one's an ★☆美ら里日記☆★ vol.2

Entry 726   Permanent LIN K

県児童センター主催★リニモ社会見学★





先日のこと。
長久手にある、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)へ
息子と2人で遊びに行きました。


rinimo1.jpg

敷地内にある、愛知県総合自動支援センター。
3階構造の建物は、吹き抜けになった中央部分に、
ぐるぐると上まで上がれる大型の遊具があり、
子供達に大人気。


名称未設定 3

2階、3階の部屋には、
そこから派生したトンネルや通路を通って、
行くことが出来ます。


rinimo3.jpg

小さな子は、
親がついて歩かないといけないので、
大人も体力が必要(笑)。




最近の息子は、
親の位置を把握して、
行き過ぎた時は待ったり&戻ってきたり、
時間を決めて待ち合わせることも少しずつ出来る様になり、
見守るのが随分と楽になりました(笑)。


名称未設定 1

とはいえ、
一番のお気に入りは、こちらの部屋。
赤ちゃんから楽しめる『木のおもちゃ』の部屋で、
小さな子達の隙間を縫うようにして、
いつもと似たような遊びに、興じてました(笑)。


名称未設定 2

マグネットボードもあったねー♪
左: カニ(母作)
右: サメ(tom作)
こういう時、大人は固定観念が捨てきれませんね。σ(^_^;)




さて。
今回のお目当ては、
ここ愛知県総合児童センターが主催される
リニモたんけん隊』への参加♡
事前申込みも、あっという間にいっぱいになったみたい。
こういう社会見学って、小学一年生からのものが殆どですが、
今回のは5歳から参加okとのこと。
息子共々、当日を楽しみにしていました。


rinimo9.jpg

車両基地のある本社まで、
実際に、リニモに乗って移動します。


rinimo11.jpg

まずは、
手作りの体験型模型を使っての、説明。


rinimo10.jpg

そして、PR映像を交えつつ、
リニアモーターカーと比較しながら、
スタッフの方が説明してくださいます。


rinomo8.jpg

そしてここからは、
いよいよ待ちに待ったリアル体験(笑)。
線路の接続ポイントの切り替えを、間近で見せてもらった上・・・


rinomo7.jpg

車両基地内では、
通電して車両を浮かしたり、切って接地させたりを、
真横から何度も見学。


rinomo6.jpg

常電導というのだそうです。
浮かせるための浮力と、
進むための推進力との2つを、
それぞれ別の磁力を使って、
同時進行で制御しているということなのですよね。


rinimo5.jpg

ちなみに、
浮いた状態の車両は、
3車両繋げた状態で、
大人が片手で押して運べちゃうんだって!
びっくり!!




最後の、質問タイム。


rinimo4.jpg

スタッフの方が上手に雰囲気作りをしてくださって、
子供達のつぶやきも、質問に置き換えたりしてくれて、
すごく聞きやすい状況の中、
たくさんの質問やおしゃべりが飛び交いました。
息子も一生懸命手を上げて、
3つ程、お尋ねが出来たみたい♡
とても嬉しそうでした。(*^^*)


名称未設定 4

見学後、
何人かのお子さん達と一緒に、
最初の体験型模型のコーナーで、もうひと遊び♪
常電導の難しい用語や仕組みはさておき、
電車を浮かせて走ること、
その利点や面白さなどは、
十分に感じることが出来たみたい。
母も、とっても楽しかったです♡





+ + + + + + + + + + + + + + + 

こういう社会見学や各種イベントは、
小学生以上を対象としたものが、本当に多いですね。

興味を持って詳しく調べていくうちに、
年齢制限に引っかかって諦めざるを得ないことが、
最近、増えてきた我が家。
こればかりは、
小学校に入学する来年度が、
すごーく待ち遠しいです(苦笑)。


にほんブログ村 トラコミュ 子育てで感じること!へ
子育てで感じること!

「でんしゃ」大好き!

**男の子のママ・パパ**

スポンサーサイト

2016/07/12   学びと育ちの環境作り     726TB 0   726Com 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://goopee.blog.fc2.com/tb.php/726-d7455f31