FC2ブログ

one's an ★☆美ら里日記☆★ vol.2

2016-07-の記事一覧

沖縄7泊8日⑥ 【雨の沖縄、どう過ごす?】




海洋博公園内には、
美ら海水族館の他にも、楽しい施設がたくさんあります。


netaid1.jpg

こちらも、そのうちのひとつ♪
『熱帯ドリームセンター』


名称未設定 1

週末にやってらっしゃる 『フラワーガイドツアー』。
ファミリー1組に、マンツーマンでガイドさんが付いてくださって、
30分ほどかけて、色々な解説を聞きながら、
見学することが出来ます。


netaid7.jpg

こちらが疑問に思ったことは、
その場ですぐお尋ね出来るし、
子供のペースに合わせて、進んでいただけるし・・・



毎回、旅行中に1度はお邪魔しているの割に、
知らずに通り過ぎていたことの、なんて多いこと!!
特に、kooが大絶賛でした。


netaid2.jpg

バニラがラン科の植物だって、
初めて知ったよ~♪
この香りを嗅ぐと、
思わずアイスクリームが食べたくなるよね(笑)。


netaid3.jpg

『キュートにキメて、媚まくれ
by
ペンギンズ in マダガスカル




息子のペンギンズ熱、
まだまだ健在です。


名称未設定 3

さて、
そんなガイドさんが、最後に案内してくださったのが、
こちら。


netaid4.jpg

おっきいでしょ~。
バオバブという名前の木だそうです。


baobab-avenue_4.jpg

マダガスカルに生息している巨大木だそうで、
大きなものになると、
中を、お店や居住スペースとして利用することもあるのだとか。




ん?
この木、最近何かで見たなぁ・・・
と、記憶を辿ってみれば、
先日、家族で見たこちらのDVDに、出てきていたのでした。



映画マダガスカル
映画 『マダガスカル』



確かに、マダガスカルだしね(笑)。
でもって、
tomがハマっている 『ペンギンズ in マダガスカル』 は、
こちらの 『マダガスカル』 の
スピンオフTVシリーズなんですよ~。
現在、ディズニーチャンネルで、放映中♪
我が家も、がっつり録画して観ています(笑)。




そんな、バオバブの木。
本好きな方なら、『星の王子さま』 の
こちらのシーン(↓)でお馴染みかも。


baobab1.jpg

油断しているうちに、
星を覆い尽くしてしまう、3本のバオバブの木。
とても印象的な部分ですよね。




星の王子様
ポップアップ絵本 星の王子さま



半年ほど前に、
kooから 『楽天のポイントがあるから、欲しいものがあったら買っていいよ』 と言われ、
その勢いのままに、思い切って購入したポップアップ絵本♪
とっても、可愛らしくて、
それでいて深く、素敵な1冊。
いつか、tomと一緒に読むのが楽しみです。


名称未設定 2

さて。
ガイドさんとお別れした後は、
池の鯉たちに、餌やりしたり・・・


netaid5.jpg

カフェに入って、休憩したり♪



ガイドツアーのアンケート用紙を頂いてたので、
3人それぞれに感想を書きました。
tomは、バオバブの木のところで、
ガイドさんとカマキリを捕まえたのが、とても印象的だったらしく、
そのことを一生懸命、文章にしていました。


netaid6.jpg

このカフェ、人も少なく、
時間を気にせずにゆったり寛げて、すごくいい♪


名称未設定 4

お天気はイマイチでしたが、
その分、のんびりできて、
家族みんなが大満足の1日になりました。






+ + + + + + + + + + + + + + + 

本日、ワタクシ誕生日です♡
tomの熱烈なおねだりにより、
ちょっと過酷な誕生日になりそうな予感に、ドキドキ(笑)。
熱中症に十分に気をつけなくちゃ。^_−☆
みなさんも、良い週末をお過ごしくださいネ。


にほんブログ村テーマ 自然に魅せられるブログへ
自然に魅せられるブログ

雨の日の過ごしかた


子供とおでかけ♪


スポンサーサイト

2016/07/30   okinawa     734TB 0   734Com 2  

父子は外遊び、母は家仕事

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016/07/28   アウトドア    

沖縄7泊8日⑤ 【ゆんたくイルカツアー】





オキゴンドウのゴンちゃん♡


irukasyo8.jpg

海洋博公園内にある
オキちゃん劇場の、人気者。


名称未設定 3

こちらのイルカショー(何と無料)は、
tomの大好きなもののひとつで、
美ら海水族館見学の前後には、必ず訪れます(笑)。




今回は、
そんなイルカたちの日常を垣間見ようと、
バックヤードツアーに申し込みました♡


irukasyo1.jpg

この時期、
美ら海水族館周辺の施設でも、色んなイベントが開催されていますが、
大抵『小学生以上』というのが条件にあり、
なかなか切ないところ。
なので、こちらのイベントは
本当にありがたかったです♪


irukasyo4.jpg

会場となるイルカラグーンのプールは、
ただいま、清掃の真っ最中!
ちょうどこの本に出てくるのと、同じ(笑)!



350_Ehon_103184.jpg
しぜんにタッチ!ぴっかぴかすいぞくかん



沖縄の海洋博公園内にある、こちらのイルカのプール。
結構頻繁に、プールの水を全て抜ききって、
大掃除をするんだそうです。
その時、イルカたちは、
水のないプールの底でそのまま待機。
鼻で呼吸する動物だから出来ることですよね(笑)。




同時に、
水の給水や排水が、
不自由なく出来る設備と環境が、整っていることも大事。


IRUKASYO2.jpg

このイルカプールの地下には、
このような太い給水&排水のポンプが巡らされていて、
目の前の海の海水と、容易に入れ替えが出来ます。




水温、水質などのために、
はるか遠方から海水を運んでくる必要のある水族館も多い中、
このような設備が機能するのも、
沖縄沿海の恵まれた水質と、
それを豊富に使える環境があってこそ。


irukasyo3.jpg

イルカを運ぶ担架も、見せていただきました。
胸ビレ用の穴が空いてるのが、ユニーク。
イルカショーのための小道具も、
スタッフの方達で手作りされることも多いらしく、
親しみが持てます♡


名称未設定 1

食品庫&調整室も、見学。
一番奥の冷凍室は、マイナス20度だってー。
ううう、寒い寒い(笑)。
数種類の魚を、
食べるタイミングや量など、個体ごとに細かく決めてあって、
しっかり健康管理されているのが、伝わってきます。


名称未設定 2

ショーの舞台となる、
『オキちゃん劇場』のプールサイドへ♡
おたがいの信頼関係作りのために・・・
そして、
技の練習の積み重ねのために・・・
食事を兼ねたコミュニケーションタイムを、すぐ間近で見学♪





イルカもわんこも、一緒だよね(笑)。
その昔、我が家の愛犬のちゅらとも、
こんな濃密な時間を過ごしたなぁ・・・。


irukasyo7.jpg

動物と、コミュニケーションが取れるって、
とても楽しい&嬉しいこと。
イルカたちの愛らしさと賢さに、
とても癒されたひと時でした。


IRUKASYO5.jpg

と、言うわけで、
改めてイルカショー(笑)!!!


irukasyo6.jpg

先入観なく見るのも楽しい。
でも、
親近感を持って見ると、
もっと楽しい♡







+ + + + + + + + + + + + + + + 

見て
知って
触れて
経験するって
やっぱりすごく心に響きますね〜。
子供には子供なりの世界観や感じ方があると思うので、
一緒に楽しみながらも、
その感性を、大事にしてあげたいな。


にほんブログ村テーマ 知識と実体験をリンクする♪へ
知識と実体験をリンクする♪

水族館、アクアリウム


子供と一緒にしたいこと!


2016/07/26   okinawa     731TB 0   731Com 0  

個人懇談

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016/07/24   保育園    

沖縄7泊8日④ 【カヤックで訪ねるパワースポット】





沖縄滞在中、
シーカヤックで、3回出撃しました(笑)。


okisea12.jpg

我が家の愛艇ボイジャーよりも、
さらに安定感の高いシットオンタイプのカヤック。
温かい南の海ならでは・・・ですね♪




慣れない海を漕ぐ時は、
潮の流れや、潮の満ち引きなどの影響も考えて、
現地の海をよく知ってらっしゃる方に、同行してもらうのが安心。
我が家もお宿のオーナーさんとご一緒させて頂きます。


okisea6.jpg

張り切り息子は、
水着に着替えるが早いか、
部屋を飛び出して行って、準備のお手伝い(笑)。


okisea7.jpg

現地へも、
おじちゃんの軽トラに同乗し、
車から降ろしたカヤックにシートを装着したり、水メガネを乗せたり、
やる気満々なのです(笑)。


okisea1.jpg

もちろん、愛犬のちゅらも♡
お宿でお留守番してる時は、
ひっそり気配を消しているらしいのですが、
水辺に来ると、
途端にイキイキ&ソワソワ。




カヤック初日は、
備瀬の隠れた聖地『ワルミ』を目指します。
途中、tomの希望で浜に立ち寄り・・・


名称未設定 1

たくさんのヤドカリを捕まえます。
こういった岩の陰に、
大きなヤドカリが・・・体が紫のやつ・・・が、
うじゃうじゃいます(笑)。
カタツムリの殻をおうちにしてるヤドカリもいたりして、
その可愛らしいしぐさに癒されます。


名称未設定 2

途中で、タコクラゲを引き揚げました。
猛毒のあるハブクラゲなどとは違い、
刺されても害があまりないタイプで、
tomの遊び相手に、ちょうどいい感じですね(笑)。


okisea4.jpg

そうこうしているうちに、
到着!!
わぁ、素敵♡


okisea2.jpg

せっかくの聖地も、
父子にかかると、
ちょっとお笑いテイスト(苦笑)。




この岩にはコインやお守りが、
たくさん置いてありました。


okisea3.jpg

2WDと4WDの兄弟達は、
お互いをリードで繋いで、
一緒にプカプカ。
はしゃぎ過ぎたtom、
4WDの兄貴を引っ張り回し、
何度か教育的指導が入ります。




悪いことばっかりする子は・・・


okisea5.jpg

どっぼーーーん!!!




いやそれ、
逆に喜んでるよ。σ(^_^;)


okisea13.jpg

去年から引き続きのブーム。
ちゅらのリードで、
自分の浮き輪とおじちゃんのカヤックを繋いで、
引っ張ってもらいます(笑)。


okisea11.jpg

水中からカヤックへ
自力でよじ登るのはまだ難しいので、
引き揚げてもらって、
それがまた楽しくて・・・ウハウハ♡


名称未設定 3

この日以外にも、
逆の浜へテトラポットの脇を漕ぎ進んだり、
(テトラポットで、おじちゃんとtomで.カヤックから釣り糸を垂らしたり)
地元の方しか来ない綺麗な浜からエントリーして、
熱帯魚を眺めながらシューノーケルをしたり♡


okisea9.jpg

ちゅらも、ここぞとばかりに泳いでは、
砂浜でゴロゴロと転がって、
汚犬になってました(笑)。


okisea8.jpg

やっぱり
美ら海、最高♡


okisea10.jpg

お宿に戻ってシャワーを浴びたら、
もう待ちきれないように、
『おじちゃんを手伝ってくるわー♪』と、
意気揚々と飛び出していく息子。
ホースの水は、カヤックだけでなく、
息子もおじちゃんも丸洗いしちゃったようで・・・
本当にもう、すみません。…>_<…


名称未設定 4

お昼は、沖縄そば。
優しい味付けが、子供にも食べやすく、
ありがたい。
ちょっと遅めのお昼ご飯を、
みんなでのんびりと楽しむ日々なのでした。






+ + + + + + + + + + + + + + + 

やっぱり海いいね♡
海なし県民にとっては、
大いなる癒し、
大いなる憧れ♪


にほんブログ村テーマ 子供と一緒にしたいこと!へ
子供と一緒にしたいこと!

自然と遊ぶ


ワンコと一緒にアウトドア

2016/07/22   okinawa     733TB 0   733Com 6  

沖縄7泊8日③ 【海釣りにハマった息子】




沖縄旅行で、
我が家のオトコたちが、
新たにハマったこと。


umituri10.jpg

それは、
『釣り』。



台風1号で海が荒れてた初日。
泳ぐのもカヤックも、ちょっと危ないよね~。
・・・ということで、
急遽、海釣りに連れて行っていただくことになったのです。



『やる。やりたい!絶対やる!!』
と、ノリノリのtom。


名称未設定 1

釣り初心者の両親には、さっさと見切りをつけたtom。
頼りになるオーナーさんの周りを、ウロチョロウロチョロ。
一緒に餌を買に行って、
道具の準備を手伝って(?)、
一連の流れを教えていただきつつ、自分用の竿を垂れます。
釣れんけどね~。


umituri9.jpg

おじちゃんの釣った魚を、
『お刺身で食べたい』 とリクエストして、
さばいている様子を、ちゃっかり観察。


umituri7.jpg

頂いたお刺身と、ピカタ。
ウマウマです♪



いいなぁ。
パッと釣って、
パパっと捌ける・・・って。
その腕に憧れる~!



で!
やっぱりというか・・・
案の定というか・・・
tomが、ハマりました。
(息子の陰に隠れて、こっそりkooもハマっていたらしい。)



翌日。
ふたたび。


名称未設定 2

昨日、おじちゃんに教えて貰ったし、
傍で見てたし、
俺・・・判るし、
ひとりで全部できる!


umituri1.jpg

糸を垂らしたが早いか、
もうアタリが来てる~!!!




おじちゃんに海に落ちないようにフォローして貰いつつ、
自力で釣り上げ、
魚を針から外して・・・


umituri3.jpg

嬉し&恥ずかし♡
初めての釣果は、
『ウマヅラハギ』。




このあと、もう2匹釣り上げて
(1匹は、小さすぎてリリース。)
自分の釣果2匹を担いで、揚々と帰宅。


umituri2.jpg

ちなみに、この日は、
おじちゃんもkooも、ボウズだったそうで・・・。




『tomが、あっさり釣ったから
今日は入れ食い状態かと浮かれたら、
全くだったよ。』
というのは、パパ談(笑)。


umituri6.jpg

ウマヅラハギは、
じっくり煮込んで・・・


umituri8.jpg

もう1匹のほうは、
カルパッチョ♡




釣り主が、勧めてくれるままに、
美味しく頂きました(笑)。





でもって、最終日!


名称未設定 4

やっぱりやっぱり
もう一度釣りに行きたい!
・・・ということになりまして、
シーカヤックを楽しんだ後に、再度、海釣りへ。
この日も、タマンを2匹ちゃっかりと釣り上げ、
『俺はやり切ったー!』とばかりに、満足げな息子。


UMITURI11.jpg

みんなにヤキモキされてた
マイペースkooも、
最後の最後に30cm程のタマンを釣り上げ、
父としての面目を果たしました(笑)。


名称未設定 3

kooの大きめのタマンは、お刺身に。
tomの小ぶりなタマン2匹は、ホイル焼きに。
それぞれの釣果を前に、
うひょひょーな父子です(笑)。


umituri4.jpg

この日は、オーナーご夫妻も一緒に、
お庭でBBQの晩御飯です♡
オトコたちが釣りを楽しんでいる間、
母は地元のスーパーに買い出しに行きまして、
アグー豚や沖縄産の美味しいお肉を買い込んできましたよー。
父子の釣果はもちろんのこと、
炭火で焼くアグー豚も、とっても美味しかったわぁ♡


umituri5.jpg

せっかくだから、花火もね。
でもって、
tomを寝かしつけた後には、
満天の星空のもと、
まったりと大人の時間も♡




いや、それにしても
息子の運の強さには、びっくり!




ちょうど沖縄出発前に、
応募していたこちらのポスターが届いたのですが・・・
帰宅後、早速お役立ち。


160316-02.jpg

ニッスイさんが作られている、日本近海の魚ポスター。
実はkooは、お寿司屋さんに貼ってあるのを見て、
私はブロ友さんが紹介してらっしゃる記事を見て、
応募がスタートしたら、絶対にエントリーしようと
心待ちにしていたもの♡
夫婦揃って、
偶然同じタイミングでその存在を知ったのも、
ご縁よね〜(笑)。




我が家が応募した限定プレゼント企画は終了してしまっていますが、
ニッスイさん本社から、
送料のみで送ってくださるとこのと。
ご興味ある方、良かったらぜひ!

『日本水産魚譜』無償プレゼント


UMITURI12.jpg

結構大きいです。
存在感たっぷり。
キッチンの耐火壁の裏側の、
ちょうど冷蔵庫の向かいに当たる位置に貼ってます。
釣ったお魚のところに、
日付と場所を書いた付箋を貼ったりして、
tomと楽しんでいますよー。(*^^*)





+ + + + + + + + + + + + + + + 


ブロ友さんのところで、
いつも楽しそうに父子で釣りをしてらっしゃるのを、
羨ましくも微笑ましくも、拝見していた我が家(笑)。
釣り上げる楽しさや、味の美味しさだけではく、
tomにも思うところがあったようで、
帰宅後、食卓に上がる料理を前に、
親子で色んなお話が出来ました。

オキアミを餌に魚を釣り上げ、
それを捌いて美味しく頂くという行為は、
とてもシンプルに、
そしてストレートに、
『命を頂く』ということを、子供に伝えてくれますね。


にほんブログ村テーマ 知識と実体験をリンクする♪へ
知識と実体験をリンクする♪

人生はシンプルだ!


子どもも大人も自然体!


2016/07/20   okinawa     732TB 0   732Com 6  

沖縄7泊8日② 【美ら海水族館を極めたい!】




恒例の美ら海水族館。


birau11.jpg

今回の更新で、年パスも3年目に突入です。
美ら海水族館は、入場料は1850円(前売り最安値1600円)ですが、
年に2回以上行くならば、
3700円の年間パスポートが、断然お得。
このパスポート、
海洋博公園内でのお買い物が割引になるほか、
園内を周遊するバスや周遊車に、乗り放題♪
子供が大変喜びます(笑)。


名称未設定 1

ちなみに、我が家の場合は、
沖縄滞在中は日参(笑)。
『今回は、これが見たい!』
『これを体験してみたい!』
・・・という希望に沿って入場し、
それ以外はさっと見て回って、同じ日に別の目的で再入場♪
なんてことも、しょっちゅうです。




過去の履歴は、こんな感じ(笑)。
飽きもせず、よく通ってるもんです
+ + + + + + + +
tom、2歳6ヶ月 ⇒【晩夏の沖縄旅行】 3日連続の美ら海水族館
tom、2歳8ヶ月 ⇒暮らすように旅する沖縄
tom、3歳5ヶ月 ⇒3歳児&愛犬と行く沖縄の旅
tom、3歳8ヶ月 ⇒【秋の沖縄旅行】年パス更新
tom、4歳3ヶ月 ⇒見どころいっぱい★美ら海水族館★
tom、4歳6ヶ月 ⇒ジンベエザメに会いに、美ら海水族館へ♪
+ + + + + + + +
改めて見てみると、
息子の興味がどんどん移り変わっていく様子が、良くわかります(笑)。




入場のタイミングとしてよくオススメされてるのが、
朝イチですね♪
確かに、10時前はまだ驚くような混雑もなく、
子連れでも比較的、のんびりと見られます♪
この日は、サンゴの水槽の前で、
10時半から始まる、飼育員さんのレクチャーをお聞きしました。


名称未設定 3

サンゴの産卵は、
バンドル(精子と卵が入ったカプセルのようなもの)を放出するスタイル。
このバンドルが水中ではじけて受精し、
プラヌラ幼生となって新たな場所に定着。
その後、分裂を繰り返して群体を作ります。
一見、植物のようにも見えるサンゴですが、れっきとした動物。
今回の解説では、
飼育員のお姉さんが、瓶に保存されたバンドルやプラヌラ幼生を、実際に見せてくれました。
tom、興味津々で聞き入っています。
意外にも・・・こういう解説とか講義とかが大好きで(笑)。


birau16.jpg

何度もお邪魔していると、気になる生き物や個体も出てくるもので、
tomは、チョウチョウウオ、ツノダシ、ナンヨウハギ(ドリーですね♪)、
カサゴ、チンアナゴ・・・なんかも大好きです。




tomの希望もあって、
今回は、水族館出口付近の 『アクラ・ラボ』 にも参加。
1日2回(11時~、14時~)、
専門のスタッフが講師になって、
日替わりでいろんな解説をしてくれるんですよ~。(*^^*)


名称未設定 4

この日のテーマは、『海の危険生物』 だったかな?
薬品につけられたハブクラゲなどの有毒生物に、ドキドキのtom。
いつも水族館の常設展示で楽しんでいる上に、
最近は美ら海プラザで常時流れている有毒生物のVTRが大好きなので、
この日もワクワク(笑)。


名称未設定 5

別の日の講義のテーマは、『サメの歯』!
サメの歯って、ベルトコンベアーのようにどんどん生え変わる仕組み。
いつでも、研ぎ澄まされた歯で、獲物をしとめるためなんだとか。
大きな標本は、ジンベエザメの歯。
砂粒のような細かい歯が、無数についています。


birau5.jpg

イタチザメの歯は、フックのようになってて、
歯の側面すべてが、ギザギザとした形。
指をひっかけると、結構痛い!


birau6.jpg

実は、この標本。
サメ博士の部屋にも、あるのです。


birau7.jpg

今までは、さらーっと見るだけでスルーしてたコーナー。
講義をお聞きしたことで、
俄然、興味がわきました(笑)。


birau9.jpg

ここには、ジンベエザメの胎児の標本も
魚なのに、お腹の中で卵から孵化し、
体長60cm程で生まれてくるジンベエザメ。
何と1回の出産数は、300匹近くとも言われており、
お話しを伺うだけで、興奮しちゃいます~♪


birau10.jpg

そのジンベエザメ、
本物は、黒潮の大水槽で見ることができますよ~。
ギネスにも登録されているオスの 『ジンタくん』 は、現在8m60cm。
やっぱり大きい!
すごい迫力です!


birau12.jpg

ジンベエザメの給餌タイムは、1日2回。
15時からと、17時から。
我が家は、
比較的お客さんの引き始める17時からの部を、
よく見学するかな♡
美ら海水族館のfacebookに、その様子を間近でとらえた動画がありますので、
ご興味のある方、良かったら見てみてね♪

【美ら海水族館 公式facebook】
ジンベエザメの給餌動画



名称未設定 6

メインの水槽の前は、すごい人なので、
大抵、すぐ脇にあるカフェを利用しちゃいます。
ジンベエザメが、すぐ真横を通り抜けて行く迫力!
ゆったりと見られるので、
子供連れには、とってもありがたい♪


birau4.jpg

給餌ショーの後は、
エレベーターを使って、水槽上部へ。
水族館で一番暑い場所。
ムシムシ&もわーんとした空気に、
沖縄の海が亜熱帯だというのを、肌で実感します。






さて。
実際に何度か行ってみると、
一番人が少ないのは、
なんと言っても18時半以降(笑)!!


birau1.jpg

美ら海水族館は、
サマータイムの営業は20時まで(入館は19時まで)なので、
入り口を入ってすぐのタッチプールに19時過ぎにいると、
ほぼ我が家だけになる確率、高し♪


名称未設定 2

普段は奥の方にいて、
観光客の手が届かないウニやスイジガイ、
レア生き物の赤ヒトデあたりも、
飼育員さんとお話ししながら水槽を見ているうちに、触れ合えたり♡


birau2.jpg

ルリスズメダイに、
餌をやるお手伝いをさせて頂いたり。


birau3.jpg

思いがけない特典があります。
こういうの、
子どもの心にはとても印象的みたいで、
tomも毎回、とても嬉しそう。


birau14.jpg

19時半近くになると、
こんな感じ♡




何度か回ってみて気が付いたのですが、
やはり子供って見たいものがすぐに見られる
見たいものが思う存分見られると、
食い付きっぷりも集中力も、全然違いますね。


birau13.jpg


夫や私にとっても、
ふと疑問に感じたことを、気軽に飼育員さんにお尋ねするいい機会♪
運がいいと、
この黒潮の大水槽さえも、
飼育員さん付きで、家族で独占できちゃいます。
何て贅沢なー!!!
tomから、
『すみません、教えてください。』
と、お声をかけることが増えてきたのも、
こんなふうに、マイペースで鑑賞できるおかげです。





今回も、以前見た時とはマンタの個体が違うように感じてお聞きしたら、
やっぱり1匹以外は、諸事情で入れ替わっているそうで、
珍しい黒マンタ(お腹も真っ黒のマンタ)の存在を、
教えてくださいました。


birau15.jpg

出口にある、
美ら海水族館限定フィギュアのガチャガチャ。
滞在中、◯回と回数を決めて、
tomのタイミングで楽しみます。
くるくると内部のレールを転がりながら落ちてくる様子に、
ワクワクしちゃいますね♡


birau17.jpg

絵葉書を作るプリクラで、
tomと私の顔写真入り絵葉書を、作ってみました♡
水族館でオリジナル切手も、購入。
さて、なんのために?




『みどりぐみの みんなへ』

birau18.jpg

『いま おきなわに います じんべい(え) みました。 tom 』



にほんブログ村テーマ 子連れで沖縄へ
子連れで沖縄

まずは、種まき~子供の好奇心~


子供と一緒にしたいこと!





クラスのみんなの顔を想像しながら
旅先で書いたお手紙。
いつもと違って、
丁寧語なのが、
なんだか微笑ましいです♡



2016/07/18   okinawa     729TB 0   729Com 11  

沖縄7泊8日① 【里帰りのような癒しのお宿】




七夕から1週間。
今年も、沖縄へと遊びに行きました。


yadohe1.jpg

我が家の旅は、
大人が2人
自由人の5歳児1人
そして、
愛犬(11歳ジャックラッセルテリア)が、一緒です。


名称未設定 1

飛行機は、
最終の夜便を利用。
那覇に着くのが21時半くらい。
そこからレンタカーの手続きをして、
北部のお宿に到着するのは、日付がかわる頃です。




tomは、
お昼ご飯を保育園で済ませて早退し、
空港に向かう車の中で昼寝。
飛行機の搭乗中は起きていて、
那覇から北部へ向かうレンタカーの中で、
本格的に寝落ち。
車からお宿のベッドへと移動させても、
朝までぐっすりです(笑)。




沖縄旅行のネックは、
那覇から宿までの移動時間の長さですよね。
朝一の飛行機に乗ったとしても、
お宿にチェックインして遊びに行けるのは15時前後。
1日の殆どを、移動に費やさねばならないのを嫌って、
我が家では、
随分前からこのスタイルになりました。


名称未設定 2

というわけで、
朝起きると、
いきなり美味しい朝食からスタート♡
『tomくん、アクアパッツァのお手伝いしてくれる?』
と、オーナーさんからお誘いいただき、
『何でもやりたがり屋』のtomは、ルンルンです(笑)。
おまけに食後は、奥様に絵本まで!!


yadohe2.jpg

tom、オーナーご夫妻のことは、
『沖縄のおじちゃんとおばちゃん』と呼ばせていただき、
とても慕ってます。
ご夫妻がまた穏やかでお優しく、
今回は絵本好きのtomのためにと、
沖縄の絵本を、図書館で借りてきてくださったとのこと。


yadohe3.jpg

自宅から持ってきた絵本と合わせて、
ベッド近くにスタンバイして、
奥様と私で、たくさん読みました(笑)。


名称未設定 3

次の日の朝は、
パン作りのお誘いを受けていたtom。
朝から大張り切り(笑)!
朝ごはんの進みがスローリーな息子が、
少しでも興味を持って、
たくさん食べられるようにというお心遣いが、
親として、とてもありがたいです。


名称未設定 5

3日目は、朝からカツオのたたき!
カツオは前日に丸ごと買ってきてくださったそうで、
それを捌いて、
沖縄に昔から伝わる窯に熾した火で、
表面をよーく炙ります。


yadohe5.jpg

生臭さを全く感じさせない、
オリジナルソースと相性ばっちりの
カツオのたたきサラダ!!
最後のふた切れは、みんなでジャンケン(笑)。
激しい争奪戦が繰り広げられました。


名称未設定 7

豚肉の塩漬けやレバーパテ、
フルーツを使ったジャムなども、
全てご夫妻の手作り。
美味しかったなぁ〜♡


名称未設定 4

ミキサーで作る、
即席オリジナルのスムージー。
こういうの、子供は夢中ですね(笑)。


yadohe4.jpg

『沖縄が、大好きー♡』


名称未設定 6

最終日。
これがまた、素晴らしく美味しくて、
最後の最後まで、本当に食べ過ぎました(笑)。




他にも、
焼き芋を、窯で焼いてくださったり、
サトウキビを齧らせていただいたり、
釣ったお魚を捌くところを見せていただいたり・・・etc
たくさんの経験をさせていただいたtom。




食事に関すること以外でも、
夜、お庭の座椅子に寝転んで、夏の大三角形やさそり座を探したり、
初めての海釣りを経験したり、
カヤックや海遊びをしたり・・・
楽しいことが、山盛りでした(笑)。


yadohe6.jpg

沖縄のおじちゃんとおばちゃん。
tomにとっては、第2の故郷でしょうか?
そして、私たち夫婦にとっても、
掛け替えのない、憩いの場です。





+ + + + + + + + + + + + + + + 

今回もまた
沖縄の旅を、ゆるゆると綴って行こうと思います。
どうぞ、のんびりとお付き合いくださいネ。


にほんブログ村テーマ 子連れで沖縄へ
子連れで沖縄

こころを育てる生き方


心地よい癒しの暮らし


2016/07/16   okinawa    

息子の積み木遊びが、パノラマ化してきた件





最近の和室の様子。


6tumi2.jpg

5歳児ともなると、
自分なりの好みを反映させながら、
交差や高低差なども取り込みつつ、
自由自在に線路の組み立てます。



名称未設定 1

左上:車両基地
右上:駅前の優先者用駐車スペース
左下:黒ネコY宅配便集配所
右下:救急車両の駐車場


名称未設定 2

建物だけでなく、
道路の建設も進みます。


6tumi3.jpg

トントントン。
カンカンカン。

6tumi4.jpg

何やら建設中の模様。


6tumi5.jpg

怪しげな監督が、
現場を仕切っております(笑)。


6tumi1.jpg

おおっと!
緊急事態、発生!!




宅配便の集配所が、
どうやら火災の模様!
(赤色の木製ビーズは、もえあがる火の手なんだそう)


6tumi7.jpg

緊急車両らが、
赤灯を回しながら、駆けつけます。


6tumi6.jpg

無事、消し止められたようです(笑)。
それにしても、
緊急車両の多いこと、多いこと。


6tumi8.jpg

今度は、塔のまわりに集結♪
何かあったのでしょうか?


6tumi9.jpg

あっちに寝転び、 こっちを動かしながら、
延々と、ひとりで何役かをこなしては、
ごっこ遊びの物語を作っているtom。






1週間もすると、足の踏み場に困り始めるので、
相談しては一部を壊し、一部を片付け・・・
何だかんだで、1ヶ月近く持ち越されたことすらあります。σ(^_^;)




こちらの作品も、
結構、息が長いなぁ(苦笑)。
現在、旅行中の我が家。
帰ったらtomと相談して、
一旦、サラの状態に戻せるように、
密かに根回し中です。(*^^*)






+ + + + + + + + + + + + + + +

にほんブログ村 トラコミュ 積み木へ
積み木

可愛い雑貨とオモチャのある空間

子供のおもちゃ、収納


2016/07/14   木のおもちゃ     719TB 0   719Com 12  

県児童センター主催★リニモ社会見学★

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016/07/12   学びと育ちの環境作り    

汗びっしょり!GONZOの夏

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016/07/10   アウトドア    

5歳息子の愛用包丁

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016/07/08   学びと育ちの環境作り    

tomの絵本棚 【5歳4ヶ月】




恒例のtomの絵本棚。


名称未設定 1

先月のラインナップは、
こんな感じとなりました。




絶滅から救え!
絶滅から救え! 日本の動物園&水族館1



以前、本屋さんで見つけて気になっていたこちらの図鑑。
①棲む場所を追われる動物たち
②乱獲でいなくなる動物たち
③外来種・環境汚染のためにいなくなる動物たち
・・・の3冊シリーズものなのですが、
偶然、よくお邪魔する図書館に新刊として置いてあり、
ウホウホとお借りしてきました♪


動物園や水族館がとても身近なものになるにつけ、
漠然と見て回るだけでなく、
気になる生き物、その生態、取り巻く環境 etc・・・と、
色々な視点に興味が移るようになってきた息子。
一般的な図鑑だけでなく、
こうした特定の視点でまとめられた読み物にも、
自然と、手が伸びるようになってきたようです。
こちらの絵本は、この水族館のこの生き物、
あの動物園のあの生き物・・・といった具合に、
とても具体的かつ身近な存在で、
生態系の危機を示してくれるのが、とてもいい!
特に、大好きなジンベエザメも載っていたので、
息子も気になって仕方ない様子です。


50ページにも満たない図鑑絵本
お値段は3000円超と、やや高価ではありますが・・・
内容は本当に素晴らしい。
思い切って3冊セットで買っちゃおうかしら?
悩む~!!!




あおむしのぼうけん
あおむしのぼうけん


大好きな草を求めて、
交通量の激しい道路を危険と隣り合わせになりながら渡っていく
あおむしの冒険物語。
ストーリー性の高い科学絵本のような作りで、
お話は結構長めですが、リアルな絵が臨場感たっぷりで読み応え十分!
虫が好きな子に、オススメです♪



350_Ehon_87954.jpg
決戦!どうぶつ関ヶ原


はじめて手にしてから、早2週間。
未だにハマりまくってます。
1日1回は読んでるんじゃないかというハマりっぷりに、母のほうがびっくり!
細かい描写は、さすがコマヤスカン氏。
昔話の猿蟹合戦なんかをパロってるのも、面白いです♪
武将とかお城とか歴史ものetc・・・なんかに興味を持ち始めたお子さんには、
ぴったりの導入絵本になるんじゃないかな。
(あんまりtomが何度も読みたがるので、我が家では購入しちゃいました。)
10月の関ヶ原合戦祭りも、この分だと参加必須だわ~(笑)。


過去記事見たら、2014年に参加してました。
『2014関ヶ原合戦祭り』×『もっと子供を歩かせようプロジェクト』





さかさまさかさま
さかさま



こちらは、とあるブロ友さんが薦めてらした記事を読んで、
ずっと探していた絵本。
我が家の近くの図書館にはなくて、
職場の近くの図書館で偶然発見して、お借りしてきました。


向かい合わせに存在する、『赤い星』と『青い星』。
お互い幸せに暮らしていたのですが、
いつしかお互いの存在が、自分の星の幸せを脅かす存在に・・・。
同時に起こっている出来事が、
視点や価値観によって全く違う見え方をする不思議さ。
相手の立場をよく理解していないばかりに、いつの間にか相手を傷つけていることはない?
自分が「正しい」と思っていることは、ほかのだれかにとっても「正しい」の?
子供と一緒に、大人も考えさせられる絵本です。


少し視野が広がり始め、
他者の考えや社会性が育ち始めた年頃のお子さんに、ぜひ。




1ねん1くみの1にち
1ねん1くみの1にち



何とな~く、来春からの小学校生活が気になる息子。
興味津々で、ワクワクしながら見ています(笑)。
1年生の教室という枠の中で、
登校から朝の会、授業風景、休み時間から下校の様子までが丁寧に紹介されています。
忘れ物が合ったり、友達とふざけて過ごしたり・・・という、
小学校に日常生活が、沢山の写真と共に描かれていて、
イメージがしやすいようで、とても興味深げに見ています。



なつのおとずれ
なつのおとずれ



台風1号もついに発生!
いよいよ、夏本番も間近に感じる今日この頃。
夏の風物詩が、たくさん登場するこの絵本は、
夏を待ち望む気持ちが、一直線に高まるような、爽快感たっぷりのお話です。
梅雨明けが待ち遠しいこの季節に、
ぜひお子さんと手に取ってみてください♪♪
親子共々・・・夏への期待がぐぐーっと高まること、
間違いなしです。(^^)v






+ + + + + + + + + + + + + + + 

今月は、図書館のスタンプラリーのおかげもあって、
いつも以上にたくさんの本を読む機会に恵まれました。
tomは児童書よりも、
絵も同時に楽しめる絵本のほうが好きなようなので、
5歳以上向けの絵本を色々探していますが、これがなかなか難しい~。
絵本ってやっぱり3~4歳対象のものが一番充実しているのかな?
5、6歳向きの絵本を探しあぐねています。
オススメの絵本があれば、ぜひご紹介くださいネ。


にほんブログ村 トラコミュ 読み聞かせたいおすすめ絵本へ
読み聞かせたいおすすめ絵本

笑顔になれる子育て

絵本と童話



2016/07/06   学びと育ちの環境作り     727TB 0   727Com 2  

パパと平日どこ行く?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016/07/04   お出かけ    

言葉を育てる 『ことばのこばこ』

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016/07/02   学びと育ちの環境作り