one's an ★☆美ら里日記☆★ vol.2

Entry 706   Permanent LIN K

じゃがいも収穫から始まった週末




土曜日。
早起きして、実家の祖母の畑へやってきました。


ojyaga4.jpg

スコップにバケツ。
足元は長靴。


ojyaga3.jpg

そして欠かせないのが、軍手(笑)!!



今日は、
今年初めての、じゃがいも収穫♪


ojyaga5.jpg

茎が枯れているのが、収穫時の目安。


ojyaga1.jpg

土がカラカラに乾いている状態が、掘りやすいです。
東海地方は、この週末の雨から梅雨入りと言われていますので、
もう早めに掘っちゃいたい(笑)。


名称未設定 1

長くて折れやすいサツマイモと違って、
ジャガイモはコロンとしてて、土離れが良いので、
ちびっ子ひとりでも、上手に収穫できます。




ころんころんと顔を出すじゃがいもに、
tomも大喜び。





さてさて。
せっかくのじゃがいも掘りなので、
それにちなんだ絵本を何冊か、今年もお借りしてきましたよ~♪




じゃがいもポテトくん
じゃがいもポテトくん


じゃがいもの絵本としては、定番かな?
『いいから いいから』 などで知られている、長谷川義史さんの作品です。
北の国からとある八百屋にやってきたじゃがいも一家。
ひとり、またひとりと売られていき、涙の別れをするのですが、
何日か後、幼稚園のお弁当のおかずとして、再会します(笑)。
我が家では、去年のこの時期によく読んでいました♪
お弁当大好きなお子さんなら、喜んで突っ込んでくれそう。




ごんごろじゃがいも
ごんごろじゃがいも


リアルな絵と、リズミカルな言葉の組み合わせ楽しい、科学絵本。
童心社の『どーんとやさい』 シリーズの中の1冊です。
じゃがいものタネを植えるところから始まって、
いろいろな品種の説明、地上の葉や花の様子、地下の根の様子、
そして畑の風景などが丁寧に描かれていています。
科学絵本の好きなお子さん、
特に、実際にじゃがいもを育てたり、芋ほり体験をしたことがあるお子さんは、
とても喜ばれるんじゃないかな・・・と思います。





ポテトむらのコロッケまつり
ポテトむらのコロッケまつり



ポテト村に住むポテトおばさんの発案で、
世界一大きなコロッケを作ることになりました。
こちらの絵本、
今、リンク先の絵本ナビさんで全ページ試し読みが出来るようなので、
ご興味のある方、ぜひ!
じゃがいもを育てるところから、お祭りでお料理するまで、
一連の流れが、とても楽しそう&美味しそう
この絵本をきっかけにして、
息子とコロッケ作りがしたくなっちゃうなぁ♪


05045040_jpg_2010712_rad044A8.jpg

ちなみに、これ。
実は実際にあるらしいです(笑)。
↑の写真は、静岡県三島市で開催された 『三島馬鈴薯・みしまコロッケまつり』 で、
実際に作られた時の写真だそうで
何と、直径2m55cm。
重さは、4000kgだそうですよ~。
やるね、三島市!!!




さて。
じゃがいも収穫は、さくっと20分程で切り上げて、
そのままtomの保育園へと向かいます。
(祖母の畑は、保育園正門のすぐ前・・・笑)



今日は、保護者会主催の奉仕活動。
園庭や草取り、園の周囲の草刈やゴミ拾い。
地区ごとに分担して、約1時間ほど。


名称未設定 2

奉仕活動終了後は、
そのままの流れで、家庭参観♪
年長クラスでは、
夏飾りを作る工作活動の参観と、
親子でのおやつタイムがありました。




毎度毎度、
ちょっとやんちゃなお調子者っぷりを、
いかんなく発揮している息子っち。 (^ー^;




タノシソウデ、ナニヨリデスナァ。
(ちょっと棒読み風





+ + + + + + + + + + + + + + + 

じゃがいもって、
子供も大好きだし、
お料理のレパートリーもたくさんある、とっても身近なお野菜♪
そんなお野菜だからこそ、
絵本を読んだり、図鑑を見たり、
実際に育てたり、収穫したり、お料理したり・・・
日常の生活の中で感じた、ちょっとした 『好奇心』 を、
子供と一緒に楽しみながら、育てていけたら嬉しいな。


にほんブログ村 トラコミュ 知識と実体験をリンクする♪へ
知識と実体験をリンクする♪

みんなで楽しく家庭菜園

幼稚園、保育園、託児所


スポンサーサイト

2016/06/05   学びと育ちの環境作り     706TB 0   706Com 8  

Comment

 

レノママ5792     2016/06/05   [ Edit ]

我が家も収穫しました、ジャガイモ。

久々にイノシシ被害にもあわず
大収穫を期待していたのですが・・・。

見た目にも苗の育ちが悪く
おイモもミニサイズが目立ち(._.)
次回 秋のサツマイモに期待です。

 goopee5793   レノママさんへ   2016/06/06   [ Edit ]

我が家はジャガイモは育ててないので、毎年祖母の畑で収穫させて貰ってます。
お料理でも使い勝手がよく、たくさん収穫できると嬉しい野菜ですが・・・
レノ家は今年は豊作ではなかったのですね。残念。
その分、秋のサツマイモに期待ですね♪
サツマイモは自宅の庭畑で作っているので、我が家もたくさん出来るといいなぁ♪
今年は張り切って、たくさん苗を植えちゃいました(笑)。

nk5794     2016/06/07   [ Edit ]

ジャガイモ収穫が楽しそうですね。
うちの子達も、幼稚園時代に毎年じゃがいも掘りのイベントがあって、楽しそうにジャガイモを持って帰ってきていたのを思い出しました。

我が家だと、じゃがいも料理の1番人気は「粉ふき芋」。
塩辛をつけて食べるのが函館流です(^^)

Furutantan5795     2016/06/07   [ Edit ]

わ!素敵セレクション!!
そっか、ジャガイモ掘りにあわせて、こんな絵本も読んだら楽しいかも~と
いや~、いつもいいアイデアいただいてます♪
我が家はもう1っ回掘れるかな?掘れなくても楽しそうなので予約しちゃいました!!

 goopee5797   nkさんへ   2016/06/08   [ Edit ]

あの後、また収穫させて貰ってきたので、結構な量になりました(笑)。
粉吹き芋に塩辛ですね!うんうん、聞いたことあります!
そして以前、函館に遊びに行ったときに、何度か目にしたことも♪
あれは、大人好みの味ですよね~。
息子はまだ塩辛を口にしたことがないのですが(こっちのは函館のイカのように新鮮ではなくて・・・)
魚を身近に育ったお子さんたちは、もしかして大好物だったりしますか?(^^)

そうそう。
実は義妹のベーグル屋さんが、山の近くの和田鮮魚店のお隣さんだったのですよ♪
そのご縁で、今もBBQやる時なんかには、和田鮮魚店さんに新鮮な魚介類を空輸してもらってます(笑)。
塩辛も頂いたことがあったっけ♪ 函館のイカ!なんであんなに美味しいのでしょう♪ 反則だわ~!!

 goopee5799   Furutantanさんへ   2016/06/08   [ Edit ]

ありがとう~♪♪
そうそ、体験したことに合わせて、絵本で興味や知識の肉付けしてあげることが、我が家では定番です♪
図鑑や科学絵本も大好きなので、そっちも大活躍です。
まこちゃんも好きそう~♪ もしご興味あればぜひ!
この記事の後、また降園後に掘りに行きました。
その時は祖母も畑仕事をしに来ていたので、
ついでに梅ももいできちゃった~♪
ブロ友さんが紹介されてたさしす梅干しに挑戦したくて、ただいま、追完中です(笑)。

ふるたん5822     2016/06/16   [ Edit ]

早速借りてきました。
ジャガイモ本、2冊とも大ヒット!
この本を読んで挑めば(笑)もっと、実のある収穫になったかも==。来年も忘れずに借りよう~~。
梅干し、いいですよね。子どもとできる作業だし、あの香りがたまらん♪です。明日の予約投稿ですが、絵本「うめぼしさん」もおススメですよ。(ご存知かな?と思いつつ)
ああ、いつもながら畑のあるgoopeeさん宅、羨ましいです~~☆

 goopee5827   ふるたんさんへ   2016/06/17   [ Edit ]

わぁ、まこちゃんに喜んで貰えたなんて、私こそ嬉しい♡
絵本と実体験は、意識して結びつけてあげると、
子供の興味の持ち方や理解が、格段に違うように感じます。
絵本時間も喜んでくれますし♡
『うめぼしさん』は未読でした!
明日図書館へ行く予定なので、見てこようかな。
畑仕事は、いつも主人が手間暇かけて楽しみながらやってくれてるので、
本当にありがたいです。
tomもそんな姿を見てるせいか、やっぱり畑大好きですよ(笑)。


P.W.   Secret    

Trackback

http://goopee.blog.fc2.com/tb.php/706-f92cd252