、自読みで解いていたんだとか。
さて、その様子はと言うと・・・









【1Ⅿ×96】 → 正解
今日は満開の桜の下でお花見です。御馳走は、超長うまか棒と超長まずか棒の柔煮です。
長うまか棒は、長まずか棒の3倍の長さがあります。
みんなで、午前中にうまか棒とまずか棒をちょうど半分ずつ食べたところ、
残りの長さをあわせると200cmでした。
では、超長うまか棒は、もともと何㎝だったでしょうか。

0326.jpg

桜の下での宴会の御馳走を、『ウ』と『マ』で表現。
『ウ』は『マ』の3倍を絵にしたら、午前中で食べちゃった部分を黄色に塗りました。
200cmを4つに分けて、1つあたりを50cmと求めたら、
『ウ』は50cmが6つ分で、300cmとなりました。






【1Ⅿ×26】 → 正解
3本のでんせんに、デンセンガメが とまっています。
1本目のでんせんには 8ひき、2本目のでんせんには 6ひき、
3本目のでんせんには 4ひき とまっています
では、前から4ばん目と うしろから3ばん目の 間にいる、すべてのカメを足した数と、
3本のでんせんに とまっている すべての カメの数とのさは、なんびきでしょう。

0327.jpg

前から4番目は緑で、後ろから3番目はピンクで、それぞれ色塗り。
間にいるカメの数を2匹と求めてから
3本すべての電線に留まっているカメの数を出して、引き算しました。
今回の問題は、自読みして挑戦しているため、
最初は3本目の電線に停まっているカメとの差と勘違いしたみたいですが、
自分で読み直しをして、
計算の間違いにも気が付いて、
無事に答えにたどり着いています。






【1Ⅿ×70】 → 正解
5分で2枚のカードを作ることができる カード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。カードの厚さは、1枚3㎜です。
ではこのカード製造機あ、20枚のカードを作るには、何分かかるでしょう。

0328.jpg

左側では、スタート前のカード製造機と、
その下に5分経過後のカード製造機が描かれています。
右のページには、5分毎のカード製造機の様子が。
かなりの時間、丁寧に頑張って描いたな~と、びっくり。






【1Ⅿ×03】 → 正解
アリッサちゃんのクラスで、人数しらべを しています。
1年生が、男の子の列と 女の子の列に、1列ずつならんでいます。今年の1年生は、男の子が多いそうです。
今、男の子と女の子が 手をつなぐと、20人あまってしまいました。
男の子と女の子をあわせると、ちょうど100人です。それでは、女の子だけでは 何人いるのでしょう。

00329.jpg

左ページに、男の子と女の子。
列は描かず、手をつないだ棒人間を、男女ひとりずつ描きました。
その後、余っている男の子を5人をひとまとめにした形で、4人(=20人)描き入れています。
その下には、10人ひとまとめの棒人間で男女差を描こうとして×で消し、
右のページで改めて描き直し。
ちゃんと合計が100人になることを確認したうえで答えを求めました。






【0Ⅿ×59】 → 正解
ざせきに すわっている ザリガニは 15ひきです。
経っている ザリガニの数が、すわっている ザリガニの数より 5ひき 少ないです。
では、みんなで ザリガニは 何びき いるのでしょう。

0330.jpg

座席に座っているザリガニ(〇で表現)を描いた後、
座席のないザリガニを10匹描いています。
式でも確認。
そして両者を足して答えを出しました。
この辺りはもう絵を描くことで、迷うことなく答えが出ています。






【2Ⅿ×48】 → 正解
ウンコロガシ組6人と フンコロガシ組8人が、ある時 戦いました。
ウンコロガシは 両手に2こずつのウンコ、フンコロガシ組は、両手に1こずつのフンをもって戦います。
今、ウンコとフンを 同時に投げ合うと、どちらが何こ多く 投げることができるのでしょうか。

0331.jpg

6人の『ウ』は、両手に2個ずつ(=4個)
8人の『フ』は、両手に1個ずつ(=2個)というのを、ちきんと表現。
今回のおタカラ帳全般に言える事なのですが、
答えを導く出す道筋を、絵で丁寧に描けるようになってきたな~と感じます。
これも進化のひとつなのでしょうか?
答えも、意図に即して分かりやすく書こうという明確な意思が仄見えて、
見守る側としても嬉しい限りです♪






【1Ⅿ×63】 → 不正解
ボールのコロコロとゴロゴロは、100mころがりっこ競争で、今日のおそうじ当番を決めることにしました。
コロコロは、10分で20㎝、ゴロゴロは、15分で25cmすすみます。
どちらが何分早く ゴールできるでしょう。

名称未設定 1

コロコロとゴロゴロの問題。
これ、私が問題を打ち直しているのですが、その時に100㎝を100mに打ち間違えてしまいました。
そのため、本来の問題よりも、難易度が上がってしまっています。
(息子、ごめんよ~!!!!)
100㎝が1mなことは理解していて、
100mまでの道のりを一生懸命線で描いているのですが、
いかんせん10進法の区切りを無視して、11区切りにしたので煩雑さが増しています。
自分でも混乱しちゃって、髪を足して今度は表で考えようとしたのだけど、
その道のりの長さを想像して、心が折れちゃったんだとか。
返す返すも申し訳ない~






【1Ⅿ×86】 → 正解
ニョロは、1時間で 3歩しか進めない ユックリミミズです。
今日は天気が良いので、みんなで ピクニックに 行くことにしました。
家から6㎝ はなれた公園に集合するのですが、公園に行くまでに 何歩で 何時間かかるのでしょうか。
ニョロの3歩は、2㎜と考えて 答えましょう。

04002.jpg

家から6㎝離れた公園。
1時間で3歩しか進めないミミズの様子など、自分なりに工夫してます。
左ページから右ページにかけて、6㎝の道のりを、2㎜で刻んでますね~♪
途中、6㎝の目盛りを勘違いしていたようですが、
見直しをして、数え直して描き直しています。
この『見直す』という行為が、最近自発的にできるようになってきたのは、
息子なりの大きな成長かなと思います。






【0Ⅿ×79】 → 正解
はむすたあけんの じゃんがりあんえきに ばすが 3だい あります。
そのうちの 2だいが どこかにいきました。そのあと、5だいが もどってきました。
さて、じゃんがりあんえきには、いま なんだいの ばすが あるのでしょうか。

0402.jpg

こちらは間違えた問題ではなく、
解いてない0M問題の残りを、おタカラ帳に貼り付けておいた中から選んだ問題。
疲れてる時は、
こうした問題で気持ちを調整するのもアリ!(*^_^*)






【0Ⅿ×42】 → 正解
めだかのめがねを とおして見ると、1つのものが 3つに見えます。
今、めだかのめがねを とおして、18この あめ玉が 見えているとすると、
本当は 何この あめ玉が あるのでしょう。

0404.jpg

ひとつのものが3つに見えるメガネ。
メガネをとおして見た3つの〇を、実物のひとつの〇と対応させて、正解。







充分に身体を動かして、
気持ちが充実していたみたいで、
こうして改めて絵を見返してみると、
想像していた以上にじっくり取り組んでいて、母びっくりでした。









春休み。
心も身体もたくさん動かして、
またひとつ、成長の階段を登ったようで、
親としても嬉しい限りです。








+ + + + + + + + + + + +

春休みは、すごく大切な時間。
集団生活の中でのモヤモヤ、疲れ、ストレスをリセットして、
新しい学年へ向けての期待とモチベーションを高めるのに、
好きなことにトコトンのめり込みながらも、
穏やかな時間の中で過ごせる環境を用意してくれたオットには、
本当に感謝しかありません。

息子も3年生に向けて、
とっても嬉しそうで、楽しげで、
気力が充実しているのを感じます。
子供がその子らしく肯定される環境の大切さを
しみじみ感じた春なのでした。


にほんブログ村テーマ 読解力と学力問題へ
読解力と学力問題
にほんブログ村テーマ 「考える力」を育てるどんぐり倶楽部へ
「考える力」を育てるどんぐり倶楽部
スポンサーサイト

2019/04/15   どんぐり問題     1129TB 0   1129Com 2  

8歳0ヶ月のどんぐり問題






春休み、始まりましたね~♪
ポカポカ陽気で、例年以上に花粉が飛んでいるようですが、
そんな中でも、息子はオットと春休みを満喫中。
私は来年度に向けて、
仕事の引継ぎ準備にバタバタしています。
ああ、もう3月も終わりかぁ・・・。
1年があっという間ですね。








さて。
どんぐり倶楽部の 『良質の算数問題』 に取り組んでいる我が家。
今月もまた息子のクロッキー帳と共に、
その様子を簡単にご報告しますね♪







【1Ⅿ×37】 → 正解
あかたまごと あおあまごと きたまご 5こずつで くらいとりあそびをしました。
十の位につくと10点、一の位につくと1点 ゲットできます。
あかたまごの ごうけいは 32点、あおたまごの ごうけいは23点、きたまごの ごうけいは41点でした。
十の位についた たまごと 一の位についた たまごでは、
どちらがなんこ すくないでしょう。

0301d.jpg

左上に、各色5個の卵を描き、
それを点在する 『十』 と 『一』 の丸枠の中に寄り分けました。
丸枠がいくつもあるのが、面白い
絵を描きながら、追いかけっこの情景を再現遊びしたりして、とっても楽し気♪
そこから右のページに移り、十の位と一の位で、表を作成。
筆算をし、式と答えも描いているところを見ると、
息子なりに余裕があったようです。







【2Ⅿ×00】 → 正解
ある朝ハム次郎は、突然巨大向日葵の種を食べたいと思い、
どうしたら手に入れることが出来るのか色々と調べました。
その結果、1本の巨大向日葵に5輪の花が咲き、
その花に6個ずつの巨大向日葵の種ができることをつきとめました。
では、60個の巨大向日葵の種を食べるには、何本の巨大向日葵を準備すればいいでしょう。

0307d.jpg

7歳最後の日に選んだ問題。
息子も、日にちの隣に「7さいさいごのどんぐり!!」なんて書いてますね~。
左のページでは、夜ベッドで寝ながら考え事しているハム次郎の絵。
一晩考えて、翌朝起きだしてひまわり畑へ向かっています。
右側の上がひまわり畑。
ひまわりの絵については、ツッコミどころが満載です・・・
どうやら1本のひまわりには1輪の花が咲くというイメージが強かったようで、
5本のひまわり(中央に花のつもりの〇、その中に種を6つ)を描いたのですが、
途中でアレっと思ったようです。
そこで中央の〇をスルーして、そこから5つの花を派生させ、
派生させた花の中に、種の数 『6』 を描きました。
これで、1本のひまわりの種が、30個あることがわかり、答えを出したようです。







【1Ⅿ×84】 → 不正解
向日葵組は、赤青黄の3つの班に分かれていて、皆で42人います。
赤は青よりも6人多くて、青は黄よりも3人少ないです。
今、班毎に1列に並んでもらいました。
では、班毎に前から8番目と後ろから6番目の間の数を出して、
その数を足すと幾つになるでしょう。

0311d.jpg

表を作り、足したり引いたりして、何とか42人を3班に振り分けました。
『前から8番目』 で、8人目の下部分に緑色の横線を引きました。
『後ろから6番目』 では、それぞれの色で、後ろから6番目の上部分に線を引いたのですが、
これだと数え間違いが生じちゃうのですよね~。
しかも青班については、前からと後ろからのカウントがクロスするのですが、
その部分は数に入れてはいけないと勘違いしちゃったようです。
うん、これ・・・大人でもひっかかるな~。
おタカラ帳へ入れておこうと思います。






【3Ⅿ×10】 → 正解
恐竜の卵チョコレートが100円で売ってあります。
ガメラ君はこのチョコレートを3個買いたいのですが、120円しか持っていません。
ガメラ君のお小遣いが、1日で30円だとすると、後何日我慢すれば買えるでしょう。

0313d.jpg

tomのリクエストで、3年生問題に初挑戦♪
左上に恐竜チョコレートが棚に並べてあります。
そのうち3つは、ガメラ君が買う予定のチョコレート(笑)。
左側の⑩玉の表は、一番上に100円玉があり、残り200円で操作しようとしたようです。
⑩玉×2枚を区切り、そのあとは30円ずつ区切っていこうと思ったけど
思ったよりもわかりにくく、ぐちゃぐちゃになってしまったので、
その右側で30円の掛け算をしています。
ここで私が 『絵で考えてね~』 と声を掛けちゃったものだから、×で消して右ページへ。
3つのチョコに、元々持っていた120円を紫で、
お小遣いを茶色で表現。
残金180円を、1日のお小遣い30円で表現して答えを出しました。
取り組んでいる最中での余計な口出しは、
くれぐれも気を付けねば!!!






【1Ⅿ×38】 → 正解
5ほんの でんせんに でんせんがめが とまっています。
1ぽんめには8ひき、2ほんめには11ぴき、3ぼんめには14ひき、
4ほんめには13びき、5ほんめには7ひき とまっています。
では、5ほんそれぞれのでんせんの まえから6ばんめと 
うしろから5ばんめの あいだにいるかめを ぜんぶたすと なんびきになるでしょう。

0315d.jpg

前回とは違い、今回はカメ(のつもりの〇)そのものに色を付けたようです。
(気が付いて・・・というわけでなく、偶然みたいだけど
前からは青、後ろからは赤で色付けをして、
今度は間違えずにカウントできました。






【1Ⅿ×68】 → 不正解
バッタのパタパタは、
お誕生日にずっと欲しかったジェットエンジン付きのスケートボードを博士に作ってもらいました。
このスケボーは1回の燃料補給で8cm進めます。
では、72cm先の学校に行くには走り出してから何回の燃料補給が必要でしょうか。
出発前には1回分の燃料が入っていることにします。

0318d.jpg

パタパタがバースディケーキの火を吹き消しています。
そして、博士が実験工場でスケボーを作ってくれています。
先日、息子自身が誕生日プレゼントでブレイブボードを貰ったばかりなので、
絵にも臨場感が出てますね~。
で、右ページ上段。
表は、左から右へと見ていくのですが、
スタート時に燃料が入っていて、8cm進み燃料を入れ、また8cm進み・・・と
順を追って書いてあります。
それにしても横が5マスなので何とも見にくい(苦笑)。
8cmを9回で72cm進んだわけなのですが、
『ね(燃料)』を数える時に、スタート時の『ネ(燃料)』まで一緒に数え、
答えが 『ねんりょうは はじめあわせて9回』 と記載。
問題文、ちゃんと聞いてなかったな~という結果になりました。






【1Ⅿ×36】 → 正解
テントウムシしょうがっこうの 1ねんせい 20にんが
あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみ・しろぐみの 4れつに ならんでいます。
あかぐみは あおぐみより 4にんすくなく、みどりぐみは あかぐみより 1人おおく、
しろぐみは あおぐみより 5にんすくないそうです。
では、あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみ・しろぐみの 4れつは、
それぞれ なんにんずつが ならんでいるでしょうか。

0320d.jpg

4クラスを色別に表にしています。
そして条件に合うように、〇を足したり、消したりして
最後は全部で20人になるかどうかの確認も。
見直し、確認を意識してできたのが、とっても良かったね~♪






【2Ⅿ×40 → 正解
クジラのマッコ君、ザット君、シロナガス君は宝探し中です。
3人とも3個の宝箱を見つけたら一度戻って宝箱を下ろします。
今までマッコ君が2回、ザット君が4回、シロナガス君が3回戻ってきました。
宝箱には2個ずつ宝が入っています。
では、皆で宝を100個集めるには、あと何個の宝を集めなければならないでしょう。

0325d.jpg

クジラ達の宝さがしの様子が、可愛い♪
いつもですが、問題の導入部はブツブツとお話作りをしながら、楽しんでいます。
これも左側の情景描写(最初の1文)で10分くらいかかってるかな~。
さて、宝箱を持ち帰るのに、倉庫を建てました(笑)。
第1倉庫と、それよりたくさん収納出来る第2倉庫。
マッコ君を緑、ザット君を青、シロナガス君を赤で描いています。
最近、色分けをすることで、混同を防ぐテクニックを身に付けたようです。
この問題は、答えを導き出すまでにいくつかの計算が必要になるのだけど、
それをひとつひとつ丁寧に進めていくことが出来ました。









さて、いよいよ春休み。
宿題もないこのお休みの間は、
今までの不正解の問題ばかりを集めた通称 『おタカラ帳』 を
マイペースに取り組んでいこうと思います。






+ + + + + + + + + + + + 

息子がどんぐり倶楽部に取り組むのは、朝食後。
6時半頃に朝食を食べ終え、
7時10分に登校するまでの約40分を、朝勉時間に充てています。
朝勉自体は習慣化しており、
どんぐり問題と、漢字4問+九九(三角計算表の穴埋め)少々を
交互に取り組んでいます。

最近、どんぐり問題に少し時間がかかることが増えてきたので、
起床を少しだけ前倒しして、
朝勉時間を10分増やすことに・・・。
息子もこのペースに慣れているので、
来年度も継続していきたいな~と思っています。


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習



2019/03/28   どんぐり問題     1124TB 0   1124Com 2  

7歳11ヶ月のどんぐり問題





tomは家庭学習として
どんぐり倶楽部の良質の算数問題に取り組んでいます。
先月の様子を、
まとめてご紹介させてくださいね。







【1Ⅿ×95】 → 正解
今日は満開の桜の下で、お花見です。御馳走は超長金太郎飴と超長銀太郎飴の柔煮です。
超長金太郎飴は超長銀太郎飴の3倍の長さがあります。
みんなで午前中に金太郎飴と銀太郎飴を丁度半分ずつ食べたところ、残りの長さをあわせると12㎝でした。
では、超長金太郎飴はもともと何㎝だったのでしょうか。

0130.jpg

左ページに描いたのは、桜の木。
花や枝よりも、根っこのほうが気になるようです(笑)。
右ページ上部に金太郎飴30㎝、銀太郎飴10㎝と、3:1の比になるように記入。
次の文で、半分になった合計が12㎝と知り、上の絵を×で消しました。
そして、改めて右ページ下部に3:1になるように描き直し。
『それぞれ半分』というのを、ピンク色で区切りました。
文章の中で気を付ける条件を、ページ左上に箇条書き。


0131.jpg

下方の図に戻って、ピンクのラインまでの金太郎飴を3分割しています。
金色の部分が3㎝、残りのグレー3㎝が2つ分、
そして半分になった銀太郎飴がと表現。
(『正』の字の部分は、「小さい子にも判りやすいように」と後から描き入れています。)
ただ、なぜいきなり 『3㎝』 が出てきたのが、絵から読み取れず・・・
本人にもチラッと聞いてみましたが、
『だって3㎝になるでしょ?』 と、あっさり。(^^;
思考の過程の説明はありませんでした。

この謎の 『3㎝』 が6個分なので、金太郎飴は18㎝で正解なのですが、
どうしていきなり 『3㎝』 が出たのかしら?
12÷4=を頭でやったのかしら?
それとも偶然?
謎だわ~







【2Ⅿ×01】 → 正解
ハムハムがチューチューの家まで行くのに80分かかります。
今日、ハムハムは漫画の本を借りにチューチューの家に午後1時10分に着くように家を出るつもりです。
では、ハムハムは何時何分までに自分の家を出ればいいでしょう。

0204.jpg

左のページで、ハムハムとチューチューの家を描き、その間が80分と記載。
チューチューの家の時計は、1時10分を指しています。
最初、なぜか40分と勘違いしたらしく、
左下に12時30分と描いたのですが、
問題文の通し読みで、あれっと気が付いたようで、
右ページ上部に、再度時計を描き直し。
チューチューの家についた時間をピンク色で描いて、
そこから遡っていき、ハムハムの家を出た時間を黄色で描きました。
(薄くてみえませんが、11時50分を指しています。)
答えも丁寧に文章で書いていて、感心♪感心♪






【2Ⅿ×31】 → 正解
イカ君とタコ君がCD飛ばし競争をしています。1枚表が出たら7個お菓子を貰えます。
イカ君は4枚、タコ君は9枚が表でした。
では、どちらがなんこ多くお菓子を貰えたでしょう。

0206.jpg

笑顔のイカ君とタコ君。
表はピンク、裏は紫で表示させたようです。
表(ピンク)だと、おかしが7個もらえる事を描き、グラフ化しています。
ただ、左ページのグラフでは、お菓子の数を描けないと気が付いて、
右ページにグラフを描き直しました(笑)。
最後はひっ算で差を求めて、正解♪






【1Ⅿ×76】 → 正解
兄弟アリンコのチビ君は1歩で3㎜、チョビ君は1歩で5㎜進む事が出来ます。
今日は、とても天気がいいので二人でお散歩に出かける事にしました。
目標は家から3㎝離れている小高い葉っぱの上です。
二人は同時に出発して、2秒で1歩進みます。
では、どちらがどれくらい早く葉っぱの上に着くでしょう。

名称未設定 1

チビ君とチョビ君の1歩の幅を、まず絵にしています。
真ん中のページでは、おうちから葉っぱの上まで2秒で1歩進むことが描かれていますが、
オリジナルスイッチが入っていて、勝手に物語を作って遊んでいた形跡があります(笑)。
その後、問題に戻ってきて、左ページにグラフを作成。
2秒ごとにそれぞれが進む距離を書き入れて、
最後はその差をひっ算で求めました。
答えの書き方に関しては、
特にこちらから指示はしていませんが、
毎回、かなり丁寧な表現で書いてくれています。






【1Ⅿ×39】 → 正解
5ほんの でんせんに でんせんがめが とまっています。
1ぽんめには8ひき、2ほんめには10ぴき、3ぼんめには12ひき、4ほんめには11ぴき、
5ほんめには7ひき とまっています。
では、5ほん それぞれのでんせんの まえから6ばんめと うしろから5ばんめの あいだにいるかめを
ぜんぶたすと なんびきに なるでしょう。

0213.jpg

ページ上段の電線カメ・・・わかりにくいのですが、4つの丸でカメ1匹です。
(頭、胴体、前足、後ろ足なんだそうですが、適当過ぎて分かりにくい・・・苦笑)
自分でも分かりにくかったのか、真ん中から下あたりで、描き直しました。
それぞれの電線ごとに、数字を振って、
前から6番目には紫で、後ろから5番目にはグレーで色を塗りました。
さらに、左側で電線ごとのカメの数と、紫とグレーの間のカメの数を書いて、合計を求めています。
以前はすごく苦手そうにしてた電線カメですが、
よく整理できていると思います。






【1Ⅿ×47】 → 正解
アリンコ小学校の運動会で、恒例の巨大飴玉獲得競争レースが始まりました。
赤組と白組で競争したところ、とった数が赤組は白組の半分で、白組だけでは200個でした。
では、みんなでとった数は赤組と白組を合わせると何個になるでしょう。

0215.jpg

飴玉が、玉入れになっています。
陣地なんかも決めてあって、なかなか楽しそう♪
10個分の飴玉を、ひとつの丸で表現しています。
こういう工夫も、いつの間にか見られるようになってきたなぁ。






【2Ⅿ×25】 → 正解
ダンゴム市の人口は、みんなで720人です。
今、男の人の列と、女の人の列に各々1列に並んでもらっています。
列は、女の人の列が男の人の列よりも20人多いことが分かりました。
では、男の人の列には何人が並んでいるでしょう。

0218.jpg

これも、上の問題と同様。
今度は50人をひとつの丸で表して、
50の丸を10個と、20の丸を1個描きました。
何で50人をひとまとめにしたのか尋ねてみたら、
『えー、何となく。』 『だってわかりやすいでしょ。』 とのこと。
確かにそうなんだけど、その感覚、どうして思いつくのかな~?
ちょっと気になるわ






【2Ⅿ×39】 → おタカラ帳
赤いチューリップと白いチューリップがあります。
赤は白より28本多く、赤は全部で32本です。
では、赤と白を合わせた数は、白の数の何倍になっているでしょう。

0222.jpg

左ページで、赤と白のチューリップの絵と本数は求められています。
右ページ上部に、改めて赤32+白4=全体36の表を描き
その下に、全体36ー白4=赤32と直した表を描きました。
このふたつ目の表で、勘違いしちゃったのでしょうね(笑)。
全体の本数は白の何倍・・・を求めるとこと、
赤は白の何倍・・・に置き換わってしまったのが残念。
すごーく不思議そうな顔をしていましたが、
きっと次に取り組んだ時には、あっと気が付くんじゃないかな?






【2Ⅿ×10】 → 正解
5分で2枚のカードを作ることができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。カードの厚さは1枚3㎜です。
では、このカード製造機が20枚のカードを作るには何分かかるでしょう。

0227.jpg

左のページでは、5分で2枚のカードを作る様子が、
使用前・使用後で描かれています。
カード1枚の厚み、3㎜もその下に小さく描き込み(笑)。
右に移って・・・重なっているカード2枚1枠が6㎜であることと、かかる時間を記載。
20枚(=10枠)作るのに、50分かかるのが
5の段の掛け算で求められています。
答え50分で、正解ですね。







+ + + + + + + + + + + + 

先日、隣県で茶話会があり、
クロッキー帳持参でお邪魔してきました。

今回の私の疑問については、
「もしかしたら息子さんには(絵に描くまでもなく)見えたのかもしれないね。」
とのお話もあり、改めて息子にちょろっと尋ねてみたのですが、
日数が経っていたこともあって、
息子からは納得できる説明は聞くことができませんでした。
ま、仕方ないよね~。(^-^;

絵から見るところ、今やっている問題は理解して解けているようなので、
春休みまではこのまま継続し、
3年生になったら、0Ⅿ問題はちょっとよけておいて
2M問題をメインに、少しずつ3Ⅿ問題を混ぜ込んでいこうと思います。

これからも
マイペースでやっていけたら良いな♪
ご興味ある方がいらっしゃいましたら、
ご一緒にどうですか?(*^^*)


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習






More ?     2019/03/10   どんぐり問題     1115TB 0   1115Com 4  

7歳10ヶ月のどんぐり問題







小2の息子。
『どんぐり倶楽部』の『良質の算数問題』に取り組んでいます。
先月の分を、さらっとまとめてご紹介させてくださいね。







【0Ⅿ×05】 → 正解
ありんこの りんこちゃんが たびにでました。とてもとても とおいたびです。
りんこちゃんは とちゅうで さびしくなって なきだしてしまいました。
なみだが 一つ 二つとおちてきて ついには おおきなおおきな いけができました。
そこで りんこちゃんは そのいけの なみだみずを のんでみることにしました。
すると 6かいで のんでしまうことができました。
では、1かいで3このなみだみずを のんだとしたら
りんこちゃんが ながした なみだは なんこ だったのでしょう。

0103don.jpg

今年初問題。
悪ノリtomが、ナミダ水を真っ赤に塗って大笑い。(^^;
ごっくん、ごっくんとナミダ水を飲んでいく過程を、
「正」の字を使ったり、色を変えたりしながら、
息子なりに判りやすく描こうと工夫しています。






【1Ⅿ×97】 → 正解
バッタのピョンピョン、バサバサ、パサパサの3人が
98円のサイダーを買うのにお金を出し合いましたが、皆で62円にしかなりませんでした。
足りない分は3人のお母さんが出してくれることになりました。
では、お母さんは一人何円を出すことになりますか。

0106don.jpg

このあたりは、サクッと行けそうかな。
割り算の筆算の書き方はまだ習っていないので、
オリジナルの書き方で答えを出しています。
でも、ちゃんと割り算を使えばいいのが理解できてるのは、嬉しいところ♪






【1Ⅿ×87】 → 正解
ある日、タレパンダ君は巨大パンダになりたくて6mの身長伸ばしを目指しました。
ケーキ1個で1m、ジュース1本で50cmの身長が伸びます。
食事はケーキ1個とジュース2本がセットになっているとすると、
目標までにはジュースを何本飲むことになるでしょう。

0109don.jpg

タレパンダ君がちゅらになってる~♪♪♪(母、ひとり萌え)
右上のケーキとジュースのセットは、
横長がケーキで、縦長2つがジュースのようです。
最後の答えを「3セット」と書きかけて、
通し読みで、ジュースの本数を聞かれていることに気が付いて、慌てて修正。






【2Ⅿ×16】 → おタカラ帳
兄弟アリンコのチビ君は1歩で3mm、チョビ君は1歩で5mm進む事が出来ます。
今日は、とても天気がいいので二人はお散歩に出かける事にしました。
目標が家から3cm離れている小高い葉っぱの上です。二人は同時に出発して、2秒で1歩進みます。
では、どちらがどれくらい早く葉っぱの上に着くでしょう。

0115don.jpg

絵には描けているのだけど、
色塗りのほうに夢中になりすぎて、タイムアウト。
段階を踏んで考えなきゃいけなかったり、
数が大きかったり、
ややこしかったり・・・と、
時間がかかる問題が多い印象の2年生問題(特に後半)です。

tomは今、
比較的余裕のある朝食後に、
どんぐり問題に取り組んでいるのですが、
正直、時間が足りてないな~と感じることが増えてきました。
ぼちぼち見直しの時期かな?






【2Ⅿ×76】 → おタカラ帳
今日はクラス対抗牛乳早飲み大会の日です。
カブト君は2分で10本、カメ君は4分で8本、タツノオトシゴ君は2分で6本の牛乳を飲みます。
牛乳1本を200ミリリットルとすると、
この3人が20分で飲む牛乳の総量はどれぐらいになるでしょう。

0116don.jpg

これも途中でタイムアウトしちゃった
問題の導入部分で、結構絵を描くのに時間を取られてしまったのですよね。
カメ君の4分を、他と同じ2分に直して
各々が2分で飲む牛乳の量を求めたところで、悩んで終了~。
続きにするつもりでしたが、
やっぱり後日になるとモチベーションが続かないようで、
おタカラ帳行きとなりました。






【0Ⅿ×71】 → 正解
どんぐりで できている じてんしゃを うっているみせがあります。
1だいの じてんしゃには 11このどんぐりが つかわれています。
おみせに 6だいの どんぐりじてんしゃがあるとすると、
どんぐりは みんなで なんこあることになりますか。

0121don.jpg

0Ⅿ問題だと、ゆっくりと絵を描いて楽しむ時間もあるのですよね。
問題自体10~20分もあれば、十分解けるし。
自転車がバイクになってるあたりが、tomらしい(笑)。






【1Ⅿ×59】 → おタカラ帳
フンコロガシ組は、毎朝3人一緒に2ヵ所の公園へ行って、5個ずつのフンを集めます。
ウンコロガシ組は、毎朝4人一緒に3ヶ所の公園へ行って、2個ずつのウンコを集めます。
では、1週間で集めたフンとウンコの数は、どちらが何個少ないでしょう。

0123don.jpg

○人が△ヶ所で□個ずつの『ずつ』が、
どこに掛かってくるのか、わかりにくい文章ですよね。
考え方はあってましたが、
途中で計算を間違えてしまい、おタカラ帳行きです。






【1Ⅿ×79】 → 正解
クジラのマッコ君、ザット君、シロナガ君が宝探しをしています。どの宝箱にも2個の宝が入っています。
今回は3個の宝箱を見つけたら1度ゴールに戻ります。
今、マッコ君が2回、ザット君が4回、シロナガ君が3回ゴールに来ました。
では、3人はそれぞれ何個ずつの宝を探したことになりますか。

名称未設定 1

宝箱と宝の関係をしっかり絵に描いて考えないと、
引っかかりやすい問題ですよね~。
最後の一文を読む前に答えを書いて待ち構えていましたが、
問題文を読んだ途端、
自分の早とちりに気がついたようです(笑)。
この辺りが、低学年男児っぽいなぁ。(^^;

一枚付け足して、
続きも考えて、
正解です。








今月も、
ゆっくり・じっくり・ていねいに
頑張りましょう♪









+ + + + + + + + + + + + + +

我が家は共働きなので、tomは学童に通っています。
宿題は、基本学童で。
(tomと話し合って、必要最低限をやっています。)
18時に帰宅して、
そこから、入浴・食事・翌日の準備・読み聞かせをしていると、
あっという間に20時半の消灯時間。
今はまだ就寝時間を優先させたいため、
どんぐりは、朝勉として取り入れています。

年長、小1問題は、
基本20~30分もあれば、楽しく絵を描きながら解いても時間は十分でしたが、
小2問題もこの調子で解いていると、
時間が足りないことも、ちょこちょこ出てきました。
ぼちぼち見直しの時期かな?
tomの様子を見つつ、
考えていきたいなと思います。


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習






2019/02/04   どんぐり問題     1106TB 0   1106Com 2  

7歳9ヶ月のどんぐり問題






3学期、始まりましたね。
我が家の息子も、今日が始業式。
提出する課題やら、道具箱、上靴などを手に、
『あ~あ、ついに冬休みが終わっちゃったなぁ』 とつぶやきながら
登校していきました。


DDDD.jpg

さて。
2年生の息子のいる我が家では、
ウチ勉として、
どんぐり倶楽部の良質の算数問題に取り組み中。
去年の年末の分を、
さらっとご紹介しますね。









【0Ⅿ×15】 → おタカラ帳
しげっちが おともだちの なふだっちと あそんでいます。ふたりとも どんぐりあつめを しています。
しげっちは みぎてに 3この どんぐり、ひだりてに 4この どんぐり、
なふだっちは みぎてに 1この どんぐり、ひだりてに 8この どんぐりを もっています。
では、しげっちとなふだっちが りょうてに もっている どんぐり ぜんぶを くらべると、
どっちが なんこすくなく もっているでしょうか。

1122.jpg

「ふなたっち」と「しげっち」
tomが間違えて描いているのは、私が読み間違えたからです
tom自身も絵に落とし込む時に、
この両者を取り違えてしまって、不正解。
とんだそそっかし母子ですね。(^^;








【0Ⅿ×26】
うさぎの おべんとうやさんが おいしいおいしい おべんとうを うっています。
おべんとう1つは にんじん4ほんと こうかんしてくれます。
きょうは みんなで こうえんに いって このおべんとうをたべることにしました。
みんなで 5この おべんとうを かうとすると にんじんは みんなで なんぼん ひつようでしょう。

1126.jpg

学校で習い始めた九九。
その概念を、どんぐり問題の中に発見して
とても嬉しそうだった息子。
ちなみに、ニンジン型のお弁当箱に、4本のニンジンを当てはめているそうです。
(ちょっと紛らわしいかな
公園が賑やかで楽しそう♪








【2Ⅿ×57】 → おタカラ帳
ダンゴ虫のお母さんが、900円で
子ダンゴ虫3匹に、同じお菓子を10個ずつ買ってあげようと思っています。
お釣りが出ないように買うと、1個何円のお菓子を買えばいいのでしょう。

1128.jpg

大きな数を、どうやって描けばよいのか試行錯誤。
100円玉描いて、
それを細かく分けていきたいのだけど、
どうして良いかわからなくて、ぐるぐるぐる~。
「できない」 「こんなんわからへん」なんてマイナス発言のオンパレードでした。(><)
ここのところ、毎日のように課されてた
九九の暗記テストの影響もあったのだと思います。
早さを求めると、どうしてもじっくり考えることを拒否しがちですね。
ということで、おタカラ帳行きです。







それにしても、
この状態はよくないな~。







我が家では、
母が0Ⅿ~2Ⅿの問題をランダムに5、6問用意しておき、
その中からtomが、その日やる問題を選ぶ形式。
ここのところの九九暗唱地獄とのバランスを取るべく、
『tomが絵を楽しめそうな問題』 を
少し多めに用意することにしました。







【0Ⅿ×38】
みみずが すきな ながい へやが 6つ あります。
1へやに 4ひきずつの みみずが はいっているとすると
みんなで なんびきに なりますか。

1130.jpg

案の定、ノリノリ(笑)。
みみずの部屋同士を行き来できるようにつなげたり、
絵を描きながら、母にも共感してほしいのか、
左ページの部分は、おしゃべりをしながら取り組んでいました。
心なしか、絵も生き生きしているような♪
問題の内容自体は、九九を意識させるような問題を大目に混ぜ込みました。
暗唱という刷り込みの知識だけでなく、
九九という道具の便利さを、
自分で納得しながら、味わってほしいなと思ったのです。







【1Ⅿ×73】 → おタカラ帳
5分で2枚のカードを作ることができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。
1枚のカードの厚さは3㎜です。
では、作り始めて30分後にはカードの厚さは何㎝何㎜になるでしょう。

名称未設定 1

こちらもそう。
生憎、5分で2枚がスコンと抜けてしまって、
5分で1枚で計算しちゃったのですが、
絵はとても楽し気で、
計算も丁寧に積み上げようという意思が見えて、ホッとします。







【0Ⅿ×48】
いろいろな いろの ろうそくを つくることができる ろうそくめいじんがいます。
いままでに 12しょくの ろうそくを つくりました。
きょうは、あたらしく 3しょくの ろうそくを つくりました。
あしたも 3しょくの あたらしいいろの ろうそくを つくるとすると、
あしたで なんしょくの ろうそくが できますか。

1212.jpg

ろうそく名人の絵が、ちゅらになってる♪
ロウソクの色もカラフルで、とても楽しそうに描いていました。







【0Ⅿ×35】
ねんどがすきな ねこと ねずみが、ねんどで ねんどだるまを つくりました。
ねこが つくった だるまには ひげが 6ぽん、
ねずみが つくった だるまには ひげが 8ぽん ついています。
ねこは だるまを3つ、ねずみは だるまを2つ つくりました。
では、どちらがつくった だるまの ひげが、なんぼん すくないかな。

1214.jpg

こちらも可愛い♪
掛け算っぽい問題を色々混ぜ込んだのですが、
すべての問題について気が付くわけではないのが、面白いですね。
ひとつ前の問題は、足し算の積み上げ、
そしてこちらの問題は、「正」の字を使ってカウントしています。
「正」の字の使用は、
このあとちょくちょく見られるようになるのですが、
一体どうやって仕入れたのでしょう?
また機会があれば聞いてみたいものです。







【1Ⅿ×62】
朝早く目覚めたハム次郎は、どういうわけか、突然もっと筋肉をつけようと思い、
どうしたら筋肉が付くのかを色々と調べました。
その結果、筋肉豆腐の半分が蛋白質で、その蛋白質の半分が筋肉になることをつけとめました。
では、100gの筋肉を付けるには筋肉豆腐を何グラム食べるとよいでしょう。

1218.jpg

ついに来た!筋肉問題(笑)。
さて、どんな絵を描くのかと、ワクワクしながら横目で見てました。
ハム太郎のイメージにこだわりがあったらしく、
すごく丁寧に、細かい格子模様を描いています。
どうやら東京オリンピックのキャラクターのイメージらしいです(笑)。

割合という概念の導入のような問題です。
右上の豆腐の絵を前に、うーーーんと唸っています。
「蛋白質って何?」なんて質問も出ました。
筋肉豆腐の中に数字を書き込みつつ考えているうちに、
イメージがつかめたようです。








【0Ⅿ×61】
ずるい すずめの ずるすずめが 
ひまな すずめの ひますずめと あわてんぼうの あわてすずめに いいました。
いまから おかしを くばります。
「ぼくが1つで きみ(ひますずめ)が1つ、 ぼくが1つで きみ(あわてすずめ)が1つ。・・・・・」
さて、ずるすずめが おかしを 6こもっているとき、ひますずめは なんこの おかしを もっているでしょう。

1220.jpg

「ずるすずめ、本当にずる過ぎる~!」と大笑い。
絵を描くだけで答えが出てしまう問題は、
ノート右半分が、未使用のままな場合が多いです。







【2Ⅿ×60】
恐竜の卵チョコレートが100円で売ってあります。
ガメラ君はこのチョコレートを3個買いたいのですが、120円しか持っていません。
ガメラ君のお小遣いが、一日で30円だとすると、後何日我慢すれば買えるでしょう。

1221.jpg

左上に、店先にある恐竜の卵のディスプレイ。
左下には、現在の所持金120円と、
欲しいと思っている3個のチョコが。
そして右のページでは、
1日増えるごとに所持金がどう増えていくのかが、お金で表されています。
九九の暗記テストにも無事合格し、
本人も肩の荷が下りたんだろうな~(笑)。
丁寧な絵の様子、楽しんで取り組んでいる様子に、
母もホッとしました。






【1Ⅿ×74】
5分で3枚の巨大カードを作ることができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み上げます。カードの厚みは10㎜です。
この機会は、積み重ねたカードの厚さが15㎝になると自動的に止まってしまいます。
では、11時45分から機械を動かしはじめると、何時何分に機械は自動的に止まるでしょう。

1226.jpg

カード製造機、再び(笑)!
今度はかかった時間を問われる問題ですね。
上段の製造機がスタート時。
5分で3枚のカードが出てきたところです。
その後、着々とカードが作られ、下段の製造機は25分で停止。
15枚のカードを5枚ごとで数え、合計の厚みを15㎝としています。
仕切られた枠の中の「正」の字は、
左が3枚、右が5分を表しているそうです。
最初は25分と答えを出そうとして、
通し読みで、求められている内容が違うことに気が付いて、
12時10分と書き換えました。










楽しんで取り組む姿が、少しずつ戻ってきたかな♪
分かりやすく丁寧に描くこととか、
頭の中で考えて分かったとしても、絵は端折らず描こうということは、
継続して伝えていきたいと思います。
そして、次の選択肢の中には、
数が大きい問題や、絵を動かさないと解けないような問題も
こそっと混ぜ込んでおこうかな・・・なんて(笑)。









3学期も頑張りましょ♪







+ + + + + + + + + + + 

希望通りに、
3学期が始まるまでに、
1/2(水)、1/5(土)、1/7(月)と、3回スキーに行けた息子。
最後の7日は母が仕事だったため、オットとふたりして滑り倒してきたそうです。

8時半~11時 スキー (リフト10本以上)
センターハウスでランチ
12時~14時半 スキー (リフト10本以上)
センターハウスでおやつ
15時から17時半 スキー (リフト10本以上)

毎回これが当たり前のtomはともかく、
オット、頑張ったなぁ!!

今回、息子はパラレルターンのコツがちょっとわかったっぽい。
(一生懸命、母に説明してました。)
そして、お気に入りのコブやジャンプ台にも挑戦。
上手な人の滑りを見て研究しては、
自主練を繰り返していたみたいです。

『アグレッシブなコースを走りたい』っていう去年とは違って、
今年は、『こういう技を身に付けたい』とか
『こんな滑り方がしたい』っていう目標をもって、
それにあった場を探しては練習している姿を見かけます。

どんぐり問題は、
自分で考え、試行錯誤し、理解していく力を育てるもの。
共通点があるな~と、感じながら取り組んでいます。

机上においても、
実生活においても、
こういう経験はたくさんさせてあげたいな。

ご興味あるかた、ぜひ♪


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習






2019/01/08   どんぐり問題     1091TB 0   1091Com 0  

★一周年★7歳8ヶ月のどんぐり問題







我が家では、
家庭学習として、
どんぐり倶楽部に取り組んでいます。








算数の文章題を、週に2問。
ゆっくり・じっくり・ていねいに。








最近の様子などを、
息子の描いた絵と共に、ご紹介させてくださいネ。







【1Ⅿ×23】
カメむしはなこさんと おおカマキリこさんは、おまつりで わたがしを 10こずつ かいました。
そして、ジャンケンを しながら かえりました。
ジャンケンで かったひとは まけたひとから、わたがしを 1こ もらえます。
ジャンケンは、カメむしはなこさんが 2かいで
おおカマキリこさんが 5かい かちました。
では、どちらが、なんこすくなく わたがしを もっているでしょう。

dondond9.jpg

『10個ずつ』 を左側の絵でうまく表現できず、右側に描き直しました。
左のカメむしと、右の大カマキリに、
それぞれわたがしを10個ずつ描いた後、
ジャンケンの勝敗に合わせて、わたがしを移動。
絵の中で数えつつ、計算式も書きました。






【2Ⅿ×41】
百の位が3、十の位が5、一の位が2の数と、
この数の百の位の数字を十の位に、
十の位の数字を一の位に、
一の位の数字を百の位に置き換えた数との差は幾つになるでしょう。

dondond8.jpg

位取りの問題。
最初、意味が理解できず、結構悩んでいました(笑)。
問題も何度も読んで、何とか意図を理解できたみたい。






【2Ⅿ×46】
ある所にゴキブリのグループが2グループありました。
ある時、その2つのグループが食べ物のことで戦いました。
勝った方は負けた方より20匹多くいたそうです。
また、両方では100匹いたそうです。
では、勝った方は何匹だったのでしょう。

dondond7.jpg

まずは左のページで、2匹ずつのゴキブリグループを2組描き、
その後、20匹という数を聞いて、
右に〇に置き換えて描き直していました。
右のページの一番左側は、2つのグループの差が20匹なことを表現。
真ん中の表は、
100匹の半分の50匹で、
左から右へ20匹移動するとどうなるかをシュミレーション。
(それだと差が40匹になっちゃうんだよ~と、描きながら母に説明。)
でもって、さらに右上には、
10のくくりでもって、20移動させる図を描いて、再び説明。
『だから、実際に移動させるのは10匹なんだよ』 と、
右下に再度描き直して、解説してくれました(笑)。

去年の今頃に、よく引っかかってたこの手の問題は、
今では息子の中に、しっかり染み込んでいるんだな~と、
見ていても微笑ましい♪






【0Ⅿ×39】
そらとぶ ほうきを あつめている まじょが います。
きのうまでに、16ぽんの ほうきを あつめました。
あしたは 3ぼんずつ あつめる よていです。
よていどおりに あつまると ほうきは みんなで なんぼんに あるかな。

dondond6.jpg

魔女、空飛んでますね~♪
右側でほうきを〇に置き換えて、16本に3本を2回足しています。
今までとちょっと違う工夫は、
1列を10単位で描いていること。
10をひとまとめにして、見やすくするという工夫を、
導入し始めたようです。






【1Ⅿ×85】
ダンゴム市の人口は、みんなで720人です。
今、男の人の列と、女の人の列に 各々1列に並んでもらっています。
列は、女の人の列が男の人の列よりも20人多いことが分かりました。
では、男の人の列には何人が並んでいるでしょう。

dondond5.jpg

これも、『~より〇多い』 の問題。
720人を男女それぞれ半々の360人ずつに分けて、
20人の差を絵で考えています。
右側では、ひっ算で確かめも・・・。(^^)






【1Ⅿ×11】
みのむししょうがっこうでは、あさから きに ぶらさがって たいそうをします。
きょうは てんきが いいので みんなで 16にんが ぶらさがっています。
1ねんせいが1人、2ねんせいが2人、3ねんせいが4人です。
のこりの 4・5・6ねんせいは おなじ にんずうずつ きているとすると、
4・5・6ねんせいは なんにんずつに なりますか。

dondond4.jpg

木にぶらさがっているミノムシたち。
最初から見やすい絵を描くのはまだまだ難しく、
絵を見解くのも、結構大変です(笑)。
分かりやすく描く、
考えやすく工夫して描く、というのは
今後、進化しくのかな~と、長い目で見ています。
最近はよく、
『未就学児の子でも、絵を見たらわかるように描いてね♪』
とお願いすることが多いかな?






【0Ⅿ×42】 →おタカラ帳へ
めだかの めがねを とおしてみると 1つのものが 3つに みえます。
いま、めだかの めがねを とおして 18この あめだまが みえているとすると、
ほんとうは なんこの あめだまが あるのでしょう。

dondond3.jpg

メガネ、可愛い♪
ひとりの人が、
メガネのレンズ越しに、3人に見えちゃうのですね。
でもって、
残念ながら息子は
右のレンズと左のレンズを、それぞれ区分けして考えてしまったようです。
右のレンズで3個、左のレンズで3個かぁ・・・。
惜しいね~。


dondond11.jpg

そうそ!
我が家は、正解ならミッキーマーク♪
不正解なら特に何も書かなかったのですが、
最近、こちらのひょっこりはんハンコを押し始めました。
おかげで、間違った時にも親子でほっこり(笑)。
ひょっこりはんに感謝だわ~♪






【0Ⅿ×34】
なんきょくで かった なわとびのなわは こおりでできていました。
とびたびに コロンと おとがして みじかくなっていきます。
8かい とんだときに ちょうど はんぶんの ながさに なったので とぶのを やめました。
ぜんぶで なんかいとぶと なわとびのなわは きえて なくなってしまうでしょう。

dondond2.jpg

コロンと鳴る度に、少しずつ短くなっていく縄跳びが、ツボ。
ひっ算で計算もして、確認もできています。
こういう問題は、絵を描いた段階で答えが見えちゃいますね。






【1Ⅿ×52】
5分で2枚のカードを作ることができるカード製造機があります。
では、このカード製造機が10枚のカードを作るには何分かかるでしょう。

dondond1.jpg

この問題、tomはすごく好きだろうな~と思ったら、案の定(笑)。
カード製造機がベルトコンベアーになってて、
しかも、不良品をより分ける仕組みなんかも描かれていて、
工場見学の印象の強さが伺えます。
しかも、結構精度が低いのか、
不良品がいっぱい出てますよ、このカード製造機(笑)!







・・・といった感じで、
去年の12月9日に初めての問題に挑戦してから、
今日でちょうど1年です。


dondond10.jpg

0M問題が、45問。
1M問題が、34問。
2M問題が、8問。
この1年で取り組んだのは、87問です。
これからも、
親子で楽しく続けていけたらいいなと思います。







+ + + + + + + + + +

一見順調そうに見えますが、
息子にも私にも、
悩みもあれば、迷いもあり(苦笑)。

『どんぐり、難しい』
『面倒くさい。』
なんて、息子が言ってた時期もありますし、
母が思わずヒントを出してしまったとか、
怒ってしまった・・・なんてことも。orz

それでも最近は、
じっくり考えることにも慣れてきたのか、
『どんぐりが楽しくなってきた♪』
と、息子からも前向き発言が増えてきました。
息子のポジティブさに救われる日々。
母も、心穏やかに見守れるよう
精進しなければ・・・です。(*^^*)


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習



2018/12/09   どんぐり問題     1082TB 0   1082Com 4  

7歳7ヶ月のどんぐり問題







去年(小1)の12月から始めた
どんぐり倶楽部の良質な算数問題。
その後も、我が家ではマイペースに継続中♪







今回は、
夏休み明けあたりから、10月半ばあたりまでのものを、
まとめてアップしてみたいと思います。









【1Ⅿ×07】
ハムたろうが チューすけの いえまで いくのに 40ぷんかかります。
きょう、ハムたろうは まんがの ほんを かりに
チューすけの いえに ごご1じ10ぷんに つくように いえを でるつもりです。
では、ハムたろうは なんじなんぷん までに いえを でれば いいでしょう。


ddnngg3.jpg

ハムたろうの家から、チューすけの家までの、ぐねぐね道。
ハムたろうも、鍵忘れちゃったとか、漫画欲しいとか、チュースケ~など、
セリフ付きの描写が面白い♪
右のページに大きく時計を描いて、
午後1時10分から40分を巻き戻しています。
この頃は、運動会の準備でちょっとお疲れだった頃。
丁寧に数えるということがおざなりになっていていますね。
それでも絵自体は描けていたので、
自分で気が付いて、訂正ができました。







【0Ⅿ×59】
ざせきにすわっている ざりがには 15ひきです。
たっている ざりがにのかずが すわっている ざりがにの かずより 5ひき すくないです。
では、みんなで ざりがには なんびきいるのでしょう。


ddnngg5.jpg

ところが、次の問題は
全くもって頭が回っていません(苦笑)。
バスの中を見ると、下のほう・・・椅子に座っているザリガニは15匹。
絵の上のほう・・・立っているザリガニは10匹。
絵は描けているのに、文章の内容が頭に入ってきていないようで、
何を求めるのか、理解ができていないのです
取り組んだのは、運動会の数日前。
tomが朝、すんなり起きれなかったり、
些細なことで精神的に不安定な様子がよく見られた時期と重なります。







【2Ⅿ×33】
アリンコ小学校の運動会で、恒例のお砂糖争奪競争が始まりました。 
赤組と白組で競争したところ、獲得量が赤組は白組の2倍で、
赤白の合計は600gでした。
では、白組は何g獲得したのでしょう。


名称未設定 5

運動会2日後の月曜日に解いた問題。
運動会にちなんだ問題を選びました。
実際の運動会では、徒競走で1位だったり、選抜リレーで活躍したりで、
本人的にはとても満足度の高いものだったせいか、
どんぐり問題にもとっても意欲的(笑)。
赤は白の2倍というのが、赤:白=2:1 なことに結び付くまでに、
色々と試行錯誤した後が見られます。
まだ、大きな数を見ると怯むところもあり、
何とか答えは出ましたが、
『100をひとまとめとして考える』 ということに対して、
十分な理解を得るのは、まだこれからといった感じです。
(この問題で本人的には、あれ?っと引っかかりを感じたようです。)







【0Ⅿ×33】
せみの おみせには いろいろないろに ぬられた ぬけがらが たくさん おいてあります。
ひとつも おなじいろが ないそうです。
きのうは そのまえのひより3びき ふえていて
きょうは きのうより 6ひき ふえていました。
きのうの かずが 7ひきだったとすると、
きのうのまえのひのかずと きょうの かずの ちがいは いくつでしょう。


ddnngg6.jpg

カラフルに塗り分けた抜け殻♪
ひとつも同じ色がない様子など、楽しそうに描いていました。
まずは左のページで、問題の条件部分を絵に・・・。
その前の日を1匹として、昨日を4匹に設定。
今日は昨日より6匹多いので、10匹描き込みました。
さらに、昨日が7匹だったという追加条件を聞いて、
右ページに、時系列を整えて、描き直しました。
ちなみに正解は、9匹となっているのですが、
問題文が 『いくつでしょう』 なのですから、
母としては息子の答えである 『ここのつ』 のほうが正しいと思うのだけど・・・(笑)。
(もちろん、これは正解としました。)






【1Ⅿ×03】
アリッサちゃんのクラスで にんずうしらべを しています。
1ねんせいみんなが おとこのこのれつと おんなのこのれつに 1れつずつならんでいます。
ことしの1ねんせいは おとこのこが おおいようです。
いま、おとこのこと おんなのこが てをつなぐと 20にん あまってしまいました。
おとこのこと おんなのこを あわせると、ちょうど100にんです。
それでは、おんなのこだけでは なんにん いるのでしょう。


ddnngg4.jpg

男の子のほうが、20人多いというのを、3回も描いている息子。
ひっ算で、100人の半分は50人。
差が20人なんだから、10人足すと男の子の人数が出ることは理解しているみたい。
でもって、その60人から男女の人数差の20人を引けば、
女の子の人数が出るとのことなのですが・・・
それを絵に描いてほしいんだけどな~
母、ちょっとモヤモヤ。







【1Ⅿ×12】
きょだいハムハムと ふつうハムハムたちが あそんでいます。
きょだいハムハムは ふつうハムハムの ちょうど はんぶん います。
かぞえてみると、みんなで 18ぴき でした。
では、ふつうハムハムは なんびきいるのでしょう。


ddnngg7.jpg

巨大ハムハム、おっきいね~(笑)。
巨大ハムハム1匹に対して、普通ハムハムを2匹描きました。
でもって、左ページでは18匹が1対2になるように、
絵を見ながら調整して正解です。
こちらと、このひとつ前は、
ちょうどタイ旅行へ行く直前のもの。
ちょっと浮足立っていた時期ですね(苦笑)。







【2Ⅿ×32】
クジラのマッコウ君の御飯はプランクトンです。
赤いプランクトンと青いプランクトンは合計で1200匹います。
赤いプランクトンは青いプランクトンの5倍だとすると、
赤いプランクトンと青いプランクトンは、それぞれ何匹いるでしょう。


ddnngg13.jpg

大きな数字 『1200』 がキターーーー!
どうするかな?
どうるすかな?
と思っていたら、お金で解決。
おおお、一皮むけたかな(笑)?
母的には、可愛いマッコウクジラがツボ♪






【0Ⅿ×16】
にじいろのふうせんが うってある おみせがあります。
そのふうせんは はこのなかにはいっていて そとからは みえません。
でも、はこを 5こかうと かならず 2こはいっているそうです。
では、6このにじいろのふうせんを てにいれるには
なんこのはこを かわなければいけないでしょうか。


ddnngg14.jpg

虹色の風船が、可愛い♪
鼻歌うたいながら、とても楽しそうに描いてました♪
風船のないっていないハズレの箱3つと、
風船の入っているアタリの箱2つを、
ちゃんと対にして描けています。







【1Ⅿ×54】
バッタのパタパタは、
お誕生日にずっと欲しかったジェットエンジン付きのスケートボードを博士に作ってもらいました。
このスケートボードは一回の燃料補給で8歩分進めます。
では、48歩分先の学校へ行くには走り出してから何回の燃料補給が必要でしょうか。
出発前は一回分の燃料が入っていることにします。


名称未設定 4

以前、この類題を解いた時には、
スケートボードが何か判ってなかったのですが、
今回はしっかり絵の中に登場していますネ。
48歩を8歩ずつに分けて描き、
最初に一回分の燃料が入っていることにも注意して、答えを出せました。







【1Ⅿ×86】
ニョロは1時間で3歩しか進めないユックリミミズです。
今日は天気がいいので、みんなでピクニックに行くことにしました。
家から6cm離れた公園に集合するのですが公園まで行くのに何歩で、何時間かかるのでしょうか。
ニョロの3歩は2mmと考えて答えましょう。


ddnngg15.jpg

これは、結果的には不正解だったのだけど、
tomなりに色々考えて、あれこれと試行錯誤を繰り返していた問題。
ミミズが3歩分進んでいるところとか、
左ページ下方部分・・・いろんな形のミミズが集まっているところとか、
大きなミミズの家と、
実はそれが地下にある設定だということなど、
絵を描きながら、おしゃべりも止まりませんでした(笑)。


000ddnngg17_20181031211309c7f.jpg

割り算は判らないけれど、
6cmを2mmで分けていくイメージは掴めていたようで、
定規で6cmの倍の12cmの線を描き、
それを2mmの倍の4mmで実際に区切っていって、答えを求めようとしていました。
ちゃんと30等分できているのに、
カウントし間違えて、31等分になっちゃったけど、
その方法を思いついて、丁寧に進めていけたね。







息子なりの成長。
ゆっくり、じっくり、丁寧に。
一歩、一歩、自分の足で歩いていこうね。








+ + + + + + + + + + + + 

息子のどんぐり問題。
去年の12月からスタートして、まもなく1年になります。
最初の3ヶ月くらいは週1問ですね様子を見ていましたが、
ここ半年くらいは、コンスタントに週に2問解くことが習慣化。
1年前と比べると、
楽しむための絵ではなく、
徐々に 『考えるための絵』 を描くようになってきたことを、
最近しばしば感じるようになりました。

現時点で、解いた問題はまだ100問以下。
0Ⅿから2Ⅿまでを並行して取り組んでいるので、
0Ⅿ&1Ⅿ問題も、たくさん残っています。
でも、2年生の息子には、
パッと見で、答えが出せちゃう問題もあり・・・
年長&1年生問題の類題は、省いたほうがいいのかな~と、
少し迷っている今日この頃。

実際、1年ほどやってみて、
どんぐり問題、やっぱり良いなと感じています。
親としての信念や覚悟は必要だし、
学校とのバランスに悩むこともあるけれど・・・
tomが、自分の個性を、そのまま伸ばしていけるように、
私も肩の力を抜いて、
見守っていきたいなと思います。


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習






2018/11/05   どんぐり問題     1065TB 0   1065Com 2  

本物の学力ってなんだろう?『まずは親が知ろう 小学生の勉強体験会』






先日のこと。


ddnngg10.jpg

有休を頂いて、
岐阜のRARUKAさん主催のどんぐり茶話会、
『本物の学力ってなんだろう? まずは親が知ろう 小学生の勉強体験会』
に参加してきました。(*^_^*)


ddnngg11.jpg

まずは、子供が実際やってる宿題について。
実際に4年生の使う計算ドリル&漢字ドリルを、
制限時間を計って、よーいどん!







実際にやって見ると分かりますが、
黙々とドリルの問題を解くことは、
『学習』ではなく『作業』です。
やってるうちに感情が削られ、頭がボーッとしてきます。
『しんどかったー』という負の感情と、
与えられた作業をやりきった達成感はあるものの、
頭を使って考えてはいないことが多いです。
そして時間を決められてると尚更、
自分を機械化して、
只々『ノルマを達成する』ことだけが目的になりがち 。
基本的な計算力は大切だと思うけれど、
低学年の多感な年頃に、
単純作業をひたすら繰り返すこの学習方法で、
子供の学力って本当に上がるのかしら?



5色の色鉛筆

次に、
みんなでどんぐり問題をやってみます。

++++++++++++++++++++++++++
ボールのコロコロとゴロゴロは100cm競争で、
今日のお掃除当番を決める事にしました。
コロコロは10分で20cm、ゴロゴロは15分で25cm進みます。
どちらが何分早くゴールできるでしょう。
++++++++++++++++++++++++++

どんぐり問題なので、絵を描いて考えます。
問題は1回読んでもらっただけで、基本的に再読なし。
みなさん、それぞれが試行錯誤しながら、
自分なりの絵を描いて、答えを導き出しました。
出た答えは一緒だけど、
当然ながら、描いた絵にはそれぞれの個性と、
答えを導き出すための、思考の過程が表れます。







絵が描ける = わかる、理解できる
その絵を動かす = 考える








『考える力』 とはどういうことなのかを、
実際に体験してみます。
誰かのアドバイスや真似っこ、有形無形のヒントから脱却し、
自分なりのオリジナリティでもって、
答えまでの行程を楽しむ。
その試行錯誤の連続の中でこそ、
真の 『考える力』 が作られるというのですね。









実は、tomも以前に、
今回大人が解いたどんぐり問題の類題に、
チャレンジしたことがあります。


名称未設定 3

ノーヒントの7歳4ヶ月。
地道な作戦を取ることにしたようです。
コロコロは緑、ゴロゴロは紫と色分けをしたのは、彼なりの工夫♡
まだ掛け算の概念が無いので、
スタートの0から100までの数字を書いて、
本人なりにカウントしながら書き込んでいってたのですが、
途中で数え間違いをしちゃって、不正解。


ddnngg12.jpg

またしても類題。
これは先日、7歳7か月の時のもの。
この時も、一生懸命100まで描こうとして、やっぱり途中で混乱。
それを何度か繰り返してるうちに、

20+20+20+・・・
25+25+25+・・・

あ!
そっか!!
・・・となって、
答えが出たようです(笑)。










他人に教えられたやり方や考え方は、
tomは、本当にびっくりするほど、綺麗さっぱり忘れてしまいます。
自分なりの感情(発見や驚きや喜びetc) があってはじめて、
その思考が自分の中に、
しっかりと根付いていくように思えるのです。









計算力と思考力。
どちらが正で、どちらが悪というものでも、
どちらが要で、どちらが不要というものでもありません。









つまりはバランス。
我が子を見て、
我が子を取り巻く状況を見て、
取捨選択していくことこそが、
家庭学習のキモではないかと思うのです。









学校と、
子供の思いと、
いかに折り合いをつけていくか。
その調整役として、
母の果たす役目は、とても重要。
自分の気持ちだけで暴走したり、
逆に諦めたり放任することなく、
子供を見て、守っていくことこそ、母の役目。
責任重大だー(笑)。


ddnngg8.jpg

折しもこの日は、tomの学校の遠足日。
茶話会の主催者様からは、
良かったらお弁当持参で・・・とおっしゃっていただいていたので、
私も、息子とお揃いのお弁当を持参しました♪








小学校が目指す姿と宿題の現実、
みなさんのお子さんの現状や気になることなどを、
お弁当を囲みながら、話は尽きず
あっという間に、子供たちの帰宅の時間。


ddnngg9.jpg

ご一緒させていただいたみなさん、
たくさんの気付きを、ありがとうございました。
(お久しぶりのIさんとも嬉しい再会♪ありがとう!)






機会があれば、
またぜひ
色々お話しできたら嬉しいです。






+ + + + + + + + + + + + 

我が家の家庭学習に、
どんぐり倶楽部を取り入れたのが、去年の12月。
あと数ヶ月で1年となるのですが、
息子の様子や要望を取り入れつつ、試行錯誤の連続です。
理想の取り組み方はあれども、
我が子に合わせてカスタマイズするのは、当たり前。
枠や型に囚われすぎず、
目の前の子供の様子を見ながら、
工夫できるのも、お母さんだからこそ♪

これからもマイペースに
息子と頑張っていきま~す。(^^)v
この場を借りて、
こっそり決意表明です(笑)。


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習





2018/10/26   どんぐり問題     1064TB 0   1064Com 6  

7歳6ヶ月のどんぐり問題





夏休み後半は、沖縄へ。


ddong10.jpg

おたから帳の問題をやり終え、
長期旅行には、通常のどんぐり問題を持ってきました。
朝は6時半前に起きて、
お手伝いにお邪魔するまでの間に、
お部屋のベランダで、どんぐりタイムです♪







【2M×48】
ウンコロガシ組6人とフンコロガシ組8人が、ある時戦いました。
ウンコロガシは両手に2個ずつのウンコ、フンコロガシは両手に1個ずつのフンをもって戦います。
今、ウンコとフンを同時に投げ合うと、どちらが何個多く投げることができるでしょうか。

ddong1.jpg

『両手に〇個ずつ』 をちゃんと倍数でカウントできるかが肝!
・・・と思っていたら、
ウンコロガシとフンコロガシの取り違え(苦笑)。
ウンコロガシは青色、6人、両手にそれぞれ2個ずつ。
フンコロガシは赤色、8人、両手にそれぞれ1個ずつ。
ところか実際の絵では、
赤色のフンコロガシが4個(片手に2個ずつ)持っていますよね。
おたから帳行きを伝えたら、
本人キョトンとしてました(笑)。






【0M×43】
もぐらが もちつきを しています。よる おそくに しているので、ぺったん ぺったんと おとだけが します。 
3かい おとがしたら 1こ おもちができます。
いままでに 12かい おとがしました。 おもちは なんこ できているでしょう。

ddong2.jpg

これってもぐら?
帽子をかぶった男の子に見えるよー(笑)。
後から見直して、こっそりそんなことを思うのが、
私の密かなお楽しみ(笑)。
小さい頃から、杵と臼で餅つきしてきた経験は、
ちゃんと活きているようですね♪
ぺったんの音は丸で代用して、
3つずつ区切って答えを出しています。





【0M×01】
きょうは てんきが いいので、こうえんに さくらの はなを みにでかけました。
よくみると、さくらの はなには 5まいの はなびらが ついていました。
そこで、きょうは みんなで さくらのはなびらを かぞえることにしました。
けんたくんは さくらの はなを 2つ みつけたので、はなびらは 5まいと5まい で10まいに なりました。
では、4つみつけた なおみちゃんと、5つみつけた こうすけくんの さくらの はなびらのかずを くらべると
どちらが なんまい おおくもっているでしょう。

ddong3.jpg

何て独創的な桜の木なんでしょ。
花びらが5枚あること。
それぞれの子供の花の数と花びらの数など、
必要な部分はきちんと絵に落とし込めて、無事正解。






【2M×37】
バッタのピョンピョン、バサバサ、パサパサの3人が98円のサイダーを買うのにお金を出し合いましたが、
皆で62円にしかなりませんでした。足りない分は3人のお母さんが出してくれることになりました。
では、お母さんは一人何円を出すことになりますか。

ddong5.jpg

62円は、ピョンピョンが22円、バサバサとパサパサが20円ずつ出した模様。
『かあちゃん、かねだして。』『いいよ。』
『ありがとう』『はい*』って親子のやりとりがツボ。
夜中、ひとりで眺めていて噴きました。(^^;
ひっ算で求めた足りない36円は、3人の母で分割。
母たちの顔の横に、それぞれ12円ずつ描いて正解です。
数字をお金に見立て直すと、割り算もしやすいね♪







【0M×68】
おんぷうの せんぷうきが おおやすうりで 100えん でした。
ごんべえどんは さむがりだったので 4だいも かってしまいました。
ところが ことしのふゆは あったかいふゆになると いわれたので、ごんべえどんは せんぷうき2だい かえすことにしました。
かえすときには せんぷうきは 1だいにつき 10えん やすく なってしまいます。
では、2だいの せんぷうきを かえした ときに ごんべえどんは なんえん もらえるでしょう。

ddong6.jpg

『温風機、100円?安い~!』
と、大喜びの息子。
温風が出ることを、赤の色鉛筆で表現したようです。
右のページでは、2個返却する際に、
それぞれ10円ずつ引くことも明記。
ひとつずつひっ算で計算しながら、
こんがらがらずに、正解にたどり着きました。






【1M×40】
ダンゴムシさんたちが 3れつに ならんでいます。
1れつめは 7ひき、2れつめは 8ひき、3れつめは 6ひきです。
では、それぞれの れつで まえから 4ばんめと うしろから 6ばんめの あいだにいる
ダンゴムシさんたちだけの かずを あわせると、みんなで なんびきに なるでしょう。

ddong7.jpg

ダンゴムシは全部丸まっています。
こういう問題、結構苦手みたいだったんだけど、
いつの間にか、ひとつひとつ絵に描いて答えまで辿り着けるようになったなぁ。
今回は、
前から4番目と、後ろから6番目のダンゴムシを、オレンジで塗り、
その間のダンゴムシを、青で塗りました。
青のダンゴムシを全部足して、正解です。






【0M×18】
まいごの ありさんが、かなしくて なみだを おとしながら あるいています。
ありさんが 1ぽ あるくたびに なみだは 3つぶ おちてしまいます。
では、ありさんが 4ほ あるいたとき なみだは なんつぶ おちてしまうのでしょう。

ddong8.jpg

アリさんの、棒人間アレンジバージョン(笑)。
右上に、右前足を1歩前に出しながら3粒の涙を流すアリを描いて、
その下には、
涙の数と歩数を、表にして対比させました。
足のところに描かれた横線2本は、動く様子を表してるんだって。←漫画的?
掛け算でなく足し算の筆算を繰り返して、答えを出しています。
間も無く始まる九九への、
良い助走になってるなーと思います。






【1M×70】
5分で2枚のカードを作ることができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。カードの厚さは1枚3mmです。
では、このカード製造機が20枚のカードを作るには何分かかるでしょう。

ddong9.jpg

謎のカード製造機は、
コピー機のようなイメージだそうです。
厚さは3mmを、拡大鏡で大きくして見せています(笑)。
5分で2枚できるはずが、
厚みに心を奪われているうちに、すっかり抜けてしまったのねー。
1分で2枚と脳内変換してしまって、
見事にひっかかりました(笑)。








+ + + + + + + + + + + + + + 

ここ1週間ばかりは、運動会の練習が本格化して、
色々疲れが溜まっているみたいですね。σ(^_^;)
少しイラついていたり、
言葉遣いや思考がやや乱雑だったり、
朝の目覚めがスッキリしないことが多かったかな?
3連休でガス抜きできたようで、
今朝はご機嫌で挨拶しながら起きてきました。

子供と向かい合っていると、
日常的な小さな変化に気づかされることが、
ちょくちょくありますね。
どんぐりは、じっくりと考えねば解けない問題が多いだけに、
子供の精神状態やストレスの溜まり具合も、
結構如実に現れる気がします。
親としては、接し方のひとつの指針としても、
頼りにしています♡


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習




2018/09/18   どんぐり問題     1051TB 0   1051Com 6  

7歳4&5ヶ月のどんぐり問題 ☆おたから帳にも挑戦!☆









いよいよ、二学期がスタート!
長い長いと思っていた夏休みでしたが、
終ってみれば、本当にあっという間ですね~。








さて。
我が家が家庭学習として取り組んでいる 『どんぐり倶楽部』。
以前の記録アップ時から、随分空いてしまいましたが、
もちろん、ゆるゆると続けています。
今回は、7月初旬から夏休み突入までの通常問題と、
夏休みに入ってから全校登校日(8月22日)までの間に取り組んだ 『おたから帳』 分について
一気にアップしようと思います♪
ひとつの取り組み例として、ご参考までに見てくださいね。
















【1M×96】
今日は満開の桜の下で、お花見です。御馳走は超長うまか棒と超長まずか棒の柔煮です。
超長うまか棒は超長まずか棒の3倍の長さがあります。
みんなで午前中にうまか棒とまずか棒を丁度半分ずつたべたところ、残りの長さをあわせると200㎝でした。
では、超長うまか棒はもともと何㎝だったのでしょうか。

名称未設定 2

息子っち、3倍の概念がよくわかってなかった(笑)!
本当に理解できているのかどうかが
あぶりだされるのが、どんぐり問題の面白いところ♪
二学期からは、掛け算も始まるし、
もっと意識して、生活の中に算数要素を取り入れていこっと。








【0M×23】
ももいろの あおむしさんが こまっています。
じぶんのからだを よくみると あたまは くろくて おしりは みどりに なってきていたのです。
きのうは はっぱ1まいぶんだけ みどりだったのですがき ょう みると はっぱ2まいぶんが みどりになっています。
よる ねているときに いろが かわるようです。
では、あさってのあさには おしりは なんまいぶんが みどりいとに なっているでしょう。

dongnr1.jpg

だんだん緑化していくアオムシが、可愛い♪
こちらの問題、クロッキー帳の右半分は白紙です。








【1M×58】
ボールのコロコロとゴロゴロは100歩競争で、今日のお掃除当番を決める事にしました。
コロコロは10分で20歩、ゴロゴロは15分で25歩進みます。
どちらが何分早くゴールできるでしょう。

名称未設定 3

コロコロは緑、ゴロゴロは紫で。
スタートの0から100までの数字を書いて、チェックしていってたのですが、
途中で数え間違いをしちゃって、不正解。








【0M×56】
とびうおが すきな びっくりばこの なかには たまごが 4こはいっています。
そして、その たまごのなかには 3このひかるいしが はいっています。
では、びっくりばこのなかには なんこの ひかるいしがあるでしょう。

dongnr2.jpg

箱の中の卵、
その卵の中の光る石、ちゃんと描けています。
今回は珍しく、『計算式も書いていい?』 と言いながら、
足し算を書き足しました。








【1M×89】
今日は全校CD飛ばし大会の日です。50人が一緒に飛ばします。
上位3人の記録を合わせると、下位2人の合計の丁度3倍でした。5人の記録を合わせると640mになりました。
下位2人の差を20mとすると最下位は何mになりますか。

名称未設定 4

初めてのCD飛ばし問題。
上の線は、5人の合計飛距離。
640mのところに 『5人のきろく』 の文字。
下の線は、上位3人の飛距離の合計は、
下位2人の飛距離の合計の3倍であることを描きたかったみたい。
『どべ』 と 『どべより1うえ』 の差が、20mであることも描けたけど、
いかんせん、このあたりで頭の中がこんがらがったようで、
『続きにする~』 といいつつ、
後日 『やっぱりおたから帳に入れて』 と言われ、終了しました(笑)。








【0M×54】
ごはんと ごまの かずを かぞえてみると ごはんは ごまよりも 4つぶ多くて、 20つぶ でした。
では、ごはんと ごまを あわせると なんつぶに なるでしょう。

dongnr3.jpg

ゴマ、煎りゴマです(笑)。
香ばしそうだね~と言ったら、笑ってました♪








【0M×46】
りすの作ったくすりが、かぜに よくきくそうです。
いつもは 1つぶ20円ですが、今日は そのくすりが 2つぶで30円です。
6つぶ かうと、なん円になるでしょうか。

名称未設定 5

ここからは、おたから帳の問題。
以前に解いた問題で、間違えた問題のみをまとめたものを、
我が家では、『おたから帳』 と呼んでいます。
この問題を初めて解いたのは、今年の3月17日(7歳0ヶ月)の時。
その時は、問題の意味がよく理解できていなかったようですが、
今回は無事、正解にたどり着きました。






ただ、
当初は学童でと思っていた 『おかたら帳』 ですが、
想像上に気が散ってしまうみたい。
最初は左ページに描いてあるように、
数字の読み間違いをしていたのです。
その後、先生に問題を読み直してもらって間違いに気が付き、
右ページのように描き直したとのこと。
その過程がどういった状態だったかも、よく判らず・・・
やっぱり学童のような刺激の多い環境で、
自力読みして問題をやるのは、想像以上に負担な様に思います。
夫婦で話し合いまして、
学童には持っていかないことにしました。








【0M×84】
おとこのアリさんと おんなのアリさんが、2れつに ならんでいます。おんなのこが おおいようです。
れつのながさのちがいはにんで、おんなのこが 13にんだとすると、
みんなで なんにんいることになりますか。

dongnr4.jpg

以前に取り組んだのは、今年の1月28日。
答えにはたどり着きましたが、単位間違いで20ぴきと答え、
おたから帳に入れた問題でした。
今回は、ちゃんと20人で正解♪
ちなみに前回は、アリの体まで描いてましたが、
今回は顔のみでした(笑)。








【1M×21】
赤い花と 白い花が あります。合わせると みんなで8本あります。
また、赤い花は 白い花より 2本おおいです。
では、赤い花は なん本あるのでしょう。

名称未設定 6

前回(4月26日)は、
赤と白の 『差』 というものが表現できなかったtomですが、
類問をいくつかやったおかげか、
今回はさらっと正解♪








【1M×06】
今日は、ヒカルぴょん1ごうと 2ごうの たんじょうびです。
1ごうは、3本足ミミズ8ひきと 5本足オケラ3びきを もらい、
2ごうは、7本足メダカ3びきと 2本足ムカデ10ぴきを もらいました。
では、もらったペットの あしのかずのごうけいは、どちらがなん本 おおいでしょう。

名称未設定 7

前回解いたのが、3月31日。
この時は、ミミズやオケラ、メダカやムカデの絵が描けず、
足の数をきちんとカウントできませんでした。
今回は、生き物ごとに色分けして、足も描き入れ、
1号、2号それぞれの足の数をひっ算で足して、
その差も求めることができました。








【0M×17】
きんぎょさんは、いちにちに4このゆめを みることが できるそうです。
ありさんは、いちにちに3このゆめしか みることができません。
では 1しゅうかんでは、どちらがなんこおおく ゆめをみるでしょう。

名称未設定 8

今年の2月4日(6歳11ヶ月)でやった問題。
前回は、金魚の夢を4+4+4+・・・と計算、アリの夢も3+3+3+・・・と計算し、
差を求める時に間違えてしまっていました。
今回の考え方は、先に4‐3で差を求めておいて、
それを7日分まとめて答えを出しています。
絵自体も、見やすくわかりやすい工夫ができていました。








【1M×00】
ダンゴムシさんが 3れつに ならんでいます。1れつめは 7ひき、2れつめは8ひき、3れつめは6ぴきです。
では、それぞれのれつの まえから3ばんめと うしろから6ばんめの あいだにいる
ダンゴムシさんだけのかずを あわせると、みんなで なんびきに なるでしょう。

名称未設定 9

ダンゴムシの問題は、初回は4月4日に解きました。
この時は、前から〇番目ということを意識した絵が全く描けず、
本人も何のことやらさっぱりといった感じでした(笑)。
今回は、左のページで
見にくいながらもちゃんと正解にたどり着いていたのに、
判りやすく描き直そうとした右ページで、ミス(苦笑)。
母、余計な声掛けをしてしまいました。
猛省!!!








【1M×16】
ウンコが20こ やまになっています。
そこへ フンコロガシが 3びきやってきて それぞれ3こずつ うんこをもっていきます。
フンコロガシが 3びきぜんいん 2かいやってきて うんこを もっていくとすると、
なんこの ウンコが のこりますか。

名称未設定 9

3月3日にやった時には、絵を数え間違えて3個と答え、不正解。
今回は、フンコロガシをピンク、オレンジ、紫で色分けして、
無事正解にたどり着きました♪








【1M×28】
テントウムシしょうがっこうの 1ねんせい27にんが、あおぐみ・あおぐみ・みどりぐみの 3れつに ならんでいます。
あかぐみは あおぐみより 5にんおおくて、みどりぐみは あおぐみより ふたり すくないそうです。
では、あかぐみ あおぐみ みどりぐみの 3れつは、それぞれなんにんずつが ならんでいるのでしょうか。

名称未設定 10

前回は、1月2日(6歳9ヶ月)で挑戦しています。
3つのクラスの差を導き出すのに、四苦八苦していたのに、
今はすんなりできてしまうのだから、本当に不思議。
試行錯誤しながらコツコツと積み上げ、
それぞれの方法で表現していく子供の力には、
本当に驚かされます。







これからも、
マイペースに続けていけたらいいな。







+ + + + + + + + + + + + + + +

規則に縛られた学校生活から離れ、
有り余る時間を、本来の自分のペースで過ごすことのできる夏休み。
子供の成長にとって、
かけがえのない時間なんだと、
息子を見ていると、改めてしみじみ思います。

この夏をいっぱい楽しんだ思い出が、
新学期に向かう息子の
大いなる心の糧になりますように。


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習





2018/09/02   どんぐり問題     1046TB 0   1046Com 2  

7歳3ヶ月『どんぐりの良質な算数問題』が面白い♪






小学生のお子さんをお持ちのブロガーさん。
その記事を拝見すると、一番多いのがこのテーマ!
『家庭学習、勉強、中学受験』
うん、まぁわかる!
我が家も、人並みに気にしています(笑)。







とはいえ、
地域柄、中学受験は全く考えていない我が家。
今のところ家庭学習といえば、
学校の宿題と、
半年前から始めた 『どんぐり』 が基本です。
では、その『とんぐり』の問題がどんなものかと言いますと、
例えばこんなもの(笑)。







ーー<1M×24>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カメむしはなこさんと おおカマキリこさんは、おまつりで わたがしを 10こずつ かいました。
そして ジャンケンをしながら かえりました。
ジャンケンで かったひとは まけたひとから わたがしを 2こ もらえます。
ジャンケンは、 カメむしはなこさんが 2かいで、おおカマキリこさんが 3かい かちました。
いま、ふたりは わたがしを なんこずつ もっているでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3don8.jpg

左のページに最初の条件を描きました。
カメむしはなこさんが、10個。
おおカマキリこさんが、10個。
ところが綿菓子の大きさが適当過ぎて、
左のページで考えるための絵を描く時に、
数え間違いをしてしまったみたい(笑)。


3don9.jpg

本人、途中であれ?っと気が付いたようで、
3ページ目を要求。
ジャンケンを5回分して、わたがしを移動させていきます。
勝負の後に、
カメむしはなこさんとおおカマキリこさんが、
お互いの健闘を称えあって握手をしているのが、母的にツボ♪






ところで、
答えに描いた大カマキリの絵に色を塗りながら、
ふっと気が付いた模様。


3don10.jpg

そう!
大カマキリのつもりで、
今までずっと、オオクワガタを描いていたってことに。
本人もテレ笑いしながら、
図鑑を取り出して、こんなものを描き足していました(笑)。


3don11.jpg

そんなこんなで、
思いがけず、最長記録に・・・。
なかなかおもしろかったです♪








ーー<0M×45>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おほしさま1こと えんぴつ5ほんを こうかんしてくれる おみせがあります。
えんぴつを15ほん もっていくと おほしさまは なんこもらえますか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3ddon7.jpg

左上に条件を描いてから、
鉛筆を5本ずつ並べて絵にしました。
それに対応するように★を3つ。
最近、一筆書きでの★の書き方を覚えたらしく、
3つ目がうまく書けなかったのを何度か描きなおしています。
答えはぐるっと絵を取り囲むように書いて・・・
自分でも見にくいことに気が付いて、右上に書き直しました。








ーー<0M×08>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
かぜのうたが きこえてきます。かぜのうたは 1にちに 3かい きくことができます。
きのうまでに 9かい きいています。
では、きょうは かぜのうたを ききはじめてから なんにちめ でしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3ddon6.jpg

普段筆圧が強いtomですが、
風の歌は、ゆる~り♪ふわ~り♪
判りやすいように、
左ページに時系列でまとめようとしたみたい。








ーー<1M0×2>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あかいチューリップと しろいチューリップがあります。
あかは しろより 3ぼん おおいです。あかは ぜんぶで 5ほんです。
では、あかと しろを あわせたかずは なんぼんに なるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3ddon5.jpg

元気のよいチューリップだこと(笑)。
左のページを見ると、
最近、tomがよく書く表が今回も書かれています。
いつの間にか、自分なりに工夫して
分かりやすく描こうという意識が働いているのを感じます。








ーー<0M×87>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハムたろうが チューすけのいえまで いくのに40ぷん かかります。
きょう、ハムたろうは まんがのほんを かりに 
チューすけのいえに ごご1じ10ぷんにつくように いえを でる つもりです。
ハムたろうは なんじなんぷん まえに じぶんの うえを でれば いいでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3ddon4.jpg

うーん。
これは以前私がやった6M問題のやり方に影響を受けたのが、
感じられる絵になっちゃいました。
子供って、見てないようでよく見てる(苦笑)。
息子なりの工夫は、
時計を描いて、実際に針を動かして時間を戻してます♪
答えの時計の数字位置が、
ちょっとずれちゃったのは、ご愛敬ですね(笑)。








ーー<0M×77>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はむちゃんが ひまわりのたねを 6こ ほおぶくろに いれてから 2こだして、
また、3こ ほおぶくろにいれました。
いま、はむちゃんのほおぶくろには、なんこの ひまわりのたねが はいっているでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3ddon3.jpg

はむちゃん(笑)。
ハムスターかと思いきや、tomの絵は『くま』!!
左のページで、はむちゃんの頬っぺに描いて答えを出して、
右ページには、表を作って再度答えを出しています。








ーー<0M×73>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あひるの があこさんは まいあさ コップ2はいのみずを のみます。
きのうと きょうで のんだみずを あわせると コップなんばいに なりますか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3ddon2.jpg

とっても勢いよく、池の青色を塗り込んでいたtom。
があこさんは女の子なので、
お目目ぱっちりアイメークに、
耳にはピアスが揺れています(笑)。
池からすくったお水の入ったコップを、表にして答えを出しました。








ーー<0M7×2>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ありんこの りんこちゃんが たびにでました。とてもとても とおい たびです。
りんこちゃんは とちゅうで さびしくなって なきだしてしまいました。
なみだが 一つ 二つと おちてきて、ついには おおきなおおきな いけが できました。
そこで りんこちゃんは、そのいけを わたってみることにしました。
すると 8ほで わたることができました。
なみだが 3こで 2ほぶんの いけが できるとすると
りんこちゃんが ながした なみだは なんこ だったのでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3ddon1.jpg

左のページには、ゴールを目指して旅に出るりんこちゃんが♪
右ページの上段には、
りんこちゃんの涙で出来た池と、カラフルな橋が架かっています。
その下に、表があって、
上から りんこ・(歩数は)何歩・(涙は)何個 の表示。
こうしてみると、何となく掛け算のイメージを持たせているのですね。








ーー<2M×08>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バッタのバタバタは、お誕生日にずっとほしかったジェットエンジン付きのスケートボードを
博士に作ってもらいました。
このスケボーは一回の燃料補給で8cm進めます。
では、72cm先の学校へ行くには走り出してから何回燃料補給が必要でしょうか。
出発前に一回分の燃料が入っていることにします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3don8_201806260706580ba.jpg

思うところあって、初めての2M。
キッズバイクでエコ耐久レースを楽しんでいるtomなので、
燃料の給油や燃費のことは、理解できているだろうと見込んで挑戦です。
スノボーは、よくわからないみたいだけど、
工場の中で博士が何やらそれらしく作っている〜(笑)。
きっちり定規を当てて、8cmの線を取り敢えず8本引きました。
(最近、授業で物差しを使った単位を学習しているもんね。)
8cmを何回足したら72cmになるのか、足し算で求めていくようです。








その時、8を8回足すのではなく、
8+8=16
16+16=32
32+32=64と、
倍々計算していったみたい。
最後に64に8を足して、72になることを確認してから、
もう1本8cmの線を書き足しました。
ここで母の通し読みで、
『出発前に1回目の燃料が入っている』を確認して
初回をカウントから外し、出した答えが8回。
正解です。








子供の興味あること、
言葉への理解度、
思考の流れなどに気がつけるのも、
絵に描くメリットですね。
算数は大好きだという息子っち。
これからも一緒に楽しんでいけるといいね♪





+ + + + + + + + + + + + 

最初の頃と見比べて見るも、
半年と言えども、息子の絵も随分変わってきました。
そんな中でも、
息子らしい『ぷっ』と笑いたくなるような何かを発見すると、
サプライズのプレゼントを貰ったみたいで、
とっても幸せな気持ちになります。

じっくり考えたり、試行錯誤することも大事だと思うので、
ぼちぼち大きな数を扱った問題や、
じっくり考えなくては解けない問題も、
tomの様子を見ながら勧めてみようかしら?
もしかしたら、息子の新しい一面が、
もっと見えてくるかもしれないし♪

初めての2M問題を見ながら、
ふとそんなことを思う、この頃なのでした。


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習


2018/06/26   どんぐり問題     1017TB 0   1017Com 2  

夏休み『おタカラ帳』の準備






ついに東海地方でも
梅雨入りしました。






もう1ヶ月半もすれば、夏休みなんですね。
休み中の学童、子供会のイベント、家族旅行の申し込みなども
順番に済ませ、ほっと一安心♪







だいたいのスケジュールが決まると、
次に気になるのは、夏休みの間の学習について。







我が家は学童っ子なので、
基本、学童で宿題や学習をすることになります。
学童に持たせるなら、
ワークやプリントがお手軽なのですが、
今年の夏は、ぜひどんぐり問題をやって貰いたいな~と思っているので、
そのための準備をしなくちゃね♪


3don1.jpg

学童の先生は、きっとご存じないだろうから、
表紙に大きくルールを表示(笑)。
先生を独占して読んでもらうのは難しいだろうから、
息子が自分で読んで
一文ずつ絵におこしやすいように行替えをするなど、
我が家なりのアレンジも加えました。
これを1日1問、解いて貰おうかしら?
色々検討中です♪






もうひとつのおタカラ帳は、
こちら。



3don12.jpg

主に、学校のテストやプリントなどの
間違えた問題を切り抜いて貼っています。


4don5.jpg

『チョキ、チョキ、チョッキン♪』






算数と国語。
別々のノートに間違った問題だけを貼っていきます。
ちなみに、
合ってた問題については、さらっと目を通し、
息子の了解を取ったら、そのまま処分。
こっちのおタカラ帳は
この春から作り始めたばかりですが、
地道に作って、2年生終了時にまとめて見直せるといいかな♪


4don4.jpg

お友達との時間が増えつつある最近ですが、
和室での積み木&模擬レースも健在(笑)。
楽しそうな毎日で、
何よりです♪





+ + + + + + + + + + + +

この1週間、オットが中国へ出張しており、
家の中がバタバタ
ちょうどtomの学校の親子参観があったり、
私の携帯電話が水没してしまったり、
職場でも早急に対応を迫られる案件が生じたり・・・

心に余裕がなくて、
息子への口調がキツくなることも多かったなぁと
色々反省の多い1週間でした。

少し気持ちをリセットしなくては。
今夜にはオットも帰宅するし、
明日は、男同士でお出かけする予定ということなので、
久しぶりにのんびりしようと思います。


にほんブログ村テーマ 小学生お勉強のこと 宿題・家庭学習へ
小学生お勉強のこと 宿題・家庭学習

夏休みはどう過ごす?


明日のためにできるシンプルなこと


積み木


2018/06/08   どんぐり問題     1013TB 0   1013Com 0  

7歳2ヶ月のどんぐり問題







我が家では、
家庭学習で、どんぐりの算数問題を利用しています。


2don3.jpg

週に2問ほどを、
息子は年長~小1レベルの問題を、
母は向かいで、小6の問題を解いています。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルマン クロッキー帳 白クロッキー紙 ブルー SL-02
価格:454円(税込、送料別) (2018/5/29時点)



使っているのは、こちらのスケッチブック。
紙質は、わら半紙を少し上質にしたような薄さですが、1冊で100枚。
気兼ねなくたっぷり使えるのは、とってもありがたい♪





2don4.jpg

tomは、一番大きなSLサイズというのを使っています。
問題を解いてて、スペースが足りなくなると、
こんなふうにページを足して・・・


2don9.jpg

スペース増量(笑)!!
時系列に沿って、
絵を描き直し、書き直しして
答えにたどり着きました。


3don2.jpg

大好きなフンコロガシの問題。
『棒人間で描いていい?』と言われたので
『いいよー』と言いました。
ついでにウンコも丸にしたそうです(笑)。

問題自体は、
左側に絵を描いて答えを出したんだけど、
『小さい子にも判りやすいように』 と言って、
説明用の図を右のページに描きなおしていました。
こんな工夫ができるようになってきたんだな~と、
母的には、ちょっと嬉しい♪


3don3.jpg

少し前まで結構ひっかかっていた
「~より○○個少ない」 の絵図での表し方も、
自分なりに工夫して、描くように。
赤い花は、花自体に数字を書き入れてカウント、
白い花には、白自体のカウントをしつつ、
赤からの通し番号もふって、数え間違いを防いでいます。


3don4.jpg

学校が舞台になった問題は、
彼の日常生活や、友達とのやり取りがほの見えて、
思わずにんまり(笑)。
『お尻体操するよー』と声を掛けて
クラス女子から『へんたい』とか『えっち』と言われています。
まったくもう、低学年男児ってやつは!


3don5.jpg

電線ガメの問題。
母、思い切り問題を読み間違えてしまいました。

◯『3本の電線にとまっている、すべての電線ガメの数と』
× 『3本目の電線にとまっている、すべての電線ガメの数と』

不正解!
息子っち、ごめんよー。σ^_^;
いやでも、それ以外でも勘違いがあるのよね。
次回、類題で気がつけるといいね。


3don6.jpg

でもって、フンコロガシ再び!
これは色塗りで区分けをしてるところが、
息子なりの工夫かな?





こんな感じの我が家の取り組み。
これからも、マイペースに続けていけたらいいな♪





+ + + + + + + + + + + + +

先日、どんぐり倶楽部の茶話会にお邪魔してきました。

今回は主催者さんのご提案で、
他のお子さんのと、
同じ問題で描いた絵を見比べてみました。
筆圧や色鉛筆の濃さ、文字や絵の大きさにも、
その子の個性やその時の状態が、
結構わかりやすく出るものですね〜。
今気になるもの、興味のあるものも絵の中に表現されるし、
算数的思考の跡も残るので、
どこで躓いてるのかも、わかりやすい♡

客観的な視点で見る機会を持つというのも、
ホント勉強になりますネ♪


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習




2018/05/30   どんぐり問題     1009TB 0   1009Com 4  

7歳1ヶ月のどんぐり問題 ☆スタートから半年経過☆






『オハヨーゴザイマス』


2don1.jpg

どんぐり問題をやり始めてから、半年ほどが過ぎました。
当初は、週1回のペースでしたが、
2年生になってからは、週2回に♪







tomは年長(0m) & 小一(1m) の中から、
私は小六(6m) の中から、
取り組む問題を、それぞれチョイス♪
朝食後の時間を利用して、差し向かいで解きます。


2don14.jpg

赤いお魚と、青いお魚の問題。
春の沖縄旅行直後だったからか、
魚が『オジサン』になっている〜(笑)。


ojisan.jpg

tomも魚にヒゲを描きながら、
『またオジサンの刺身が食べたい〜』と
呟いてました(苦笑)。



2don17.jpg

タイヤの数の問題。
おじいちゃん、お父さん、お母さんと
図化して考えることが始まりました。


2don13.jpg

太陽と雷の追いかけっこの問題。
それぞれ地球のまわりをぐるぐると回るのだけど、
一筆描きではさすがに分かりにくかったようで、
棒線で回数を再表記(笑)。
前回&今回と・・・2連続で色鉛筆は使わず。^_^;


2don11.jpg

---------------------------------------------------
水色の絵の具を1本使うのに、画用紙を6枚使います。
今日は水色の絵の具を4本使っていいそうです。
水色の絵の具を全部使ってしまった時、
何枚の画用紙を使うことになるでしょう?
---------------------------------------------------

掛け算の概念が、見え隠れ。
計算式という手段を得る前に、
日常生活の中で実際に物を動かしてみたり、
こうして絵に描いて考えることは、
とても良いなと思います。








今まで
問題の条件から過程~答えまでを、
ひとつの絵の中に、すべて描こうとしていたtom。
2年生になったあたりから、
問題の条件的な要素を描いた絵は別に、
思考するための絵を描くようになってきたのが、見て取れます。


2don12.jpg

これなんかも、その変形かな?
36粒のぶどうを、2分割する問題なのですが、
問題を聞いて、最初の条件に左側描いた後、
右側に描きなおして、考えています。
ちなみに、左のページの大きな丸(ぶどう)は、
辻褄が合うように、後から書き足した分です。 (^-^;


2don15.jpg

だんごまるおくんの問題。
母として、突っ込みたいのを必死にこらえたのは、以下の2点。

★『おか(あ)さん』 と 『おば(あ)さん』 、どっちも 『あ』 が抜けてるよ~!!!★
★お父さんよりお母さんが大きいのは、何故~?★

1つ目については、生活の中で要確認!!
2つ目については、母、早速ダイエットを決意しましたとも(爆)!!!



2don16.jpg

----------------------------------------------------
赤い花と白い花があります。合わせるとみんなで8本あります。
また、赤い花は白い花より2本多いです。
では、赤い花は何本あるでしょう?
----------------------------------------------------

この問題の息子っちの、考え方にびっくり!
8本を4本ずつに分けて、
そのうちの白い花2本を赤く塗って、
答えを6本と出してきたのです~。 (@@)







そういえば、
『~より〇個少ない』 という文章の出てくる別の問題で、
同じように、AからBへ〇個移動させてしまって、間違えてたっけ。
改めて、生活の中で
意識的に経験する機会を作ってみよう!


2don10.jpg

フンコロガシ問題、やっぱり大好き!
おシモのネタは、
小学生男児の心を、鷲掴みです(笑)。
答えの書き方も、
単位を含め、最近すごく意識して書くようになってきたなぁ。







息子の頭の中を覗いているみたいで、
なかなか面白いどんぐり問題♪
これが、絵を描く醍醐味ってものでしょうか。


2don2_20180511223647fb0.jpg

年長問題と小一問題が、まだたくさん残っているので、
マイペースに1問ずつ、
解いていけたらいいな♪






+ + + + + + + + + + + + + +

どんぐりの問題とか、基本的な考え方は、
とても良いと思うのですが、
『~ねばならない』 と 『他批判』 が悪目立ちして、
引いちゃう人も多いだろうな・・・というのもまた正直な感想。

どんぐり寺子屋 のびのびるーむ』 さんは、
深い理解の上に、バランス感覚に優れた良識あるお考えをお持ちなので、
私のような初心者には、とても頼りになる存在♪
茶話会にも参加させていただき、
色々なアドバイスをいただくのを、心強く思っています。

どんぐり問題に興味を持ちつつ、
二の足を踏んでる方がいらっしゃったら、
ぜひ覗いてみてくださいネ。
個人的にとてもオススメです。


にほんブログ村テーマ 小学生 小学校2年生の家庭学習へ
小学生 小学校2年生の家庭学習

読解力と学力問題


「考える力」を育てるどんぐり倶楽部


リビングのデスク・リビング学習





2018/05/13   どんぐり問題     1007TB 0   1007Com 4  

どんぐりオフ会に参加♪





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
海と空の会話の中で、
どっちが青いか話しました。
海は、自分は信号機の青を6個つけたぶんくらい青いと言いました。
空は、自分は海くんの青さの半分の青さだと言いました。
それでは、二人の青さを合わせると、
どのくらいの青さになると思いますか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


D-M2.jpg

っていう問題に、
一生懸命水色と青色を重ね塗りしながら、
どうやって答えを出そうか、試行錯誤している様子が、
なんともツボ(笑)。


D-M3.jpg

息子が取り組んでいるのは、
毎週末のどんぐり問題、
親子で一緒に、ゆるゆると継続中です。


D-M1.jpg

スペースが足りなくなって、
紙を貼り足したのも初めて(笑)。


D-M5.jpg

母は思わず、
『算数の問題だよ~。』
なんて余計な声掛けをしてしまったけど、
息子の試行錯誤こそ、大事にしなくちゃですね。







・・・と、
そんなことに気が付けたのは、
実は、どんぐりママさんとの楽しい茶話会のおかげ。


D-M9.jpg

どんぐり寺小屋 のびのびるーむのサイトーさん主催の茶話会に、
息子のどんぐりノート持参で、
初参加させていただきました♪


D-M8.jpg

どんぐり問題を初めて、早2か月。
週に1問のペースで、楽しく出来ていると思っていますが、
実際にやり始めてみると、
『あれ?これってどうしたらいいの?』
『こういう時、どんなふうに声かけたらいいのかな?』
なんて、迷うことも度々・・・。


D-M7.jpg

色々親身になって話を聞いていただき、
実際の息子の絵を見ながら、
たくさんのアドバイスをいただいて、
モヤモヤが少し吹っ切れたかな♪


D-M6.jpg

美味しいおやつとお茶をお供に、
1学年上の男の子のお母さん方とも、お話が弾み・・・
お子さんたちのどんぐりノートも見せていただいて、
そのお子さんの今の興味の対象とか、
性質や個性、
ゆっくりと考えた跡が見れたり・・・と、
参考になることがとても多かったです。


D-M4.jpg

家庭では、
まずは楽しむことを最優先に♪







これからもマイペースでやっていけるといいなと、
心から思えたオフ会なのでした。
ご一緒させて頂いた皆さんに、感謝♡





+ + + + + + + + + + + + 

1年生も後少し。
今日も学校で『6年生を送る会』があったとかで、
息子も張り切って登校していきました。

1年生の出し物は歌。
tomは、号令の声がけを任されていたんだって。
保護者の見学もOKだったんだけど、
今日は生憎夫婦揃って仕事が休めず・・・。
『tomくん、大活躍だったよー。』と、
先程お風呂の中で、自画自讃の報告を受けました(笑)。

実は息子には憧れのお兄ちゃん的な6年生がいて、
縦割り遊び班が一緒などで、
いつも色んな刺激を貰っているようです。
運動会では応援団長もされたとかで、
息子はかなりその子に傾倒しているみたい。
今回のお別れ会では、
そのお兄ちゃんの名前を呼ぶ係でもあったそうで、
息子なりに思い入れがあったんだろうなぁ。

卒業して会えなくなるのは寂しいけれど、
その憧れと感謝の気持ちを、
自分なりに伝えられて、
本当に良かったね。

新しい出会いと別れが、
子供たちの成長の糧になりますように♡


にほんブログ村テーマ 自分で考え行動する子供に育てるへ
自分で考え行動する子供に育てる

小学生の家庭学習


知識と実体験をリンクする♪





2018/02/22   どんぐり問題     978TB 0   978Com 2