one's an ★☆美ら里日記☆★ vol.2

Entry 390   Permanent LIN K

『命をいただく』ということを、子供にどう説明するか?




沖縄旅行から帰って少し経った頃、
家族で夕食を囲んでいる時に、tomがお皿の上の肉料理を指さして、
『これは、どこにいたの?』と、唐突に聞いてきたことがありました。




意図がよくわからなくて
『お料理に入ってるお肉のことかな?スーパーで買ってきたんだよ。』 と答えると、
『なんでスーパーで売ってるの?これ、ベイブ(子豚が映画の主役)と一緒?死んじゃったから食べるの?』
と、立て続けに質問され・・・




少し前から、生と死ということに敏感に反応していたので、
いずれはこういう質問がくるだろうとは思っていましたが、どう話したらいいか・・・
いざとなると、本当に迷うものですね




人間は、他の生き物の『命』を頂いて、生きているということ。
動物だけでなく、魚も野菜もみんな生きていて、
その大切な命を頂いていることで、今、tomもパパもママも生かされていること。
命を頂く限りは、『ありがとう』の気持ちで、残さず食べてあげなきゃいけないこと・・・などを
出来るだけわかりやすく説明してみたつもりなのですが、
どこまで理解できたかなぁ?




上手く伝えられたかどうか、自信がなかったので、
いつものように、絵本の力を借りました(笑)。


無題2
ひゅるりとかぜがふくおかで


魚が虫を食べ、その魚を大きな魚が追って、鳥が食べ、蛇が鳥を食べ、
ウサギを狙っていた蛇は大きな鳥に食べられ、大きな鳥は人間に撃たれて。
そうして人間は「かんしゃをささげてたべました」と続きます。
食物連鎖の流れが、優しいタッチの絵と共に、淡々と語られています。
こういうことは、出来るだけこちらの感情を入れ過ぎずに伝えて、
tomがtomなりに、自分の中で感情を膨らませてくれるといいな・・・と個人的には思っているので、
こちらの絵本は、とても好ましく感じました。



無題3
いのちをいただく ~みいちゃんがお肉になる日~


食肉センターに勤めて、実際に命を『解く』ことを仕事にされている、坂本さんのお話。
ノンフィクションです。
ちょっと切なすぎて・・・そしてあまりにもインパクトが強すぎて
まだ息子には早すぎると判断しましたが、内容はとても心に響くものでした。



無題4
しんでくれた


ちょっとストレートすぎるタイトルに、ドキッとします(苦笑)。
『うし しんでくれた そいではんばーぐになった ありがとう うし』。
谷川俊太郎さんの詩を絵本にしたものだそうです。
大人はつい身構えてしまいますが、
逆に、素直に受け取る子供のほうが、すっと本質を理解しやすいのかもしれませんね。




無題
おすしのさかな (しぜんにタッチ!)



tomには、こちらが一番しっくりきたようです。
特に『命をいただく』ということを強調した内容ではないのですが、
お寿司が作られる過程で、海で泳いでいる魚がさばかれ、
それが、いつも目にしているお寿司になって行く様子が、写真入りで語られています。


名称未設定 1


保育園での影響もあるとは思うのですが
『ごはん、残したらいかんなぁ。』
『大事に食べないかんなぁ。』
・・・などなど、食べ物に感謝する『形』は、徐々に出来つつあります。
でも、肝心の『心』のほうは、どうかなぁ?
道徳的なことを口にしつつ、ご飯を食べる手が良く止まったりしているので(笑)、
まだまだ、教えられた『形』に『心』が追いつききってないような印象もありますね。
それでも、基本的に好き嫌いはなく、何でも食べてくれるのは、嬉しい♪




にほんブログ村 トラコミュ 子育てで感じること!へ
子育てで感じること!

にほんブログ村 トラコミュ こころを育てる教育へ
こころを育てる教育

にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ
にほんブログ村




『いただきます』の心
その本質の部分を、少しずつでも伝えていけたらいいな・・・と思います。


スポンサーサイト

2014/12/01   学びと育ちの環境作り     390TB 0   390Com 16  

Comment

 

-3524   管理人のみ閲覧できます   2014/12/01   [ Edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

chie3525     2014/12/01   [ Edit ]

ついに来ましたか~、この質問。。。
いや、これって子供がまっすぐ育っているからこその質問なんですよね。
でも親として本当に悩むテーマでもありますよね。
絵本に頼るのはありありです!
またまた勉強になります(笑)

ひとつひとつの事にじっくり向き合って子育てされてるgoopeeさん、ほんと素敵です♪
こんなご両親に育てられたtomくんがどんな風に成長していくのかこれからもブログを通じて見守らせてくださいね♪

まい3526     2014/12/01   [ Edit ]

あああ、分かります……。
最近身近な動物が死んでしまうことが続き、
どう説明していいのか悩みました。
食べ物が切り口なら『おすしのさかな』、いいですね~!
(全然思いつきませんでした)
形から入るということも沢山あると思うので、
tomくんの成長ぶりが素敵だなあとしみじみしました。

そして、なぜか動画が見られずすっかり出遅れてしまいましたが、
抽選、ありがとうございました!
しっぽがかわいすぎました!!
いつになるか分かりませんが、沖縄の地に降り立つときは
どんなガイドブックよりこちらのブログを頼りにさせていただきますね★

isoshijimi3527     2014/12/01   [ Edit ]

うちもいつか来るんだろうな~
ちゃんとそのときに「いただきます」の意味を上手に説明できるかな・・・
絵本のご案内ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

 goopee3528   鍵コメさんへ   2014/12/02   [ Edit ]

おはようございます。
無事に届いてよかった!
本当ささやかな物で申し訳ないですが、お使いくださいね♪
そして、合わせて嬉しいご報告をありがとうございます!!
少しでもお役に立てたなら、私もすごくすごく嬉しいです。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

あ・・・積み木については、詳しく書いてらっしゃるブログもたくさんありますし、
私も過去記事で参考にさせてもらったHPを紹介しているので、
ご興味あればみてみてくださいね。
http://goopee.blog.fc2.com/blog-entry-71.html?sp

 goopee3529   chieさんへ   2014/12/02   [ Edit ]

来ました、来ました!
その場になると、どうやって説明しようか、頭の中ぎグチャグチャになりますね。^^;

> これって子供がまっすぐ育っているからこその質問なんですよね。
そうなんでしょうか?そうだと嬉しい(笑)。
絵本はこういう時、とっても助けになりますね。
『いのちをいただく』は、もうひとつ大きな社会問題がさりげなく書かれていて、
いつかはそういうことも・・・と思うと、未熟な母は気持ちが揺らぎます。>_<

 goopee3530   まいさんへ   2014/12/02   [ Edit ]

そうなんですよね。
身近な生き物の死から、自分が普段口にしているものへと関心がスライドして行った時に
子供相手の綺麗事だけでは説明できないことが、たくさん出てきますもんね。
ただ、淡々と事実を(でもソフトに)伝えるのは、なかなか難しく
今回も父母ともに折に触れて話しつつ、絵本の力も借りました。
絵本の切り口も色々ですね。
今回何冊か読んでみて、年齢的な理解と好みで、tomには『おすしのさかな』が一番良かったようです(笑

抽選動画、見てくださってありがとうございます!
そして、嬉しいコメントも!

 goopee3531   isoshijimiさんへ   2014/12/02   [ Edit ]

そうそう!
生と死は、説明に悩む問題ですもんね。
うちは田舎住まいで、身近に動物や虫も多いので、割と早くから関心を持っていたようです。

親の言葉から、体験から、本から・・・
感情移入が出来るようになり、疑問もどんどん広がり、また深くなっていく年頃なんでしょうね。

るる3532     2014/12/02   [ Edit ]

tomくん、いい質問ですね。
そして選んでおられる絵本もすごく素敵。
うちも参考にさせてもらいたいのが沢山ありました。
今度図書館で探してみよう(^^)
どんどん質問が難しくなって、すぐに答えられないものもあるけど、まさにそれがチャンスなんですよね。
これからもさまざまな質問、楽しみですね〜!
うちの最近のその場で一番答えるのが難しかった質問「エンジンってどうやって作るの?」でした。笑
パパに答えてもらいました。

tamapachi3533     2014/12/02   [ Edit ]

我が家も少し前から話しているよ。食卓にお肉がでることが増えたため・・takaさんが『うちは精肉店」という本を借りて来てくれたんだ。屠殺場のことも書かれているし写真もリアル。
でもありのままを伝えようかな、と思って内容も省かず今も読んでる。
tamaの場合は目をそむけず写真も見ているよ。私自身、かわいそうだね、っていった私情をはさまないように気をつけているんだ。そうそう、tamaは鶏の解体やマグロの解体もみたことがあって、その時もじーっと1時間半見ていたの!屠殺場には家族でそのうち行くと思う。

3歳児ってどこまでわかっているんだろうね。

 goopee3534   るるさんへ   2014/12/03   [ Edit ]

ぼちぼち答えにくい疑問にも、出会う年頃のようです。
キキくん、エンジンの仕組みですか!
自分ならどう答えるかなあ?
tomもキキくんと一緒で蒸気機関車の仕組みは解っているようなので、それと比較しながら話すかも。
この手の答えは、男性の方が得意そうですね♪
それにしても・・・子供に疑問をぶつけられては
改めて、自分の物知らずさを痛感してます。^^;


 goopee3535   tamapachiさんへ   2014/12/03   [ Edit ]

あまっちちゃんとこが、『自分たちで手にかけれる大きさの物までしか食べない』って話してくれたこと、
とっても印象的だったので、今でも覚えてるよ。
興味深い絵本を紹介してくれてありがとう。
牧場では『可愛い』と思い、屠場では『かわいそう』と感じ、売り場に並べば『美味しそう』と感じる。
その気持ちの切り替えって、考えてみれば不思議だよね・・・。
3歳児がどこまで解っているのかは、私も掴みかねてる。
でも、意外に本質的なところは掴んでいるような気がするね。

nk3536     2014/12/03   [ Edit ]

毎度釣りネタで恐縮ですが、我が家の場合は釣りを通して生き物がどうやって食べ物になるのかを伝えました。
あえて魚をシメるところや、捌く様子も見せます。
釣りをするようになってから、食べ物を大切に食べる様になった気がします。
「釣食育」?(笑)

 goopee3539   nkさんへ   2014/12/05   [ Edit ]

釣りってすごく良いと思います。
出来れば知識くらではなく、実体験として感じられるのが一番!!
我が家も野菜を育てたりしているせいか、基本的に食べ物は大事にしてくれるので
時期を見て、もう一歩踏み込めたらなぁ・・・と思います。
そういえば息子さんたちは、いつから自分でも釣り糸を垂らすようになったんでしょうか?
今、次男君にはどの程度本人にやらせてあげていらっしゃいますか?

nk3544     2014/12/05   [ Edit ]

こんばんわ。

長男の場合、4歳からリール巻き体験はさせていますけど、年長さん(6歳)で初めて自分で釣り糸を垂らして誘いをしたり、投げ竿もソコソコキャスト出来るようになりました。投げるのはかなり家で練習しましたけどね(笑)

今年次男と釣りに行った時は、竿は私がキャストして、釣れたら次男にリールを巻かせています。まだ投げたりは出来ませんからね。
流石にまだ早いので仕掛けには近寄らせません。危ないですからね。

魚が付いている状態でのリール巻きは感触が直接手に伝わるので、昆虫とかよりも生き物と直接触れ合っている感じはするかもと勝手に思っています(^^ゞ

 goopee3552   nkさんへ   2014/12/06   [ Edit ]

やはり、徐々に教えてらっしゃるのですね。
我が家でも主人に相談したら、まだ針は危ないと言われたので
何でも自分でやりたがる今の自己主張の強さが少し落ち着くまでは、様子見になりそうです。
釣りは夫婦ともにあまり経験がないこともあって、
挑戦してみたいものの、躊躇しがちで。σ(^_^;)
息子本人に興味が出てきたら、釣り好きの友人に親も子も弟子入りせねば(笑)。
色々教えていただいてありがとうございます。参考にさせてくださいね!


P.W.   Secret    

Trackback

http://goopee.blog.fc2.com/tb.php/390-383d2e0c